材料費200円。安くて簡単、木製ティッシュケースの作り方。

ノコギリとドライバーがあれば作れる簡単ティッシュケースです(^^)
安くて簡単だけどインパクトのあるインテリア雑貨です。
慣れれば1時間で2~3個作れますよ(*^^*)
(ネジは材料費に含んでいません。)

  • 13826
  • 102
  • 4
  • クリップ

部屋をきれいに見せる方法として、生活感を隠すというものがあります(^^)/


全部隠すとなると生活がしにくくなるので、少しだけ隠しましょう(^^;)


そして生活感の代表とも言えそうなものがボックスティッシュですよね。


あると便利でほとんどの家で使われているはずです。


というわけで、せめてティッシュをケースに入れてしまいましょう。


ケースの材料は、ホームセンターで買った杉の荒材です。

10本がまとまって1000円弱で売っていました。


1つのティッシュケースを作るのに2本くらい使うので、材料費200円というわけです。


さっそく作っていきましょう(^^)/


普段使っている箱ティッシュに合わせて木材をカットしましょう。


箱状につなぎます。

ここで注意することはティッシュの箱の大きさがティッシュ枚数によって変わっています。


枚数増量中のお得なティッシュを買ったらサイズが合わないなんてことにも・・・(^^;)


毎回増量中のティッシュを買えば問題解決ですね(*^^*)


作った枠に底を付けましょう。

これで木箱が完成したはずです。


あとでフタができるように底の高さは調節しましょう。


木をつなぐのに木工ボンドを使ってもいいのですが、ティッシュ箱の大きさを変えた時ネジクギなら高さを変えることができますよ(^^)/

それではメインのティッシュケースのフタを作ります。


削ったりえぐったりすることなくティッシュの取り出し口を作りましょう。


画像のような大きさで木材を切ります。

あとは横からネジで留めるだけです。


木工ボンドで付けても大丈夫です。


短い木の長さはティッシュの取り出し口の大きさに合わせましょう。

大がかりな道具がなくてもノコギリがあればフタも作れますね(*^^*)


フタは乗せるだけの簡易設置です。


木製なので重みがあり、ティッシュを取るときもずれたりしませんよ。

簡単に作れるので各部屋のティッシュのために作ってもいいかもしれませんね。


ちなみに使ってみた感想ですが、重たいので落とさないように注意しましょう(^^;)


しかし見た目や質感などはインパクトがありますよ(*^^*)

そのまま使ってもいいし、好みな色を塗ってもよさそうですね(*^^*)

  • 13826
  • 102
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード