IHコンロの掃除方法4選!油汚れや焦げつきの落とし方を徹底解説

凹凸がほとんどないIHコンロは、掃除もラクだというイメージを抱きがちですが、定期的に掃除をしておかないと、汚れが落としにくくなったり、劣化がすすみやすくなったりします。今回はIHコンロの掃除方法を紹介していきます。

  • 30587
  • 101
  • 0
  • いいね
  • クリップ

IHコンロの汚れの原因は?

  • 調味料などの焦げつき
  • 跳ねた油汚れ
  • なべ底の汚れ

IHコンロの主な汚れの原因は、調味料などの焦げつき・跳ねた油汚れ・なべ底の汚れの3つが挙げられます。

調味料の焦げ付きや油汚れは酸性であることが多いため、洗剤を選ぶ際は酸性の汚れを中和してくれるアルカリ性の洗剤がおすすめです。

また、セスキ炭酸ソーダや重曹などもアルカリ性洗剤になるので、1つ持っておくと◎!

一方、長期間放置して炭化してしまった汚れは、クレンザーのような洗剤が効果的です。

IHコンロの掃除方法4選

IHコンロの掃除方法を場所別に4選紹介します。掃除する際は必ず取扱説明書を確認し注意事項を守りながら行いましょう

【トッププレート】基本のIHコンロの掃除方法

まずはじめに、トッププレートの基本の掃除の仕方を紹介します。

汚れは、付着してすぐであればあるほどラクに落とすことができるため、使ったあとは、簡単な掃除で良いので毎日行うのがおすすめです。

またこまめに掃除をすることで、頑固な焦げの予防にもなりますよ

必要なもの

  • スプレータイプの中性洗剤、またはアルカリ性洗剤
  • 柔らかい布巾(キッチンペーパーでも可)

掃除の手順

  1. 1.汚れた部分に中性洗剤、またはアルカリ性洗剤を吹きかける
  2. 2.柔らかい布巾で拭き取ったら完了
LIMIA編集部
スタッフF
スプレータイプの洗剤がない場合
スプレータイプ の洗剤がないときは、布巾に洗剤を含ませて汚れを拭き取ってください。

【トッププレート】頑固な汚れはクレンザーとラップで落とす

次に基本の掃除方法では落ち切らない汚れの掃除の仕方を紹介します。頑固な汚れの場合は、クリームタイプのクレンザーとラップを使って落とすのが効果的です。

必要なもの

  • クリームタイプのクレンザー
  • ラップ
  • 水を含ませた布巾

掃除の手順

  1. 1.汚れが気になる部分にクリームタイプのクレンザーを垂らす
  2. 2.丸めたラップで円を描くようにやさしくこする
  3. 3.水を含ませた布巾でクレンザーが残らないようしっかりと拭き取る
  4. 4.汚れが落ちきらない場合は、1〜3を繰り返す
LIMIA編集部
スタッフF
クレンザーやラップが無い場合
クリームタイプのクレンザーは歯磨き粉や重曹でも代用でき、ラップがない場合はアルミホイルでも大丈夫です。

【排気口】中性洗剤で落とす

提供:LIMIA編集部

次に排気口の掃除方法を紹介します。週に1回ほど行うのがおすすめです。

必要なもの

  • 中性洗剤(アルカリ性洗剤でも可)
  • スポンジ
  • 歯ブラシ
  • サッシ溝掃除用道(割りばしに雑巾や布を巻き付けたものでも代用可)

掃除の手順

  1. 1.排気口パネルと受け皿は取り外す
  2. 2.中性洗剤をつけたスポンジや歯ブラシで取り外したパーツを洗う
  3. 3.受け皿を外した奥の部分は、中性洗剤を染み込ませたサッシ溝掃除用道で汚れを取り除く
  4. 4.パーツを元に戻したら完了
LIMIA編集部
スタッフF
排気口を掃除するときの注意点
排気口内部に直接洗剤を吹きかけると故障の原因になってしまいます。洗剤は必ずサッシ溝掃除用道具や布巾などに吹きかけて、行いましょう。

【魚焼きグリル】中性洗剤で落とす

最後に、もっとも掃除しにくい場所のひとつである魚焼きグリルの掃除方法を紹介します。

魚を焼いたあと、受け皿や焼網は洗う方が多いかもしれませんが、庫内にも魚を焼いたときの脂やコゲなどの汚れが蓄積するため定期的な掃除が必要です。

必要なもの

  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • 布巾

掃除の手順

  1. 1.取り外せるパーツは取り除く
  2. 2.取り外したパーツを中性洗剤とスポンジでよく洗う
  3. 3.グリルの中は、中性洗剤を染み込ませた布巾で汚れを落とす
  4. 4.水拭きをして洗剤を落とす
  5. 5.乾かして、パーツを元に戻したら完了
LIMIA編集部
スタッフF
ひどい焦げ・油汚れの場合
頑固な汚れの場合は、洗う前に薄めた中性洗剤を数時間つけておくと、汚れが柔らかくなってお手入れしやすくなります。

またグリルには、庫内を高温にし油汚れを焼き切る「お手入れモード」が搭載されているモデルもあります。1〜2週間に1回はこの「お手入れモード」を使用するのがいいでしょう

IHコンロを掃除する際の注意点

  • 金たわしや金属ヘラは使用しない
  • 汚れ防止シートは使用しない

IHコンロを掃除する際の注意点を2つ紹介します。

一つ目は、金たわしや金属ヘラは使用しないこと

IHコンロのトッププレートはガラスであることが多く、金属製のたわしやヘラを使うと傷ついてしまう可能性があります。

そのため、道具を使って汚れを落としたい場合は、専用のヘラを使用してください

二つ目は、汚れ防止シートは使用しないこと

汚れ防止シートを使用すると、温度検知が上手く作動しなくなり、発火してしまう危険性があるのでなるべく使用は避けましょう

IHコンロの掃除をプロに依頼してみよう!

徹底的にIHコンロを掃除したいときにはプロにお任せするのもおすすめ!

「ハウスクリーニング110番」は土日祝日の依頼にも対応してくれます。通話料無料で携帯・スマホからでもメールでも問い合わせできるので、気軽に相談してみましょう。

IHコンロ掃除に関するQ&A

Q1. IHコンロの汚れの種類は?

A.主に、以下の3種類です。

・調味料などの焦げつき
・跳ねた油汚れ
・なべ底の汚れ

Q2. IHコンロは毎日掃除した方がいい?

A.できれば毎日掃除しましょう。

汚れは付着してすぐの方がラクに落とすことができるので、トッププレートと魚焼きグリルは使う度、排気口は週に1回ほど掃除するのがおすすめです。

Q3. IHコンロの掃除に激落ちくんなどのメラミンスポンジって使える?

A.使用できません。

IHコンロの掃除にメラミンスポンジを使用している方もいるようですが、トッププレートに細かい傷がついてしまう可能性があるため、おすすめできません。そのため、メラミンスポンジではなく丸めたラップを使用するのが◎!

IHコンロ掃除に関するその他の記事もチェック

※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行なってください。
※画像は全てイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。

  • 30587
  • 101
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア