【キッチン収納】深過ぎる引き出しにつっぱり棒で収納力アップ!

よくある食器棚の深過ぎる引き出し。背の高いボトルを入れてもまだまだ高さが余ってしまいます。そんな時は、つっぱり棒で内引き出しを簡単に作りましょう♡

  • 356326
  • 5633
  • 27
  • いいね
  • クリップ

こんな引き出しありませんか?

我が家の食器棚の炊飯器の下にある深さがある引き出し。
ゴミ箱を入れてもいいのでしょうが、食器棚の中にゴミ箱を入れてしまうのに抵抗があって(家族が反対することもあり)ゴミ箱は別にしています。

背の高い水筒やボトルを収納していますが、まだまだ上にスペースが余ってしまいます。

ちなみに、左側の空いているスペースは、たまにストックされるペットボトルやボトルの調味料の一時置き場所です。

なんだか上の余ったスペースがもったいない気がするので、つっぱり棒を使って簡単にもう一段引き出しを作ってみました。

作り方はとっても簡単!

用意するものは、

● つっぱり棒(2〜3本)  引き出しの内寸に合う長さ
● 引き出しの内寸より少し小さめの軽いかごやトレー
(横幅、奥行き、高さも考えて選んでくださいね)


これらは全て100均で購入しましたので、製作費は324円です。

つっぱり棒を空いているスペースのところに取り付けます。私は2本でしていますが、3本にするとより強度がアップしますよ!

ポイントは水平に、2本の位置がずれないようにきっちりとつけましょう。
手前の棒が下になると、引き出しが滑って出てしまうので、ほんの少しだけ手前のつっぱり棒が上がいいです。

ここに、用意したかごやトレーを乗せれば完成です。

安定感もあり、引き出しもスムーズに行えます。

手を離しても大丈夫です!

内引き出しに入れる物は

作った内引き出しに入れる物は、なんといっても100均のつっぱり棒で支えているだけなので、軽いものにしてくださいね。

引き出しを開けた上での、引き出しなので、アクション数も多くなるため、毎日何度も使うものではなく、たまに使用するものや、ストック品などがいいかと思います。

ちなみに、私はストックのラップ類のジップロックなどを入れています。

ゴム手袋の替えなども入れていますよ!

毎日使うものは取りやすい別の場所にあります。

その他の使い方は、、、

キッチン側にも深さがある引き出しがあります。

つっぱり棒1本でこんな使い方もできますよ!

つっぱり棒を1本つけて、、、

ロールタイプのキッチンペーパーをつけてみました。

私は今はキッチンペーパーは無印のマグネット式の物で見えるところにつけていますが、隠したい人にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

深すぎて、なんだかスペースがもったいないな、と感じていた方はぜひ試してみていただけたらな、と思います。

私はこの引き出しで3年間ほど使っていますが特に落下する事もなく使っています。

たった300円でカンタンに引き出しができますし、傷もつかず現状復帰もできるので、気軽に試してみてくださいね!


最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!!

インスタ始めたばかりですが、フォローしていただけるとうれしいです♡

  • 356326
  • 5633
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

▪️整理収納アドバイザー1級▪️住宅収納スペシャリスト▪️色彩検定2級狭いマンションでも、子どもがいてもスッキリ整ったホテルライクな暮らしを目指しています。3L…

おすすめのアイデア

話題のキーワード