浴槽下の掃除方法を紹介!ヘドロやカビも簡単キレイに

浴槽の下の掃除は、カバーを外すとできる場合があります。重曹や『カビキラー』などの洗剤を使用した掃除方法からカバーの外し方、掃除頻度について紹介します。

  • 2278
  • 18
  • 0
  • いいね
  • クリップ

浴槽下の掃除をしないとどうなる?

お風呂場の浴槽下を掃除しないと、皮脂や石鹸カス、水垢などの汚れが溜まり、カビが発生してしまいます。

カビが浴槽下に発生すると床や壁にカビ菌が移り、増殖する可能性もあります。定期的に掃除をすることで、カビを防ぎ清潔に保てます。

浴槽下の掃除方法

  1. 1.掃除する前に浴槽のエプロンを外す
  2. 2.皮脂汚れには重曹などを使う
  3. 3.カビには塩素系漂白剤を使う
  4. 4.外せないときは外側を掃除する
  5. 5.自分で難しいときはプロに依頼するのもおすすめ!

掃除する前に浴槽のエプロンを外す

古い家でも新しい家でも浴槽の下は、晴(ハル) さんの写真のように側面の「エプロン」と呼ばれるカバーを外すことで掃除ができます。

エプロンを外すには、エプロンの下部分に手をかけて手前に引くことがポイントです。しかし、メーカーや製品によって外し方が異なる場合もあるので、取扱説明書をよく確認してから行ってください。

また、エプロンが浴槽と一体型になっている製品など、取り外しができないものもあり、無理矢理外したりすると取り付け費用が発生する場合もあります。

皮脂汚れには重曹などを使う

皮脂などの軽く汚れが浴槽下に付着している場合は、重曹やセスキ炭酸ソーダを使って掃除しましょう。重曹などで汚れが落ちないときには、過炭酸ナトリウムを含んだ『オキシクリーン』を使うのもおすすめです。

必要なもの

  • 重曹(セスキ炭酸ソーダ or オキシクリーン)
  • スプレーボトル
  • ブラシまたはスポンジ
  • ゴム手袋
  • キレイな雑巾

洗浄液の作り方(目安)

  • 重曹:水100mLに対して小さじ1杯
  • セスキ炭酸ソーダ:水500mLに対して小さじ1杯
  • オキシクリーン:40〜60℃のお湯500mlに対してスプーン3/4杯

掃除の手順

  1. 1.スプレーボトルに洗浄液を移し、汚れに吹きかけて5〜20分放置する
  2. 2.ブラシやスポンジで擦る
  3. 3.シャワーで洗い流す
  4. 4.キレイな雑巾で水分を拭き取る

カビには塩素系漂白剤を使う

頑固なカビが発生している場合には、『カビキラー』のような塩素系漂白剤を使って掃除をしましょう。

カビに洗剤を行き渡らせるために、キッチンペーパーでパックするとカビを落としやすくなります。手が届かない箇所は洗剤を吹きかけておくだけでも大丈夫です。

また、保護用メガネやゴム手袋、マスクを着用して換気しながら使いましょう。

必要なもの

  • 塩素系漂白剤
  • キッチンペーパー
  • ゴム手袋
  • マスク
  • 保護用メガネ
  • キレイな雑巾

掃除の手順

  1. 1.ゴム手袋、マスク、保護用メガネを着用する
  2. 2.塩素系漂白剤を汚れに吹きかける
  3. 3.キッチンペーパーで洗剤を吹きかけた箇所を覆う
  4. 4.5〜10分放置する
  5. 5.シャワーで洗剤を洗い流す
  6. 6.キレイな雑巾で水を拭き取る

外せないときは外側を掃除する

エプロン部分が取り外せないときは、外側のみ掃除しましょう。使う洗剤は、外側についた汚れに合わせて使い分けるのがおすすめです。

例えば、黄ばみや白っぽい汚れには重曹、ウロコ状の汚れにはクエン酸、カビには塩素系漂白剤、複合的な汚れには浴室用の中性洗剤やクレンザーが適しています。

必要なもの

  • 汚れに合った洗剤(必要に応じてスプレーボトル)
  • ブラシやスポンジ
  • キレイな雑巾

掃除の手順

  1. 1.汚れに洗剤を吹きかける
  2. 2.10分程度放置する(汚れに合わせて調節する)
  3. 3.ブラシやスポンジで擦る
  4. 4.洗剤を洗い流す
  5. 5.キレイな雑巾で水分を拭き取る

自分で難しいときはプロに依頼するのもおすすめ!

浴槽の下など掃除が難しい場所は、プロに掃除を依頼するのもおすすめです。

「ハウスクリーニング110番」では、オプションで浴槽下の掃除も行ってくれます。また、浴室掃除後にはカビ予防のコーティングまでしてくれるのがうれしいポイントです。

相談は無料で電話やメールにてできるので、まずは相談をしてみましょう。

浴槽下の掃除頻度は半年に1回

浴槽下の掃除は、半年に1回を目安に行うとキレイな状態を保ちやすくなります。

とくに、梅雨前や秋〜冬のシーズンは湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすくなるので、この時期に掃除するのがおすすめです。また、掃除後に防カビ剤を使用するとカビの発生を防いでくれます。

浴槽下の掃除に関するQ&A

Q1. 浴槽下の掃除をしないとどうなる?

A. 汚れやカビが溜まって不衛生になる

浴槽の下は汚れが溜まりやすく、カビが発生しやすい場所です。カビが発生すると、壁や床にカビ菌が移って増殖する恐れがあります。

Q2. 浴槽下の掃除方法は?

A. エプロンと呼ばれるカバーを外して掃除する

浴槽の下は側面についた「エプロン」と呼ばれているカバーを外すことで掃除ができます。ただし、エプロンが外れない製品もあるので、あらかじめ取扱説明書などでチェックしておきましょう。

Q3. 浴槽下の掃除頻度は?

A. 半年に1回を目安に掃除を行う

浴槽の下は、半年に1回の目安に掃除をするとキレイに保ちやすくなります。カビが発生しやすくなる梅雨前と秋から冬にかけたシーズンに掃除するのがおすすめです。

お風呂掃除に関連する記事もチェック

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年1月)に基づいたものです。
※画像はイメージです。
※一般的な使用方法を紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もあります。各製品の表示・使用方法に従って利用してください。
※掃除の際は、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。

  • 2278
  • 18
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア