扇風機(換気扇も)を片付けるためオキシクリーンで分解洗浄!

もうすっかり冬ですが、扇風機を片付けていない方はいませんか?

オキシクリーン漬けで一気に綺麗にして年を越しましょう♪

  • 61648
  • 356
  • 2
  • いいね
  • クリップ

ブログにはより詳細をUPしております(^^)

ぜひこちらもご覧になってください♪


さすがに扇風機を早くしまってスッキリしよう!

ということで今回使ったのは話題のスーパー洗剤♪

オキシクリーン!!!

コストコやホームセンターで販売されていますが、私は楽天市場で右のアメリカ版を購入しました(^^)

■【アメリカ版】オキシクリーン 4.98kg



■【アメリカ版】オキシクリーン 2.27kg



■【日本版】オキシクリーン 1500g


どちらを買うかはお好みですね♪

普段から洗濯に少し加えてみたりと重宝しております(^^)/


オキシクリーン をご存知ない方のためにも順番にご紹介・・・



オキシクリーンとは

オキシクリーンは水に溶けると酸素の泡を大量に発泡し、この泡が頑固なシミや汚れを引き離すのを助け、水に溶かし込みます。

私は洗濯、キッチン、洗面台、お風呂、泥汚れなど様々なシーンで使用中♪

つまり多目的に使える万能洗剤なのです!



知っておくと効果的なポイントとしては、

●お湯で粉を完全に溶かして使用
●衣類は30〜40℃
●その他は40〜60℃
●20分以上の浸け置き
●6時間後には溶剤の有効性は無くなる

以上はおさえておくと良いですね!



扇風機のBefore!

ということで扇風機を分解洗浄することとしました!

洗浄する部分は羽とカバー。

その他の部分はホコリを取った後、超電水クリーンシュ!シュ!で拭き掃除をしました。


私はいつも詰め替え用を購入して、好きな容器に詰め替えています。

一度にたくさん購入した方がお得ですが、1本1000mlでとても大きいので場所をとります。

なので、詰替え用は2本セットくらいからの購入をおすすめします!



それでは羽とカバー部分の汚れ具合を確認しましょう。

汚い!!!


特にカバー部分のホコリはホコリ取りでも取り切れない。

拭き掃除でもやはり取り切れない。

やはり流すしかないのです!



流すのであれば、しっかり汚れを落としたい。

そこでオキシクリーンの登場です♪



洗浄方法、用量は?

つけ置きをするので洗面台を利用します。

このように流しに入れてしまいましょう!

スプーンの量はこちら↓

【アメリカ版(4.98kg)】
 ■スプーン1杯=約113g

【日本版(1.5kg)】
 ■スプーン1杯=約28g

アメリカ版と日本版ではスプーン1杯の量が違うので注意が必要です。




洗浄時の用量は以下です↓

【アメリカ版】
 ■水5ℓ(40~60℃)=約スプーン1杯

【日本版】
 ■水5ℓ(40~60℃)=約スプーン4杯


参考にされて下さい。


一度に全体をお湯につけることは難しいので、定期的にクルクル回し、最終的には全体がオキシクリーンに浸かるようにします。



どうせなら他の物も一緒に洗浄!

スペースが余っているので、他の物も一緒に洗浄しましょう。

今回は換気扇カバーです。



汚いので覚悟してください…

うげっ!


あちゃー。

まさかこんなになっているとは…



目線の位置にないため気付きませんでした。

これらも入れてしまいます!

換気扇を入れても、扇風機の羽までしっかり浸かりました!



しばらくすると汚れが浮いてお湯の色が変わってきます。

分かりますか?



アップでみると…

わぁ!汚い!



After はいかに!

今回は扇風機カバーを定期的にクルクル回していたので、3時間程浸けおきしました。

オキシ液を流して、更によく流水で流します。



結果はこちら!

ピカピカー!!!



特にブラシで磨いたりもしていません。

あんなに汚かったトイレの換気扇カバーも!

そして簡単に拭いた後に、自然乾燥させました。



扇風機カバー、羽も同様に拭いて自然乾燥です。

こちらもキレイになりましたー!



アップで見ても、

文句なしに綺麗です。


頑張って動いてくれた分、お礼の気持ちを込めてキレイにして、カバーをかけて片付けます。

また来年お世話になります!



ということでオキシクリーンは家の至る所のお掃除に使える万能洗剤!

1家に1オキシクリーン!は必須ですね♪

  • 61648
  • 356
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード