◆ウッドデッキを完全自作!その2◆

今回は1×4材と2×4材で完全自作のウッドデッキ
の完成編となります。

作ってる途中は夢中になってしまい
経過写真が少なくて申し訳ありません・・・

これを作った時はもうかなり暑くて
3つユニットを作って設置まで1日で行ったので
時間と体力の勝負で余裕がなかったんですよね~

完成した時はヘロヘロでしたが
達成感はすごいありますので
これを見てウッドデッキ作りに
チャレンジしてくれる方がいたらうれしいです。

質問やわからないことがあったら
何でも聞いてくださいね♪

  • 55948
  • 583
  • 7
  • クリップ

その1の時の図面にちゃんとした長さが入っていなかったので
ここで補足しておきたいと思います。

縦長の黒4本は2×4材で1800mm、
赤い大引き5本は908mm、
青の束は430mmを両サイドから341mmの材で
サンドイッチ状にして黒の縦長の材を
受ける形になっています。

横幅が908mmと半端なのは
天板になる材が1×4材(89mm)で
それを9枚ある程度の間隔をあけて
貼れる寸法で、かつ下の束石になる
ピンコロからはみ出さないサイズにするためです。

かなり各木材が反ってるのが
わかりますね・・・

購入時にはできるだけ反りのないものを
選んで購入するんですが
どうしても熱い屋外で吸い込みの多いステイン系の
塗料を使うと乾くころにはどの材も捻じれるわ
反るわで少しでも均等に隙間をあけて
貼られていると見えるように貼るのがちょっと大変でした。

天板になる1×4材は
長さは特に切らずデッキの先端部分で
面がそろうようにして
ほとんど死角で外から見ても部屋から見ても
気にならない部屋側に来るようにしてあります。

設置したところの全体図です。
フェンスがなくなった分、
部屋から庭への見晴らしがよくなりました。

夏場にはこうやってタープを取り付けてます。

白いタープをつけることで日差しが和らぐだけでなく
タープ全体が面で白く柔らかい光を室内に届けてくれるので
部屋の照明を点けなくてもよく、
部屋の温度上昇も抑えられエアコンの効きも良くなるので
タープの設置はとってもおススメですよ~

我が家はこれで太陽光の売電量が結構増えました♪

今回はウッドデッキの完成編でした!

最後まで読んでいただいてありがとうございます♪

よろしければこちらもご覧ください。

  • 55948
  • 583
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード