神奈川県の外壁塗装業者6選|業者の選び方や助成金も解説

神奈川県の外壁塗装業者を紹介します。外壁塗装業者の選び方や利用できる助成金、相場についても解説。あわせて、悪質業者にあたらないように悪質業者を見分ける方法や、万が一契約したときの対処方法も紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ヌリカエ
  • 698
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

神奈川県の外壁塗装業者の選び方

ここでは、神奈川県の外壁塗装業者を選ぶときのポイントを紹介します。神奈川県で外壁塗装を探している人は、参考にしてみてください。

外壁塗装を依頼する業者の種類を選ぶ

外壁塗装業者

メリット

デメリット

ハウスメーカー

・質の高い施工が期待できる。 ・保証範囲が広く、時期も長い

施工費が高い

外壁塗装業者

・費用を抑えながら外壁塗装が依頼できる

・注意が必要な業者がある

工務店・リフォーム業者

・内装工事も同時にしてもらえるケースもある

・施工費がやや高め

外壁塗装を依頼できる業者は主に3つあります。

ハウスメーカーは全国的に注文住宅などの販売を主に行う大手企業のことを指します。ハウスメーカーは質の高い施工やしっかりとした保証がついていることが特徴ですが、施工費が高くなる傾向にあります。

外壁塗装業者は、実際に施工をする業者と直接契約をするため、仲介手数料がかからず、コストを抑えられることもあります。ただ、なかには悪質な業者もいるため、注意が必要です。

工務店やリフォーム業者は、家の中のリフォームも同時に行えることもあるため、内装工事も検討している人にもおすすめですが、施工費がやや高めに設定されています。

保証やアフターサポートの範囲を確認する

外壁塗装業者が行った施工に不具合があったときに、保証があると施工し直してもらえる場合があります。ただ、保証内容は業者によって異なるため、契約前にどの程度の不具合をどのくらいの期間まで対応してもらえるか確認しておきましょう。

また、外壁塗装後に無料で定期点検を行ってもらえる業者もあるので、点検などをしてほしい人はアフターサポートがあるかも確認しておくことをおすすめします。

見積書がわかりやすいか確認する

見積書は、塗料や足場代などにいくらかかるのか、内訳が詳細に書かれているかもチェックしてみましょう。例えば、見積書が「一式」と省略したものを提示されても、なににどのくらいのお金がかかるのかがイメージができずに不透明です。

見積書をもらう前に、外壁塗装業者には「一式」と省略せずに、内訳を詳細に出してもらうように依頼をしましょう。

施工実績や口コミ・評判を参考にする

塗装技術の高い外壁塗装業者を探しているなら、業者の実績や口コミを調べてみるのもおすすめです。施工してもらいたい外壁塗装業者をいくつか絞り、業者のホームページを訪問して、施工した実績を確認してみましょう。そのときに、実際に施工にかかった費用や日数などが書かれているとイメージしやすくなります。

また、口コミや評判はSNSや口コミサイトなどに書かれていることもあるので、選ぶときの参考にしてみるのも良いでしょう。

神奈川県の外壁塗装業者おすすめ6選

ここでは、神奈川県でおすすめの外壁塗装業者を紹介します。外壁塗装業者を選ぶときの参考にしてみてください。

株式会社マルセイテック ガイソー大和店

出典:株式会社マルセイテック ガイソー大和店

神奈川県全域の外壁塗装に対応している「株式会社マルセイテック ガイソー大和店」。お客様目線で施工を行ってくれ、工事の進捗を逐一報告してくれたり、家に適した塗装をおすすめしてくれます。点検時には専門資格保有のスタッフが訪問し、外壁の状況を確認してくれます。

キンドリーホーム

出典:キンドリーホーム

神奈川県横浜市に拠点をおく「キンドリーホーム」は、横浜市全域と川崎市や東京都の一部エリアに対応している外壁塗装業者です。塗装前には無料で、カラーシュミレーションのソフトを使って実際に塗装したイメージをしやすくしてくれます。保証は、キンドリーホーム独自のもので最長15年ついており、リフォーム瑕疵(かし)保険にも加入しています。

株式会社成田屋商店

出典:株式会社成田屋商店

昭和12年創業で豊富な実績と長い歴史を持った「株式会社成田屋商店」。LINEのお友だち追加をすると、見積もりが無料になります。高い位置の外壁の状況もドローンを使ってチェックしてくれます。また、会社には多くの外壁サイディングの専門スタッフも所属しており、「安く・速く・安全」に施工を完了してくれるのも特徴です。

ジャパンテック神奈川

出典:ジャパンテック神奈川

神奈川県の広い範囲と東京都の一部エリアの外壁塗装を依頼できる「ジャパンテック神奈川」。見積書は工事計画書のように分かりやすく、過去の事例などを使って丁寧に説明してくれます。また、保証は最長で10年ついており、工事のアフターフォローもしっかりしています。

エミホーム

出典:エミホーム

「エミホーム」は、神奈川県と東京都の一部地域を対応エリアとしている外壁塗装業者です。一括施工管理をしているため、リーズナブルな価格で外壁塗装をしてもらえるのが特徴でもあります。工事中も途中経過を丁寧に説明してくれる親切な接客もポイント。

保証は塗料によって異なりますが、原則7年ついています。また、JIOリフォーム瑕疵(かし)保険にも加入しているので、万が一のときにも対応してくれます。

家守倶楽部(やもりくらぶ)

出典:家守倶楽部

「家守倶楽部(やもりくらぶ)」は横浜全域と川崎市、東京都の一部地域に対応している外壁塗装業者です。実績も豊富で、高品質な施工をしてもらえます。お支払い方法は、現金や銀行振込以外にも、クレジットカードでの支払いにも対応しています。事前調査や実測を入念に行ってくれるので、見積もり以降は追加料金が発生しないのもポイントです。

神奈川県の外壁塗装の相場

神奈川県で約25坪の広さの家の外壁塗装を行う場合、費用は約50万円が目安です。塗装費用には足場代が含まれている場合もありますが、足場代や附帯工事費用が別途でかかる場合もあるので、契約前にはしっかり確認しておきましょう。

※料金目安は、LIMIA編集部がWeb上で確認できる外壁塗装業者のおおよその料金に基づいたものです。(2024年2月時点)

神奈川県の外壁塗装に使える助成金

神奈川県では一部地域で外壁塗装に助成金がでる場合があります。例えば、横須賀市の「2世帯住宅リフォーム助成金」では子世代と親世代が同居する際に外壁塗装の費用の一部を補助してもらえます(※)。

地域によって上限額や条件が異なるので、自治体のホームページなどを確認してみましょう。

※2024年2月時点の情報です。最新情報は自治体HPで確認してください。
※参考:2世帯住宅リフォーム補助金(横須賀市)

神奈川県の悪質な外壁塗装業者を見分ける方法

神奈川県で外壁塗装を依頼するときに、悪質な業者を見分ける方法を紹介します。悪質業者にあたらないためにも、チェックしておきましょう。

飛び込みで訪問してきた業者は注意

事前の連絡なしに訪問してきた外壁塗装業者には注意しましょう。一般的には、家主から外壁塗装業者に問い合わせをして、点検日を決めてから訪問してもらう流れになっています。事前の連絡なしに訪問してきた業者は相手にしないでおきましょう。

契約を急かす業者は避ける

「キャンペーンは今だけ」と言って根拠のない値下げをしたり、「外壁の劣化がひどい」などと不安をあおり、訪問当日に契約や入金を急かす業者は避けるようにしましょう。値下げをしてもらうときには、根拠を提示してもらうようにするのもおすすめです。少しでも不安な点があれば、すぐに契約しないようにしましょう。

相見積もりをして適正価格か調べる

外壁塗装は、依頼する業者によって施工費が異なります。そのため、2〜3社の複数社で相見積もりをとるのがおすすめです。複数社で見積もりをとることで、家に合った相場を知ることができます。相見積もりをとって、極端に費用が安すぎたり、高すぎる業者は避けるようにしましょう。

悪質業者が掲載されているリストも活用する

悪質な外壁塗装業者は、行政のサイトで公表している場合もあります。例えば「特定商取引法ガイド」では、消費者を守る法律に違反した業者が公表されています。このようなサイトを利用して、依頼したい外壁塗装業者が悪質でないか検索してみるのも良いでしょう。

もしも悪質な業者に当たったらどうする?

依頼した業者が悪質な業者だった場合には、クーリングオフが適用されたり、行政の相談窓口で解決できることもあります。ここでは、対処方法を紹介します。

クーリングオフをする

  • 契約して8日内
  • 訪問・電話勧誘販売が対象(自分で営業所や店舗に行ってない)

クーリングオフは、契約をした後でも決められた期間内であれば、契約を解除できる制度です。契約して8日以内で、自ら営業所や店舗に訪れずに契約した場合は、クーリングオフができます。ただ、この条件に当てはまったとしても、契約が必ず解除できる訳ではないため留意しておきましょう。

クーリングオフは、ハガキやFAX、電子メール、業者のクーリングオフのフォームから行えます。ハガキで送るときには発信記録が残るように送付し、ハガキの内容をコピーしておくのがおすすめです。電子メールやフォームから送るときには、送信時の画面をスクリーンショットして保存しておきましょう。

住まいるダイヤルに相談する

「住まいるダイヤル」は、住宅に関する困りごとを相談できる国土交通大臣指定の相談窓口です。電話で問い合わせると、弁護士や建築士などの専門知識を持った人に相談ができるため、問題を解決してくれます。過去の事例も検索できるので、同じような事例を参考に問題を解決してみましょう。

【PR】神奈川県の外壁塗装業者をヌリカエで探してみよう!

出典:ヌリカエ

ヌリカエは、住んでいる地域や家の情報に関する質問に答えるだけで、外壁塗装の相場やおすすめの業者を提案してくれるサービスです。口コミや写真付きの事例なども掲載されているので、業者選びの参考にしやすくなっています。

また、無料の電話相談もでき、受付時間は10:00〜19:00まで、土日祝の問い合わせも受け付けているので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

神奈川県の外壁塗装に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

Q1. 神奈川県で外壁塗装に使える助成金はある?

A. 地域によっては使える場合もある

神奈川県では地域によって外壁塗装に助成金が使える場合もあります。例えば、横須賀市だと子世代と親世代が同居する際のリフォーム費用の一部を補助してもらえます(※)。上限額や条件は地域によって異なるので、自治体のホームページなどを確認してみましょう。

※2024年2月時点の情報です。最新情報は自治体HPで確認してください。
※参考:2世帯住宅リフォーム補助金(横須賀市)

Q2. 神奈川県で外壁塗装業者を選ぶポイントは?

A. 見積書に内訳が書かれていたり、保証の範囲や期間についても丁寧に説明があるかがポイント

神奈川県で外壁塗装業者を選ぶときには、見積書が「〇〇一式」と省略されておらず、内訳が細かく書かれていると、どこにどの程度の費用がかかるのかイメージしやすくなります。また、保証がある場合には、期間や範囲について詳しく説明されるかもポイントです。そのほかにも、口コミや実績を調べたりするのも良いでしょう。

Q3. 神奈川県の悪質な外壁塗装業者を見分けるコツは?

A. アポなし訪問や契約を急かす業者には注意

一般的に家主からの問い合わせがあってから外壁塗装業者が訪問して、点検・見積もり、契約の流れになります。アポなしで訪問してくる場合には、相手にしないのがおすすめです。また、不安をあおるような言葉で契約を急かすなど、不審だと感じたら契約しないように気をつけましょう。

Q4. 神奈川県の外壁塗装の相場はいくら?

A. 約25坪の広さで約50万円が目安

神奈川県の外壁塗装の相場は約25坪の広さの場合、約50万円が目安です。加えて、足場代や附帯工事費用が別途かかる場合もあるので、見積書はきちんと確認しておきましょう。

※料金目安は、LIMIA編集部がWeb上で確認できる外壁塗装業者のおおよその料金に基づいたものです。(2024年2月時点)

外壁塗装に関連する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年2月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 698
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア