ネットショップを開業する際の商品仕入れ方法を徹底解説!

今回の記事ではネットショップを開業する際の商品の仕入れ方をくわしく解説していきます。商品の仕入れを成功させるコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 1379
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ネットショップ開業時の仕入れ方法7つ

【1】ネットの仕入れサイトを利用する

商品を仕入れる方法としてネットの仕入れサイトを利用する方法があります。

無料のWebサイトを利用してネットショッピングをするのと同じような方法で、問屋から商品を仕入れることが可能です。ただ、仕入れサイトでは卸価格を会員限定で公開しているところがほとんどのため、注意してください

【2】展示会・見本市などに参加する

次に紹介するのは東京ビッグサイトなどで行われる展示会や見本市に参加して取引先をみつける方法です。

展示会や見本市といったイベントでは、商品を直接見て探すことができます。とくに大型イベントではたくさんの商品が出展されているため、自分のサイトで販売したい商品が見つかるはずです。

【3】メーカー・作家との直接交渉を行う

自分のサイトで販売したいものが決まっている場合、メーカーや作家さんに直接問い合わせをする方法もあります。

製造しているメーカーや作家名を調べて問い合わせしてみましょう。ただ、大量生産が難しいこともあるため、問い合わせする際は店舗の規模や希望の仕入れ数量を伝えるようにするようにしましょう。

問い合わせの際は電話やメールが一般的です。その際は以下のような情報を伝えるようにするといいでしょう。

  • 店舗名
  • 店舗のコンセプトやイメージ
  • 店舗の規模
  • 商品ラインナップ
  • 実店舗の有無
  • 開店時期

【4】卸問屋や問屋街で商材を仕入れる

問屋街には小売店向けの卸売や業務用商品を専門とする商店が立ち並んでおり、仕入れたい商品を見つける方法もあります。

卸問屋では一般消費者に商品を販売していないところも多いため注意が必要です。ただ、中には一般消費者でも入れるところがあるため、一度足を運んでみるのもいいでしょう。

【5】海外のネット仕入れサイトを利用する

仕入れサイトは国内だけでなく海外にも存在しており、海外メーカーの商品や国内市場であまり流通していない商品などを販売したい場合は、海外の仕入れサイトを利用するのもおすすめです!

【6】OEMを利用する

オリジナル商品を販売したい場合は「OEM(Original Equipment Manufacturing)」を利用するのがおすすめ! OEMとはオリジナル商品の製造をメーカーに委託して販売する方法のことです。

商品製造のノウハウをもった専門会社がオリジナル商品の企画やデザイン、製造まで行ってくれるため、初心者の方でも利用しやすいという点がメリットとなっています!

【7】ドロップシッピング利用で無在庫販売をする

ドロップシッピング利用で無在庫販売をする方法もあります。

ドロップシッピングとは顧客から注文を受けたあとにメーカーに発注をかけ、直接顧客のもとに商品を発送してもらうという方法です。そのため、ネットショップで商品を仕入れたり在庫の保管をしたりする必要がないのがメリットとなります。

ネットショップの商品仕入れを成功させるコツ

提供:LIMIA編集部

1.ショップのコンセプトを決める

ショップを開設するにあたって「どんなショップにしたいのか」「どのような商品を提供したいのか」といったコンセプトを決めておくのがおすすめです。ショップ開設の段階でコンセプトが固まっていると、仕入れる商品や商材などの方向性も決まりやすく、仕入れの際に迷うことが少なくなります

2.市場調査をしてトレンドを知り、差別化を図る

市場の調査をしてトレンドを知ることも大切です。ライバルになりうるお店や目標としているお店の客層やどのようなお店作りがされているのかを調べてみましょう

お店のオリジナル性を出して競合との差別化を図るのもネットショップの仕入れの成功につながります。

ネットショップで商品を仕入れる際の注意点

提供:LIMIA編集部

1.利益が出るか確認する

ネットショップで商品を仕入れる際は利益が出るのか確認しておくことが大切です。売れそうな商品であっても、仕入値が高いと利益がほとんど出ず、事業を続けることが難しくなってしまいます

そのため想定売上をもとに仕入値や手数料を計算して、どのくらい利益が出るのかを事前にシミュレーションするようにしましょう!

2.ネットショップで販売禁止されている品目ではないか確認する

ネットショップでは販売が禁止されているものもあるため、それに該当していないかチェックすることも大切です。

例えば皮製品や漢方薬などはワシントン条約によって輸入が禁止されているため、自由に輸入することができません。

また海外では販売が可能でも関税法、薬事法、植物検疫法、家畜伝染予防法によって輸入が禁止・規制されているものもあるので、事前にしっかり確認しておくようにしてください。

ネットショップの開業はSTORESがおすすめ!

ネットショップの開業には、STORESを利用するのがおすすめです。

STORESなら簡単にネットショップを開業できます。パソコンだけでなくスマートフォンからもネットショップを簡単に作成可能。難しい知識や技術が必要なくても始められます。

さらに実店舗がある場合は店舗のレジとも連動でき、商品登録や在庫の管理といった面倒な作業も簡単にできます。キャッシュレス決済にも対応しており、端末もSTORESで導入することができます。

気になる方はぜひ、STORESのサイトで相談してみましょう。

ネットショップ開業の仕入れに関するQ&A

Q1. ネットショップ開業の仕入れ方法は?

A. ネットショップ開業の仕入れ方法は以下の通りです。

  1. 1.ネットの仕入れサイトを利用する
  2. 2.展示会・見本市などの展示会に参加する
  3. 3.メーカー・作家との直接交渉を行う
  4. 4.卸問屋や問屋街で商材を仕入れる
  5. 5.海外のネット仕入れサイトを利用する
  6. 6.OEMを利用する
  7. 7.ドロップシッピング利用で無在庫販売をする

Q2. ネットショップの商品仕入れを成功させるコツは?

A. ネットショップの商品仕入れを成功させるコツは以下の通りです。

  • ショップのコンセプトを決める
  • 市場調査をしてトレンドを知る
  • 商品の差別化を図る

Q3. ネットショップで商品を仕入れる際の注意点は?

A. ネットショップで商品を仕入れる際の注意点は以下の通りです。

  • 利益が出るか確認する
  • ネットショップでの販売禁止ではないか確認する

ネットショップに関する記事もチェック

※ 記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年1月)に基づいたものです。
※ 画像はイメージです。

  • 1379
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア