【衣装ケース】使い勝手は深さで決まる!衣装ケースのサイズ選びテクニック

衣装ケースってサイズがいっぱいあって、どれを買ったらいいの?と思いますよね。

衣装ケース選びで見落としがちなのは「深さ」。深さが決まれば、あとは置きたい場所に入るサイズを選べばOK。実はとてもシンプルなんです。

では深さはどのように決めればいいの???

ということで、衣装ケース選びのポイント「深さ」選びについてご紹介します!

  • 10315
  • 192
  • 0
  • クリップ

使い勝手を求めるなら「深さ」は外せない要素

衣装ケースやタンスを選ぶポイントの中で、収納面から考え一番きにかけてほしいのは「深さ」です。奥行きや幅は、設置したい場所に入るかどうかを採寸し確認されるのですが、引き出しそのものの深さは、みなさん無頓着です。

また反対に意識しすぎてたくさん入れたいという思いから、一番深いケースばかりという方も多いです。

立てて収納すると上の空間が空くし、平畳みすると重なりすぎて下の衣類が取りづらくなります。

「深さ」の種類

一般的に衣装ケースの高さは18cm、23cm、30cm(メーカーによって誤差はあります)のタイプがあります。深いとたくさん入るように思いますが、かえって使いづらいです。

収納するものにあった「深さ」

ベルトなどの小物や靴下、下着や女性用のインナー、子供服には18cmで十分に足ります。

ごわつくジーンズやズボン、Tシャツは、23cmが使いやすいです。

30cmはかなり深いので、かさばる冬物を収納しましょう。厚手のセーターや大判のストール、またはブランケットや大振りのシーツに。または、カバンなどを収納するのもおすすめです。

ここで一つ注意したいのがストッキングです。新品の袋に入ったストッキングを立てて収納するには18cmでは入りません。その場合は、23cmにしましょう。

買う時にちょっと考えて!

3、4段が一体になっている衣装ケースは値段的にはお手頃ですが収納容量は減ります。枠が場所を食うようです。単体で買ったほうが容量は確実に稼げます。

また追加買い出来る定番品がオススメ。

いろいろな場所で活躍してくれる衣装ケース。時には生活雑貨や思い出入れになります。使う場所を変えたり追加買いする時対応できるように、定番品をオススメしています。

できれば色も統一を。どこまでこだわるかですが、別の場所で使っていたモノをあわせてみたらバラバラになった、ということはよく見かけます。コチラも統一したほうが長い目で見るといいですよ。

以上です!いかがでしたか?

衣装ケース買いたいなと思ったら、まず持っているお洋服や小物アイテムの種類と量を確認してみましょう。何をどのくらい持っているのか、どんな傾向があるのか、持ち物から読み取ってみると、どんな深さのものが何台必要かわかります。

衣装ケースは、100円グッズのような決して安いお買物ではありません!

いっぱい入るからとりあえず大きいもの買っておけばいいや!と無計画に購入してしまうと、実際に使用する時に使いにくいことがでてきてしまい、結局買い直す二度手間となります。

購入前は是非時間をかけて、自分にあったサイズの衣装ケースを選んでくださいね!

深さ以外にもチェックして置きたいPOINTをまとめた記事はこちら

お片付けに悩んだら、おうちデトックスへ♪

「仕事と子育てで部屋がはちゃめちゃ…」
「片付けたいのに片付けられない…」
「イライラして家族に優しくできない…」

そんなお悩みも、部屋が片付くと解決できるかもしれません。

勇気を出して、お片付けデビュー!
罪悪感とイライラの毎日から、一歩踏み出しませんか?

  • 10315
  • 192
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード