【DIY】オープンクローゼットをDIYで作ろう

備え付け収納がほとんどないわが家。家族ぶん、オープンクローゼットをDIYで作りました♬ その中で子ども用クローゼットの作り方をまとめました。

  • 268566
  • 2328
  • 18
  • いいね
  • クリップ

以前、子ども部屋の洋服収納のポイントについて書いたところ
クローゼットの作り方の質問をいくつかいただいたので
今回は作り方をまとめました!

収納のポイントについてはこちら↓↓↓

まずはBefore→After

元々は何もなかった壁に・・・

壁紙を貼って、棚板をつけて、上から流木をつるして、有孔ボードをつけて
男の子がよろこぶショップ風オープンクローゼットへ変身★

材料

■棚板  ・・・合板2枚 幅180cm 奥行40㎝ 厚さ7㎜
■棚受け ・・・6本(ダイソー)
■流木  ・・・好きな形を1本 丸棒でもOK  
■パッドアイ・・2つ ※流木を吊るすための金具
■有孔ボード・・幅90㎝ 長さ150cm
■石膏ボード用Pボード止具セット・・4個入りを1つ ※有孔ボードをとめる金具
■有孔ボード用フック

作り方① まずは下地探し!

棚板や有孔ボードをがっちり取り付けるために
まずは壁の中にある柱を探します。

下地探し(どこ太)を使って壁に針を刺し、刺さり方で壁のあるなしが分かります。
針がすっぽり刺さった場所は柱なし(写真左)
途中で止まった場所には柱あり(写真右) です。

柱を探すとき、やみくもにどこ太を差すと穴だらけになってしまうので
ここでちょっとポイント★★★

間柱は等間隔に入っているはずなので
壁の端から次の柱を探し(大体45㎝間隔のことが多いそうです)
その距離と同じ間隔のところにあたりをつけてからどこ太をさして、
柱の有無を調べると最小限の穴で済みます♪

作り方② 棚をつける

柱を見つけたら、どんどん作業は進みます!

まずは棚の付け方。
二人でやれば簡単にできるのですが、このとき私一人でやっていたので
女性一人でもできた方法を説明します。

①棚をつけたい高さに合わせて、床と水平にマステを貼る。
(水平は水平器を使ってしっかりチェック!)

②柱に棚受けを付ける。そのとき、高さはマステにあわせる

③棚受けに板を乗せて、下から棚受けと板をビス止めする。

幅180㎝の板を3つの棚受けで支えています。
これを2段取りつけて棚部分は完成です♪

作り方③ ハンガーバーを吊るす

次にハンガーバーの吊るし方です。
ハンガーバーは天井から吊っています。

①どこ太を使って天井の中の柱(野縁)を探す

②野縁にパッドアイを付ける
(パッドアイ、もしくはアイストラップでもOK!
うちではどちらも使っていて、今回写真に撮った部屋はアイストラップでした。
どちらもホームセンターに売っていました)

③パッドアイに紐を通し、流木に結ぶ

完成♪

これで最初の写真の左半分、私服&サッカー服コーナーの完成です♪

作り方④ 有孔ボードを取り付ける

学校の制服エリアはきっちり分けたかったので有孔ボードをつけました。
子どもが使うので、落ちたり外れたりしないように
これまた柱にがっちりと止めます!

最初に調べた柱の位置に、石膏ボード用Pボード止具を使って止めました。
付け方は金具の中の説明書を見たら簡単にできましたよ♪

有孔ボード用のフックがいろいろ売っているので
ひっかけたいものに合わせて取り付けます。

制服は、長めのフックにハンガーをかけています。
こうすることでハンガーが浮いて制服をかけるときに
ハンガーを外さなくてもかけれるんです♪

制服のポロシャツ・靴下などをいれているかごは
U型フックに、カラ―ボックス用のワイヤーバスケットをひっかけています

こんな感じで、学校関係コーナーも完成♪

今まで紹介したのは長男の部屋で
次男の部屋も同じやり方で作っています。

壁紙貼り含めて3日間で完成しました!

棚やボードの設置は、柱さえ見つけてしまえばあとはちょちょいとできたので
原状復帰しなくてもいい!という方の参考になればうれしいです( ´艸`)


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 268566
  • 2328
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

築30年の家をリノベして、内装はDIYで仕上げながら住んでいます。ナチュラルでシンプルで海外っぽいインテリアが好きです♡夫婦と小学生兄弟の4人家族です。みんなが…

nico8さんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード