【DIY】これならできる!木枠を作って繋げるだけ!ディスプレイ・収納などに便利な基本のウッドボックス作り☆

今回紹介するアイデアは『基本のウッドボックスの作り方』です。
収納だけでなく小家具として色々な使い方ができるウッドボックスはあると便利!
木枠を2つ作って繋ぎ合わせる方法で作るので、DIY初心者さんでも挑戦しやすいアイテムです。
基本を押さえれば好みの木材で、好きな色で、欲しいサイズで作れます。

  • 23342
  • 181
  • 0
  • クリップ

材料

ホームセンターで買った幅約11㎝の杉野地板を使ってボックスを作ります。

今回は軽くて安価の杉野地板を使用しています。
他に幅4㎝の板を用意しました。
角材などでも大丈夫です。

木材のカットは出来上がりを大きく左右するほど大事なポイント。ホームセンターのカットサービスを利用すると便利です。

ペイント

組み立ての前にペイントします。

組み立ての前にペイントするのは以下の理由からです↓
・組み立てて重くなったものをひっくり返したりしながらペイントするのが面倒
・組み立てた後だと塗りにくい箇所があったりする
・塗り忘れ防止のため
・使わなくなった後分解して再利用する事が多いので全体をペイントしておいた方が利便性が高い

これらを考えて私は先にペイントすることがほとんどです(^^)



今回はニッペのWOODLOVEの水性ウレタンニス(色はオーク)を使ってペイントしました。
ワックスやステイン塗料、水性塗料などお好みの塗料をお使いください。

組み立て

ボックスの組み立ては、色々な方法があるかと思いますが、後からつける④の板の取り付け位置を計算するのが面倒なので、①②の板で木枠を2つ作って最後に④の板で2つの木枠を繋ぎ合わせてボックスにする、という簡単なやり方で作ります。


①②の板を二枚ずつ使い、極細のビスを使って組み立てていきます。

次の工程で底面の板を中に入れるので、ネジは締めすぎないようにしておきます。

2つの木枠ができました。

底面

木枠2つを繋ぎ合わせる前に、一つの木枠の中に③の底面用の板を三枚入れます。

板の間隔を適度にあけ、側面からネジで板を固定します。

この時に木枠を作った時のネジもしっかり固定します。

2つの木枠を幅4㎝の板で繋ぎ合わせます。

板をしっかりと木枠の内側の角に合わせてネジで固定していきます。

完成!

ボックスの完成です!

木枠2つを作って最後に繋ぎ合わせるだけで簡単に作れました。
もっと大きなボックスを作りたい場合はさらに木枠の数を増やし、④の補強用の板の長さを長くすれば色々なサイズで作れます。

ぴったり同じサイズなので2つ積み重ねることも可能です。

蓋がないので何でもポイポイ入れられるので散らかるおもちゃやかさばる物を収納しておくのにとっても便利♪

縦置きすると雑誌が入る高さになっているので本の整理にもピッタリ。

いくつもボックスを作ってブックシェルフのような使い方も出来るのでリビングや寝室、子ども部屋などどこでも使えそうです。

木枠1つだけのサイズも作りました。
クローゼットや押し入れなど、小物をしまっておけるサイズです。

木枠を作って繋ぎ合わせるだけなので、組み立ての設計を考えて板を取り付ける…などの面倒な手間がなく案外簡単に作れます。

収納として使う、インテリアに馴染む小型家具として使う…など家中どこでも使える便利な木のボックスですので是非お試しください♪

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 23342
  • 181
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード