【連載】夏場のべたつくキッチン掃除はアルコール除菌スプレーが便利

夏は気温が高く、掃除するのは避けたい気持ちになりますね。でも、冬の気温の低い時より、気温の高い今の時期の方が、油が緩んで掃除しやすいという利点もあるのです。キッチン周りを簡単に掃除する方法をご紹介します。

  • 71523
  • 559
  • クリップ

キッチンの掃除に便利

夏の掃除は暑さとの戦いですね。
湿気が多いと、余計にやる気が失せます。

でも、この暑さが、汚れを緩めてくれる味方になるんですよ。
やる気を出して、スッキリした環境を作りましょう。

そこでオススメな掃除道具があります。

アルコール除菌スプレーです。

アルコール除菌剤は、菌の繁殖を抑えてくれるだけでなく
油分を溶かす作用もあるのだそう。

キッチンの油汚れをスプレーで落としてみました。

IHクッキングヒーターの排気口汚れを落とす

IHクッキングヒーターは、ガスコンロのような五徳がないので
サッとひと拭きでキレイになります。

ただ、排気口周りの掃除までは、なかなか手が回らず
気づくと汚れがひどくなっていました。


排気口は、意外と普段の調理で汚れが飛んで汚れが付着しがちです。

そこで、キッチンペーパーと竹串を使って
細かな隙間の汚れもしっかり落とします。

アルコールスプレーは、汚れに直接吹き付けずに、
キッチンペーパーに吹き付けます。

スッキリきれいに汚れが落ちていきます。

竹串を細かな部分にしっかり差し込みます。

ビフォー

アフター

こんなにキレイになりました!

掃除用洗剤だと、泡立ったり、水拭き、からぶきが必要ですが
アルコールスプレーなので、二度拭き要らず。

拭き後も残らずキレイになりました。

これからは、コンロを掃除するときに、排気口も一緒に掃除するようにします。

床にとんだ油も撃退!

コンロ周りだけでなく、壁や床にも油分は飛散しています。

特に床はべたつくのでキレイにしたいところです。

ぜひ、汚れ落としとして使っていきましょう。

ビニールカーペットに直接噴射。

フローリングワイパーで拭き取るだけで汚れが落ちていきます。

床も除菌効果でスッキリキレイになりました。

いかがでしたか?

アルコールスプレーは、除菌だけでなく汚れ落としの掃除にも使えます。

コンロなど火を使う場所では燃えることもあるので
直接スプレーするのではなく、必ずキッチンペーパーなどに含ませて拭いてくださいね。

また、しっかりアルコールが飛んだ状態で調理することも大事です。

夏場のべたつく汚れをアルコール除菌で一掃!

口に入れるモノを作る場所です。
キレイな状態を保ちたいですね。

  • 71523
  • 559
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード