ファクタリング取引や手数料には消費税はかかる?非課税の理由と注意点

ファクタリングの取引や手数料に対して消費税はかかりません。なぜ非課税なのかをわかりやすく解説します。また、ファクタリングで消費税が発生する場合についても紹介しています。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 1061
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ファクタリング取引や手数料に消費税は発生しない

LIMIA編集部

ファクタリングの取引や手数料には消費税は発生しません。なぜ消費税が発生しないのか理由をわかりやすく解説します。

ファクタリング取引に消費税が発生しない理由

消費税は全ての取引に適用されるわけではなく、消費税の対象外になるものもあります。

ファクタリングは非課税対象の取引における「有価証券等の譲渡」にあたります(※)。また、消費税の性格上ファクタリングの取引は、なじまないことも理由のひとつです。

※参考:No.6201 非課税となる取引(国税庁)

ファクタリング取引の手数料に消費税が発生しない理由

ファクタリングや資金調達のための取引で発生する手数料は「預金や貸付金の利子」にあたる(※)ため非課税の対象です。

消費税は主にサービスや財貨などの消費に対して求める税なので、取引で発生する手数料は非課税の対象となります。

※参考:No.6221 預金や貸付金の利子など(国税庁)

消費税が発生する基本的な取引について

消費税とは、”国内において事業者が事業として対価を得て行う”(※)ことに対して課税されるものです。例えば、お店で商品を購入したとき、場所やサービスを提供したときなどに消費税が発生します。

※引用元:消費税のしくみ(国税庁)

ファクタリング取引で消費税がかかるケースもある

LIMIA編集部

ファクタリング取引は非課税ですが、「債権譲渡登記」を行う場合には司法書士への報酬や交通費などに消費税が発生します。

債権譲渡登記とは、請求書などの債権が譲渡されたことを法務局に申請して、公にすることです。債権譲渡登記を行う理由として、買い取った債権が他社に売却されるなどの二重譲渡を予防するために行われます。

ファクタリングの手数料などに消費税を請求されたら注意!

LIMIA編集部

ファクタリング会社のなかには違法な取引を行う悪徳な会社も存在します。例えば、債権の買い取りをするときに提示される見積書や請求書に、消費税を加算してくるケースなどがあります。

また、悪徳なファクタリング会社と契約してしまうと、異常に高い手数料を請求されたり、利用者にとって不利な取引を請求されることもあるため、金融庁から注意喚起(※)もされています。少しでも不安なことがあれば、弁護士や行政の窓口に相談するのもおすすめです。

※参考:ファクタリングの利用に関する注意喚起(金融庁)

ファクタリング取引や手数料の消費税に関するQ&A

LIMIA編集部

Q1. ファクタリング取引や手数料には消費税がかかる?

A. 消費税はかからない

ファクタリング取引や手数料は非課税の対象にあたるため、消費税はかかりません。そのため、ファクタリング会社から消費税を請求された場合は、注意しておきましょう。

Q2. ファクタリングで消費税がかかるケースとは?

A. 債権譲渡登記を行う場合に司法書士に支払う報酬などに消費税がかかる


基本的にファクタリングには消費税はかかりませんが、債権譲渡登記を司法書士に行ってもらう際に発生する報酬や交通費には消費税が発生します。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年8月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1061
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア