かさばる学用品もラクラク収納!理想の収納ラックをDIY

ランドセルや学用品などはどうしてもかさばるものが多く、収納場所にも困るもの。
そんな学用品をスッキリ収納でき、家の限られたスペースにもぴったりハマる理想のオープンラックをDIYしました。

  • 56888
  • 125
  • 0
  • いいね
  • クリップ

DIY前のBeforeの状態

まず、今回ラックを置きたいと思っていた場所のBeforeのご紹介です。

子供部屋に入ってすぐのオープンラックの下にある、ストライプの生地をカバーにしたこちらのラック。これは以前はオムツのストックやゴミバケツなどを隠して収納するのに使っていました。

実はこのラック、カバーを外すとこんな風になっています。

使っているのはパパが独身時代から使っていた押入れ用のラック!なんとかれこれ12〜3年くらい?つかっているので裏側などはがっつり黄ばんでいました・・・。

もう子供もオムツも外れてオムツ収納も不要になり、隠す収納にする必要もなくなったので、ここをもっと学用品が収納しやすいスペースに改造することにしました!

理想のサイズのラックをDIY!

収納ラックづくりにあたり、用意した材料はこちら。

・パイン集成材(75×35cm、35×35cmを各2枚、厚さ24mm)
・有孔ボード(1枚)
・接続用のL字金具(12枚)

その他、家にあったサイズのちょうど良いビスを使っています。

ビス留めする穴の位置を鉛筆などでマークしてずれないように調整しつつ、L字金具で木材を接続していきます。

今回使った金具は1つにつき4本のビスを使う必要があったため、箱の外枠を作るために計48本のビス留めをしたのでなかなか大変でした。

そして4つの木材を接続したら、外枠が完成!

これだけでは強度的に少々不安があったため、今回は裏側に有孔ボードを取り付けることにしました。

有孔ボードの穴の部分にビスを通し、四隅とそれぞれの辺を何箇所かビス留めして終了!

有孔ボードのビス留めは比較的すぐに完成できました。

理想の学用品収納スペースが完成!

早速完成したラックを設置してみるとこんな感じになりました!

やっぱりわざわざDIYしただけあって、サイズ感もぴったり!
DIYは大変ですが、自分の部屋に合ったものを置けるのは嬉しいですね。

そして早速手持ちの長男の学用品をセットしてみました!

かなり収納力もあるので、1年後に小学校に入学予定の次男の分と、2人分置いても十分大丈夫そうでした。
子供たちも「ママ、すごい!」と喜んでくれていたので嬉しいです。

以上、子供部屋に新たに作った学用品収納ラックのご紹介でした!

収納家具は、既成品でいいものがあればそれが一番ラクで安心ですが、どうしても見つからないときは思い切って作ってしまう!というのも一つの方法です。

ぜひ、子供部屋収納をお考えの方は、いろんな選択肢を探しつつ理想のお部屋づくりを目指してくださいね!

  • 56888
  • 125
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIFE WITH主宰。2人の男児の育児・家事・仕事の両立に奮闘中の整理収納アドバイザー。「元・汚部屋ワーママ」「超ワンオペ育児」だった経験を基に、忙しいママを…

おすすめ

話題のキーワード