トイレの隙間の掃除方法!床の隙間や便座奥の汚れをキレイにするコツ

トイレの隙間の掃除方法を紹介します。便器と床の隙間や便座と便器の間など、わずかな隙間にも汚れは蓄積するため、定期的な掃除が大切です。隙間掃除をする際のおすすめアイテムや汚れを防ぐアイデアも紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 17727
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレの隙間が汚れる原因

提供:LIMIA編集部
  • ホコリやトイレットペーパーの繊維
  • 便座の隙間から垂れてくる尿

便器と便座の隙間や床との隙間は、実は汚れが溜まりやすい場所です。

汚れの原因は、主にホコリやトイレットペーパーの繊維、便座から垂れてしまった尿など。「トイレ掃除をしているのにアンモニアのような臭いが気になる」という場合は、隙間に汚れが溜まっている可能性があります。

特に、黄ばみが発生してしまうと頑固な汚れとなり、落としにくくなってしまうため、週に1回を目安に掃除をしておきましょう。

トイレの隙間の掃除方法

  • 便器と床の隙間はシートや竹串を活用
  • 便座と便器の隙間掃除ができる専用アイテムもおすすめ

ここからは、トイレの隙間の掃除方法を紹介します。

頑固な汚れになっていなければ、トイレ用の中性洗剤やお掃除シートを使って汚れを取ることが可能。

また、便器や床、便座と便器の隙間を掃除する際は、狭いスペースにも届きやすい形状の掃除グッズや竹串、ブラシなどのアイテムがおすすめです。

LIMIAユーザーさんのアイデアも参考にしてみてくださいね。

キッチンペーパーと竹串で便器と床の隙間を拭く

提供:LIMIA編集部

便器と床の隙間の軽い汚れは、トイレ用掃除シートと竹串を使って掃除をしていきましょう。

掃除シートがない場合は、キッチンペーパーにトイレ用の中性洗剤を吹きかけてもOK。

また、竹串以外に「ダイソー」「セリア」など100均で購入できる掃除用ヘラも隙間にフィットしやすいのでおすすめ。用意しやすいアイテムを活用してみてください。

提供:LIMIA編集部

便器と床の隙間に、中性洗剤を染み込ませたキッチンペーパーや掃除シートを竹串で差し込み、隙間の汚れを拭き取ります。

汚れがこびりついている場合は、一度ヘラや歯ブラシでかき出してから、仕上げに掃除シートで汚れがつかなくなるまで拭き取りましょう。

LIMIA編集部
スタッフA
尿汚れにはクエン酸を活用してみよう
黄ばみやアンモニア臭が気になる場合はクエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーで掃除するのもおすすめ。スプレーボトルに、水200mLに対しクエン酸小さじ1を入れて混ぜればクエン酸水の完成です。

便座と便器の隙間を専用アイテムで掃除する

トイレの便座と便器の隙間も汚れが溜まりやすいスペースなので掃除をしておきましょう。

__________7hm7_____さんは、「すきまクロス」を使って、便座の隙間を掃除。こちらは、先端がアクリル不織布でできているので、洗剤なしでも使えるのが特徴。気になったときに水で濡らしてサッと掃除できるのが魅力です。

ブラシやスポンジが届かないような便座と便器のわずかな隙間にもぴったり。便器と床の隙間掃除にも活用できるのでおすすめです。

「楽天」や「Amazon」のほか、「カインズ」などのホームセンターでも隙間掃除ができる商品が売っているのでチェックしてみてくださいね。

▼__________7hm7_____さんのお掃除アイデアを詳しく見る!

トイレと床の隙間汚れを防ぐ方法

  • 床に汚れを拭き取れるシートを貼る
  • 隙間を埋めるジェルを活用する

便器と床の隙間は汚れが溜まりやすいため、こまめな掃除が必要ですが、キレイな状態を保つのはなかなか難しいもの。

そこで、ここからは隙間汚れを防ぐアイデアをチェックしていきましょう。ひと手間加えるだけで隙間の奥に汚れが入り込みにくくなるので、掃除がしやすくなるのも魅力です!

床に汚れを拭き取れるシートを貼る

便器と床の隙間に汚れが入り込まないように、隙間部分もカバーできるトイレマットを敷いておくアイデアです。

普段のお手入れがしやすいような水滴が染み込みにくい素材や、ずれにくい素材を採用している商品を選んでみましょう。

さらに、mayblue2250さんは、便器の前方にシートを貼り、尿が垂れるのを防いでいます。

特にトイレトレーニングをしている子どもがいる家庭は、便座の隙間から尿が垂れ、床の隙間に入り込んでしまうことが多いのでおすすめです。

▼mayblue2250さんのアイデアを詳しく見る!

隙間を埋めるジェルを活用する

ks._.myhomeさんは、便器と床の隙間汚れを防ぐために「トイレのスキマフィル」を活用。隙間をコーキングすることで、尿が入り込むのを予防できるのがメリットです。

こちらの商品はチューブタイプなので、コーキング剤を隙間に注入しやすいのがポイントです。

隙間の汚れを落としてから、コーキング剤を塗っていきましょう。時間が経つとゴム状に固まります。

透明で目立ちにくく、剥がしやすいので、汚れが気になった際はすぐ交換できるのがうれしいポイントです。

▼ks._.myhomeさんのアイデアを詳しく見る!

LIMIA編集部
スタッフA
コーキングしたあともお手入れは必要!
一度コーキング処理をして長期間放置してしまうと、カビが生えたり、万が一便器下から水漏れが発生した際に見つけにくいため、こまめに交換をして清潔に保っておくことも大切ですよ!

クリーニング業者にキレイにしてもらうのもおすすめ!

トイレの隙間掃除はクリーニング業者に徹底的にお願いするのもおすすめ!

隙間汚れを防ぐアイテムを使う前には一度キレイに掃除することが大切です。

「ハウスクリーニング110番」は、自力で落としにくい汚れも除去してくれるクリーニング業者。頑固な黄ばみや黒ずみ、臭いが気になる場合も対処してくれます。

電話やメールでの相談に24時間対応しているのもポイント。汚れ防止コーティングを施してくれるため、トイレをキレイに保ちたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

トイレの隙間掃除に関するQ&A

Q1. 便器と床の隙間が汚れる原因は?

A. 尿やホコリなどが主な原因です。

便器から垂れてくる尿やホコリ、トイレットペーパーの繊維が入り込むことが汚れの原因。放置しておくと黄ばみや黒ずみが発生してしまうのでこまめに掃除をしましょう。

Q2. トイレと床の隙間の黄ばみの掃除方法は?

A. 尿汚れに効果的なクエン酸を活用してみましょう。

黄ばみが発生してしまっている場合は、スプレーボトルに水200mLに対しクエン酸小さじ1を入れて作ったクエン酸水をキッチンペーパーに含ませ、竹串やヘラを使って汚れを拭き取ってみましょう。

Q3. トイレの隙間掃除にはどんなアイテムがおすすめ?

A. 隙間にフィットしやすいアイテムがおすすめ。

隙間を掃除しやすい薄い形状のヘラやクリーナーなどがおすすめです。

トイレ掃除に関する記事はこちら!

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年2月)に基づいたものです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけてしっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なるため、必ず製品の取り扱い説明書に従って作業を行ってください。

  • 17727
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア