収納用品が使いにくさの原因に?我が家の洗面台下収納の変化

片付けたい、そう思った時に収納用品探しや購入から
初めてしまう事はありませんか?

収納グッズが大好きだった私も
かつては収納ばかりに興味があり色々と試行錯誤してきたのですが、
現在はその収納グッズがほとんど無くなってしまった
洗面台下の収納スペースでの我が家の変化をご紹介します。

  • 47259
  • 255
  • 0
  • いいね
  • クリップ

伸縮ラックと100均のカゴでの収納事例

「収納グッズを使えばキレイに片付く。沢山収納出来る。」
そう信じて疑わなかった昔は、
当然のように配管を避けられる洗面台下用の伸縮棚と
カゴを使って空間を最大限に有効利用!

これも、とてもオーソドックスな収納方法ですので
中身が細かいものや、そこそこ量も多い、
ということであればオススメです。

まだ子ども達も小さく、ストックも通常サイズでしたので
便利に問題なく使えていました。

無印のファイルボックスで立てる収納事例

まだ子ども達も小さく、ストックも通常サイズでしたので
便利に問題なく使えていましたが、

子ども達の成長に伴ってシャンプー等の消費量も増え…
2回分などの大容量パックを購入するようになって
今までの収納方法では、
真ん中のカゴ部分の出し入れが非常にしにくい状態に。

これでは家族も面倒なので
収納方法を数年ぶりに変更することにしました。

棚を撤去して無印のファイルボックスで簡易収納。
これなら上部の空間が空いて出し入れがしやすい。

クルクルドライヤーやヘアアイロンも収納しやすくなりました。
高さのあるモノが多い場合はこちらの方法もオススメです。

収納用品を使わない収納事例

縦型のファイルボックスは手前が低いので
使い勝手が良いですし、見せたくないものは背面にすれば
スッキリ見せる事もできて満足していたのですが

残念ながら数ヶ月使ってみると
商品が大きいのでファイルボックスへの出し入れがやりにくい…。

という事で、ついにドライヤー以外のファイルボックスは撤去して
そのまま直置きすることになりました。笑

何のテクニックも必要ない、非常にシンプルな方法ですが
収納についての考え方をお伝えしたくて掲載します。

仕切る事でストックの有無も見えにくかったのですが
仕切りを無くして見やすくなりましたので在庫管理もスムーズ。
今では、この状態で落ち着いています。

まとめ

収納用品はとても便利だし無いと困る場合もありますが
収納するモノの形状、使用頻度を合わせると
使い勝手を逆に悪くしてしまう事もあります。

同じスペースであっても我が家のように
モノの形状が変わると使い勝手も変わります。
少しでも不便を感じたら、見直してみてくださいね。

  • 47259
  • 255
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築インテリア学科卒業。建築パース専門会社に2年間従事し、DTPデザイナーとして活動。DTPでもパース作成など建築にも携わるうち、「住まい・家族・暮らし」に関わ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード