セリアの材料で作る★ぴったりサイズの仕切り板でスッキリ理想的な引き出し収納♬

引き出しの中を入れるものに合わせて仕切るとスッキリします。
100円グッズのボックスはサイズ展開も多いので色々組み合わせてぴったり仕切れると嬉しいです(*^^*)
でもちょうどいいサイズが見つからない時は入れるモノや引き出しのサイズに合わせて仕切り板を作るのもオススメです。
電動工具なしでセリアの材料3つで作れるのでぜひ作ってみてください。

  • 53029
  • 288
  • 0
  • クリップ

こんにちは Milyです♬
今日は娘のチェストのお話です。

娘の衣類はこちらのチェストに収納して普段は娘が自分で管理しています。
定期的に娘と一緒にサイズアウトした服や明らかに着なくなった服などを見直しをしています。

今回は見直しと同時に仕切りを付けて見た目もスッキリさせる作戦です(*^^*)

セリアのボックスで仕切り収納

まずは下着や靴下類は細かいのでセリアのボックスを並べて仕切りました。
置く向きを工夫したらなんとぴったり‼︎
ぴったり入るとめっちゃ気持ちいいです(*^^*)

トップスとタオルはサイズが大きめ

続いてトップスとタオルのコーナーです。
見直しをしたので服が溢れてるわけじゃないけど乱れて見えます。
こちらもボックスで仕切ろうかと思いましたが、ざっくり三分割くらいにしたいのでセリアの材料を使って仕切り板を作ります。

セリアの材料で作るぴったりサイズの仕切り板の作り方

仕切り1つ作るのに必要な材料はこちら

⚫︎木板45×12×9㎝ (セリア)
⚫︎ブラケット×2  (セリア)
⚫︎ビス9㎜

⚫︎のこぎり
⚫︎ドライバー
⚫︎きり

まずは引き出しの奥行きのサイズに木板をのこぎりで切ります。

続いてブラケット金具を取り付けるのにビスを留めるところにキリで穴をあけます。
ブラケットを取り付ける場所を決める時、端材を当てると面にぴったり合わせやすいです。

ドライバーでビスを留めます。

ブラケットに付属のビスも使えますが、木板の厚みより長くて少しはみ出すので9㎜のビスを使うことをオススメします(*^^*)
⚫︎付属のビスを使うとこれくらいはみ出ます

木板の反対側にもう1つのブラケットを取り付けます。
⚫︎机の角などに置くと取り付けやすいです

これで仕切り板の完成です(*^^*)
ブラケット(L字金具)が支えになって自立します。

引き出しに収納します

引き出しの奥行きにぴったりで移動出来るので好きな所に仕切りをつけれます。

引き出し収納は
⚫︎上から見た時に何が入っているかわかる
⚫︎衣類は同じサイズにたたみ、輪を上にして立てる
⚫︎よく使うモノから順に取りやすい引き出しに入れる
のがポイントです。

そして収納する量は余裕を持って8割にすることも大事です(*^^*)
8割にする理由は詰め詰めだと毎回片付けにくく収納が乱れますし、多少モノが増えることを想定しての8割収納です。

他の引き出しも仕切り収納します。

引き出しと仕切り板の色が統一され、サイズもぴったりなので備え付けの仕切りかのように美しくなりました(*^^*)

まとめ

セリアの材料で作る仕切り板、いかがでしたか?
1つの仕切りを作るのに約324円かかりますがぴったりサイズに出来て、長い年月使うモノなので奮発しました(笑)
可動式で収納する内容が変わっても使えるのでぜひ奮発して作ってみてください(*^^*)

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました(*^^*)
他にも収納記事書いてるのでよかったら見てください。

  • 53029
  • 288
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ