【DIY】廊下をセルフリノベ*腰壁風&漆喰壁&扉リメイクで憧れのフレンチインテリアに大変身

廊下の壁に板壁風の壁紙を貼って腰壁を作り、漆喰塗りすることで、憧れのフレンチカントリー調にリノベーションする方法をご紹介します。味気のない廊下でも、腰壁と漆喰の組み合わせでハイセンスでオシャレに大変身します。腰壁・漆喰を用いたリノベーションで、日々の生活を彩ってみてはいかがでしょう♪

  • 16212
  • 84
  • 2
  • クリップ

廊下のセルフリノベーションを決めた最初のきっかけはこちらでも紹介中の扉のリメイク
リビングをホワイト基調に壁を漆喰に塗った後、扉の色が気になり思い切って色を変えることをきっかけに
廊下もリビングに一繋ぎの空間に統一感をだすべく全リフォームを決行!
特に冬場は寒い場所なので少しでも温かみが増せばと思ったのですが。。。流石にそこは叶わず
それでもお気に入りの空間に生まれ変わりました!
他のカテゴリで登録している画像もあわせ、リノベーションの全容を紹介します

イメージに仕上がったフレンチカントリー風な廊下の完成形♪

廊下を腰壁風の壁紙と漆喰塗りでフレンチカントリー調にセルフリノベーションしました
DIYは自分のお気に入りにできるので、考えるのもとっても楽しい時間です
まずは、完成の画像。何度見直してもお気に入りの場所です
ただ、今気になり始めてるのが廊下の色かな

建売住宅を購入時からセルフリノベがスタート

もともと注文建築を希望していたにもかかわらず予算が合わず唯一日の当たる建売住宅に妥協。
おかげで気に入ったインテリアにすべく、入居後半年でずぶの素人が”えぃ!”っと始めたのが腰壁作りでした。まだ新品の壁紙にカッターを入れ剥がしていったのでした

ビフォー画像
入居後半年で貼った壁紙は17年前。まだ壁紙の種類がすくなかったころ唯一見つけたパインの木目柄
おかげでフェイクと気づかれず何度も驚かれました
扉の色はすこしずつ塗り替えを始めつつ漆喰壁塗りからスタート

養生はしっかりと

養生はとっても大事な下準備。廊下には段ボールを敷き、天井まで漆喰塗をするので脚立も準備。全て一人でやってるので画像がちょっと中途半端ですが。。。スミマセン

お勧め漆喰

自然素材の漆喰は有名どころもありますが、あまりこだわらないので楽天ショップで一番リーズナブルだったこちらを使用しました。購入後すぐに使わなかったのが原因かはわかりませんが、乾く時に少し目に刺激がありましたが乾いたときは問題なく快適です

漆喰壁完成!

お気に入りの漆喰壁が完成しました。漆喰塗りはだいぶなれてきましたが、天井塗るのが一番大変な作業です

廊下の全扉をペイントリメイク

クローゼットの扉をリーズナブルなベニア板でスクラップウッド壁風にリメイクDIY

廊下をDIYセルフリノベーションしているときに思いついた方法です 壁紙屋さんで見つけた素敵なスクラップウッド風な壁紙をみて、高くて手が出なかったので自分でなにかできないかと、自宅にあったベニアを見ていて思いつきました ベニア板1枚分で扉1枚分。折れ扉なのでちょっと工夫がいるけど 普通の扉でもタッカーさえあればできちゃいます

neige+手作りのある暮らし

DIYで扉をクラック入りのフレンチビンテージ風にペイントリメイク

建売の我が家の扉 壁は漆喰などを塗り始めていましたが、扉は面積が大きく普段目に入ることから ちょっと勇気がいるので抵抗あったけど、この際と思い切ってみました つやもなく下地などを塗らなくってもそのままペイントが出来たので 思っていた以上の仕上がりに今でも大満足です ポイントはクラックをつかったこと ちょと古びれたような質感に仕上がるのもお勧めです

neige+手作りのある暮らし

扉と漆喰壁塗り完成!

腰壁風 壁紙貼り

最後に腰壁作り。進化した板壁風の壁紙は今はいろいろ選べて嬉しいです
早速貼ってあった壁紙を全部剥がしていきます。今の壁紙は上からも貼ることができますが今回は敢えて剥がしました

今回使ったのは壁紙や本舗さんのナチュラルな木目が特徴の壁紙
のりつきなので扱いやすくてあっという間に貼れちゃいました

こちらはエントランス

↑このアングルが。。。

こんなに変わる!!
惚れる~♪

好みのインテリアに変えられるのはセルフリノベーションの醍醐味ですね!
壁紙の種類もかなり増えたし、扉もペイントすることで雰囲気一新!
是非参考になさってくださいね

最後まで読んでいただきありがとうございました

  • 16212
  • 84
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー