【インテリア】ノートに書くだけ!?失敗しないインテリアづくり|3つのPOINT

前回は”家のことなんでも帳”についてご紹介しました。理想のインテリアのイメージや家具や収納のサイズなど一冊にまとめておくと、いざショップに行くときや、ときめきの雑貨に遭遇した時に、冷静に判断することができますね。 今日はノートにまとめておくとよいPOINTを3つお伝えします!

  • 12395
  • 67
  • 1
  • クリップ

POINT-1|自分の目指すインテリアに近いものをすぐに見れるようにしておく

 
インテリアも収納作りも、残念ながら?終わりはないですよね。
「あーだったら、こーだったら」「なんか、使いづらいなぁ」

・・・そんなことを、日々家の中で過ごしているときに、ふと感じたり思いついたりします。
例えば、
引き出しの仕切り増やしたいなーとか
クローゼットの引き出しの上の隙間にカゴ置きたいなーとか
ここに何か飾れないかな??とか
こんな便利グッズないかな??とか。。。
 
そんな思いつきも、簡単な間取り図を書いて記入しています。
 
内容はこんな感じ。
↓↓

簡単な間取りを書いて、ここにこんな絵があってもいいかな?とか模様替えしたいな~とか思いついたことをどんどん記入したり、
 
 
クローゼット内の寸法を測り、不満点を書き込んでいったり、 

ニッチをどうやって飾ろうか?と考えてスケッチしてみたり。

(ちなみに通信簿の美術は3でした。あしからず…自分がわかればいいのです)

\ここでプチテク/
通販カタログやインテリア雑誌と一緒に見ると、欲しいものが非常に探しやすいです。
ただ単に「かわいいから買う!」のではなく「ここに置いてこうやって使うから欲しい!」ということが明確になります。
スーパーに行く前に冷蔵庫を調べて必要なものをメモしていくと、無駄がいが無くなるのと同じですね。

POINT-2|不都合に感じたことや思いつきもどんどん書いて残す

収納グッズで多いのですが、気に入ったものがあっても
 
サイズが合うかな??失敗するかも??

ま、大丈夫でしょー!
 
という一抹の不安を抱えながら買うか、または、今度にしよーっとなります。
安いものだと、つい買ってしまい、失敗する確率は上がります。
そしてゴミとなります。
何が合わなかったのか、失敗の要因はなんなのかもちょこっと書いておくと、記憶が薄くなった時に思い返すことが出来て、同じ失敗をしなくなりますね。

POINT-3|とにかく家中のサイズを測ったらメモではなくこのノートに記入する

この”家のこと何でも帳”は、普段は持ち歩きませんが、IKEAや家具SHOPに行く時は持っていきます。

\ここでプチテク/
いくつかのページは携帯で撮影しておくと便利です。
なぜかというと、
サイズを書いたメモは、いざという時に持っていなくて役立たないことが多いですが、携帯なら、偶然見つけた素敵なカゴなんかを買う時に、さっとサイズを確認出来て役立ちますよ!
掘り出し物は一期一会ですからね。

以上です!いかがですか?

みなさんも、とにかく家のことは何でも一冊のノートにまとめておくと、インテリア選びや収納グッズ選びにも役立つこと請け合いです。

失敗も減りますよ! 是非やってみてくださいね。
 
★Today’Keyword★――――――
理想のインテリアに一直線!
家のことなんでも帳で、おうちの成長を楽しもう!
―――――――――――――――――

お片付けに悩んだら、おうちデトックスへ♪

「仕事と子育てで部屋がはちゃめちゃ…」
「片付けたいのに片付けられない…」
「イライラして家族に優しくできない…」

そんなお悩みも、部屋が片付くと解決できるかもしれません。

勇気を出して、お片付けデビュー!
罪悪感とイライラの毎日から、一歩踏み出しませんか?

  • 12395
  • 67
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード