狭いスペースも有効活用◎彩木ウッドデッキのすすめ

お家のベランダやバルコニーなどの貴重な半外空間、上手く活用出来ていますか?デッドスペースになってる…という方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は狭いスペースでも有効活用できる空間作りの一つとしてデッキをご紹介いたします。

  • 829
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

狭くても諦めないプラスする発想

住宅街などでは狭い庭しか計画できないことも多いでしょう。またそのような立地条件では、エクステリアにあたるベランダやバルコニーなども、狭く小さいケースも多々あると思います。
「大した面積でもないから何もしない…」と諦めてコンクリートの防水シート仕上げのままでは、例え美しい新築でも、住まうにつれて利用頻度が下がってしまい、いつしか「めったに出ることがない場所」になってしまう可能性もあると思います。そうなるとせっかくの限られた「半外空間」がデッドスペースになってしまいます。
そのような結果は、暮らしの彩りという点から見ても大変もったいないことではないでしょうか。

狭いベランダを暮らしの中に取り込んで生かすには工夫が必要です。
その一つが「何かをプラスする」という発想だと思います。手を加えたものには愛着が湧くのは人の情というものでしょう。
プラスするモノとして候補に挙がるのがウッドデッキです。

掃除もラクラクの彩木シリーズ

ウッドデッキを敷くと、まず見た目がとても美しく華やかになるでしょう。サッシの外枠との段差も小さくなり移動もスムーズになります。
また、外履きなどを用いずとも素足のままで移動することも可能なので、住まい手の屋内とベランダやバルコニーに感じる心理的な距離をグッと近づけてくれる効果も期待できます。屋内からベランダやバルコニーを見た時に、フローリングの床が続いているようにも感じて、屋内が広くなった気持ちにもなると思います。

しかし、狭いベランダやバルコニーでは汚れの心配、そして掃除の面倒さが気になるかもしれません。
気軽に簡単に美しさを維持したいと考える方には、彩木ウッドデッキや彩木スナップデッキなどの採用をお勧めします。

狭いスペースの有効活用で暮らしを豊かに

彩木ウッドデッキや彩木スナップデッキは、天然木の表情をしながら耐候性・耐水性に優れた人工木材で、汚れも簡単に落ちる特殊加工を表面に施しています。そのため、長くいつまでも美しい状態を維持できるのです。
狭いベランダやバルコニーでは掃除も一苦労だと思います。しかし、掃除の回数と労力を天然木に比べればずっと減らすことができます。また、割れやささくれ、歪などの心配もないのでいつまでも安心して素足で出られることも大きなポイントです。

狭いスペースを狭いながらも有効に活用し、住まいの隅々までを暮らしのシーンに取り込むことは、お家での豊かな暮らしの実現につながるでしょう。

新築を検討中の方はもちろん、現在あまり利用できていないベランダやバルコニーのある方は、ぜひ一度ご検討ください。

【期間限定】クーポン配布中!

彩木スナップデッキやDIY用の彩木材がクーポン使用でお得に購入できます◎

彩木ガーデンデッキをDIYされる方&DIYを検討中の方向け

彩木ガーデンデッキの施工手順を動画で紹介しています。

  • 829
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

MINOは人工木材『彩木』を長野県の自社工場で製造し、『彩木』を使用したウッドデッキ等のエクステリア製品を設計、制作、全国販売しているエクステリアメーカーです。…

MINO株式会社さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア