100均グッズでウォールシェルフを簡単DIYで作成して、CDをおしゃれに飾る

セリアの100均グッズを組合せて、ウォールシェルフを簡単DIYで作成しました。ウォールシェルフにCDとDVDを置いて、おしゃれにディスプレイしました。

  • 50124
  • 185
  • 0
  • いいね
  • クリップ

簡単DIYで作成したウォールシェルフ

リビングにアクセントを付けるため、壁面にCDとDVDのジャケットをディスプレイしました。

色鮮やかなジャケットをディスプレイすると、リビングがちょっとオシャレに。

CDとDVDを置いているウォールシェルフは、100均グッズを利用して簡単なDIYで作成したものです。

無印良品の「壁に付けられる家具・長押」をイメージして、100均グッズを組合せました。

それでは、ウォールシェルフの作成方法です。

ウォールシェルフの材料

「100円ショップのSeria(セリア)」で、ウォールシェルフの材料を買ってきました。

購入したのは、次の3点です。

・木板 焼き目付 45cm×9cm
・木製角材 2P (寸法 約45cm×2.5cm×1.5cm)
・ミニステー 19×24mm 4P 古色仕上げ

これらを組合せて、ウォールシェルフを作成することにします。

長さが同じ木材を選んだので、ノコギリなどで木材を切る必要がありません。

さらに、木材に塗装をしなくてもいいように、焼き目付きの木板を選びました。

ウォールシェルフの組合せて

まずは、木板と角材を木工用ボンドで貼り付けます。

下になる部分は揃えて、上になる部分はCDなどが置けるように1.5cmずらしました。

完成後、CDとDVDを置くと、1.5cmではギリギリだったので、2cmぐらいにした方がよかったかもしれません。

木工用ボンドが乾いたら、さらに木板と角材をネジで固定することにしました。

家にあったセリアの「インテリア アンティーク木ネジ」を使います。

木材が割れないように、キリで下穴を開けてから、ネジ止めしました。

これで、ウォールシェルフ本体が、ほぼ完成です。

ネジも木材を固定するだけでなく、おしゃれな金具なのでデザインもよくなりました。

最後に、ウォールシェルフ本体を壁に固定するために、下部にミニステーを取り付けます。

これも、キリで下穴を開けてから付属のネジで止めました。

これで、ウォールシェルフ本体が完成しました。

ミニステーも古色仕上げなので、ちょっとおしゃれです。

ウォールシェルフを壁に取り付け

最後に、ウォールシェルフを壁に取り付けます。

ミニステーを壁にネジ止めするだけです。

iPhoneのコンパスを水平器に切り替えて、ウォールシェルフが水平になるようにしました。



これで、完成のはずでした。

一見、問題なさそうですが、ウォールシェルフ上部と壁の間に隙間が・・・。

なので、ディスプレイするCDとDVDを置くと、CDとDVDが固定されずに前側に倒れてしまいます!

問題は、ウォールシェルフと壁の隙間です。

この隙間をなくすため、木板と角材を固定していた上部のネジを外して、長めのクギでウォールシェルフを壁に固定することにしました。

これで、何とか隙間がなくなり、しっかりとウォールシェルフが壁に固定されました。

まとめ

壁にしっかりと固定したウォールシェルフに、CDとDVDをディスプレイしました。

ウォールシェルフと壁の間に挟まれているので、CDとDVDが倒れる心配はありません。

挟んでいるだけなので、取り出し、取り戻しも簡単です。



ちょっと失敗もしましたが、100均グッズを組合せて、簡単DIYでウォールシェルフを作ることができました。

作業時間も、木工用ボンドを乾かす時間ぐらいで、すぐにできました。

このウォールシェルフには、CDやDVDだけでなく、ちょっとしたものを飾ることがでるので、便利ですよ。

このウォールシェルフをもう一個ぐらい作成して、リビングに飾ろうと思います。

  • 50124
  • 185
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

断捨離で物を減らし、100均グッズや無印良品の収納グッズで片付けをして素敵な生活を目指しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード