日焼け止めの選び方!美容皮膚科医がすすめる選び方をご紹介

日差しが強くなってきた5月!
1年で日差しが一番強いと言われている5月こそ、正しい日焼け止めを選んでお出掛けしましょう♪

  • 7796
  • 31
  • 0
  • いいね
  • クリップ

使い分けが大切

意外とできていない使い分け。

これが基本となり、とても大事なこととなります。

使い分けは↓

■顔 普段用
■顔 レジャー用
■からだ

ちょっと面倒くさいですが、以上の3種類を使い分けましょう。


顔 普段用

顔の普段用の日焼け止めは↓

■SPF15~30

毎日使うものなので低刺激のものを選びましょう。


顔 レジャー用

顔のレジャー用の日焼け止めは↓

■SPF50

アウトドア活動などのときはSPF15~30では足りませんので、SPF50を準備。

SPFが高いということはより強力ということなので、どうしても肌への刺激が強くなります。

よって顔は普段用とレジャー用との使い分けが重要になってくるということです。


からだ用

からだ用の日焼け止めは↓

■SPF30~50

できればSPF50を使っていただくのが良いですが、一番は塗り心地を重視していただいて構いません。

ベタつくものや白くなるものなどは苦手な人も多いはず。

塗り心地や仕上がりが苦手なものだと、どうしても塗らなくなってしまうからです。


使用する量

顔に使用する量は真珠大玉2個分くらい。

からだに使用する量は、片腕だと500円玉2個分くらいと覚えましょう。


男性は?

男性でも肌の弱い方などは別ですが、基本的に塗り心地の良いSPF50を準備していただき、レジャー時などには必ず塗るようにしてください。


意外と使い分けができていない日焼け止め。

適切な場所に適切な日焼け止めを塗って、今年も日焼けから肌を守りましょう♪

  • 7796
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

普段は熊本グルメについてブログを書いていますが、LIMIAではDIYや生活に関わることを載せていきたいと思っています♪まだまだアパート暮らしなので、夢のマイホー…

おすすめのアイデア

話題のキーワード