ミニカウンターテーブルからローテーブルに端材をプラスワンして再度DIY♬

こんにちは。

今回も観覧ありがとうございます!

以前記事でも公開させて頂いた、ミニカウンターテーブル。

同じような高さのカウンターテーブルが2つあると狭い部屋なので少し浮いてしまいます。

なら、部屋にはないものに作り変える!
なら、ローテーブルだ!見事にアイデアが閃きました!

その模様を記事にまとめましたので、ご紹介します。

  • 24976
  • 120
  • 2
  • クリップ

前回の記事では…

カウンターテーブルができるまで、小さいながらも欲しい欲望に負け作り上げた作品です。

不要になったからと言って捨てるのはもったいないので、ローテーブルへリメイクする道を選びました。

材料

○材料
・ベニヤ板 300×440 厚さ9mm
・木工用ボンド
・水性塗料 マットブラック
・造作用ビス
・家に余っていたキャスター
・トラスタッピングビス

○道具
・電動ドライバー

作り方

まず、足をノコギリでカットします。

ローテーブルに最適な高さを選び、上から2段目の部分をカットしました。

2段目の板も含みカットしたのは、若干ローテーブルなら下段になる位置なのでデザインチックにしたくて残しました。

ローテーブルなら下段になる板の部分に木工用ボンドを塗り、ホームセンターでカットしサンダーで表面を整えた板を貼ります。

カットしたベニヤ板は左右から飛び出すように大きめにカットしています。

そのため飛び出してしまう木材の長さが、左右対称になるように造作用ビスで固定します。

そして、設置した板を水性塗料のマットブラックで塗装し乾燥させます。

乾燥出来たら、キャスターをトラスタッピングビスで固定します。

完成

これで完成です。

ソファーに座りながらコーヒーなどを飲むのにぴったりな大きさのローテーブルに変身出来ました。

ローテーブルとして使わない時は、今まで作った作品を並べたりしてディスプレイのシェルフとしても使えます。

そして、はみ出すようにベニヤ板をカットした理由は…

天板の厚みは18mmのパイン材を使っていますが、この場合このローテーブルの下段にあたる板が薄ければデザイン的にもバランスが取れないと感じました。

ミニカウンターテーブルの時の2段目の板を残しベニヤ板をプラスし、はみ出す事により大きく見せる。
そして、厚みを増すことで安定感、重厚感を兼ね備えるようにリメイクしました。

最後までありがとうございます!

いかがでしたか?
今後のDIYライフの参考にしてくれると幸いです。

最後まで、ご観覧ありがとうございました。

Instagram▶︎@maaco.uw
Roomclip ID▶︎MAACO
Blog▶︎THE UNIVERSTWORKS

by UNIVERSTWORKS/MAACO

  • 24976
  • 120
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード