セスキで簡単に換気扇掃除!今年はつけ置きでこすらず落とそう

年末の大掃除で大変な思いをする換気扇掃除。実はつけ置きすることで、力を入れずに簡単に油汚れを落とせることを知っていますか。
ポイントはセスキの温度。温かいセスキにつけることで、固まっていた油が溶けだして、スルッと落とすことができるようになります。

寒くなると油が落ちにくくなるので、なるべく暖かい時期に試してみてください。

  • 65816
  • 406
  • いいね
  • クリップ

準備する物

・換気扇の入る大きさの段ボール
・厚めのビニール袋2枚
・セスキ
・マイナスドライバー(換気扇を外すのに必要な場合)
・脚立
・古布
・ざる
・スプレー
・カッターナイフ
・ガムテープ
・軽量スプーン
・ティッシュペーパー
・炊事用手袋

つけ置き段ボールの作り方

段ボールの角に、カッターナイフで小さめの穴を開けます。

段ボールの内側にゴミ袋を2枚設置します。先ほど開けた穴からビニールの先が出るようにします。
ビニールはガムテープで固定して外れないようにします。

掃除方法

段ボール内に60度のお湯を計量しながら入れます。そこにセスキを溶かします。お湯は50度ほどに下がってきますが、やけどには注意してください。お湯3ℓに対して大さじ1のセスキを溶かします。

換気扇の電源を抜いて、換気扇を外します。セスキ液に換気扇を入れてつけおきします。細かいパーツは排水口用のネットなどに入れてつけ置きすると紛失しません。

一度に浸からない場合は、途中でひっくり返します。

今回は1時間つけ置きしましたが、汚れがひどい場合は2~3時間つけおきします。塗装が剥がれる場合があるので、つけ置きして放置するのはやめましょう。

ビニールの先を少しカットして、排水していきます。油も流れてくるので、ざるに古布をかぶせて、キャッチすると排水口が汚れにくいです。

排水している間に、換気扇の掃除をしていきます。セスキから出してそのままスポンジでこするとスルッと汚れが落ちます。

レンジフードの掃除

つけ置きしている間の時間を活用して、レンジフードの掃除もしちゃいましょう。スプレーにぬるま湯とセスキを溶かします。
それをレンジフードに向けてスプレーして水拭きします。

汚れがひどい場合は、ティッシュペーパーにセスキ水をスプレーしながら張り付けて、ラップで覆うと汚れに密着して取れやすくなります。1時間ほどおいて、最後に水ぶきすると白くなりにくいです。

故障の原因になるので、換気扇の本体(コンセント付近にあるカバー)にはスプレーしないようにしましょう。

終わりに

温かいセスキ水につけ置きすることで、頑固な油汚れが簡単に落ちるようになります。ゴシゴシこする必要がないので大掃除のストレスがずいぶん軽減されます。

また段ボールにつけおきすることでシンクが使えて、家事が滞ることがありません。年末では寒いので、なるべく早い時期にお掃除することをお勧めします。

セスキはステンレス素材には使えますが、アルミ・銅・鉄など使用できない金属もあるので、セスキの使用上の注意を読んでお掃除してください。頑固な油汚れの場合は一度では落ちない場合があります。何度か繰り返しているうちに汚れが取れやすくなってきます。

  • 65816
  • 406
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

愛知県出身。茨城県在住。9歳と11歳の子どもを持つそうじ大好き主婦です。時短家事を目指し家族に優しいそうじと洗濯などを研究しています。元小学校家庭科教諭。新しい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード