トイレの水圧が弱い原因は?水量の調整方法やタンク内の点検ポイントを解説

トイレの水圧が弱い場合の解消法を紹介します。水の流れが悪いと感じたときに確認すべき箇所や、タンク内部の不具合やトイレのつまりなど原因別の対処法をまとめました。放置するとつまりの悪化や水漏れが起こる場合があるので早めに対処しましょう。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 13201
  • 43
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレの水圧が弱い原因は?チェックするポイント

  • タンク内の水位が下がっていないか
  • タンク内の部品が劣化・故障していないか
  • 止水栓が開いているか
  • 便器内がつまっていないか

トイレの水圧が弱いときは、「タンクの水位が下がっている」「つまりが起きている」ことが主な原因です。

そのため、便器に流れる水が少ないなと感じたら、まずはタンク内部やつまりを中心に、上記のポイントをチェックしてみてください。

掃除をしたあとに止水栓を閉めたままだったという場合も考えられるので、開け忘れていた場合はマイナスドライバーで反時計回りに回して水量を調整することで解消できます。

LIMIA編集部
スタッフA
タンクレストイレは構造が異なるので注意
タンクレストイレの場合、つまりが原因ならタンク式と同じように対処できます。しかし内部の不具合の場合は自力での修理は難しいため、メーカーや業者に相談しましょう。

トイレの水圧が弱いときの対処法【原因別】

  • タンク内の水位線より下に水面がある
  • タンク内の部品に不具合がある
  • つまりが起きている

タンク内の水位線より下に水面がある

取り扱い説明書を確認しながらタンクのフタを開けてみて、水位が下がっていないかチェック。水位線より下がってる場合は、水量不足が考えられます。

オーバーフロー管に「WL」と水位線が記載されている場合は、そのラインを目印に、記載がないものはオーバーフロー管の先端から2〜3cm下あたりが正常な水位の目安です。

LIMIA編集部
スタッフA
トイレの機種に合った水位の調整方法を確認しよう
水位調節リングの有無や浮き球の形状などで細かい調節方法が異なるため、ここでは、基本的な水位調整の方法を紹介します。実際に作業をする際は、メーカーごとの取り扱い説明書を確認してから調整を行ってください。

必要な道具

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • ペンチ(ボールタップに水位調節リングがない場合)
  • ゴム手袋

作業の手順

  1. 1.止水栓を閉める
  2. 2.タンクのフタを開ける
  3. 3.ボールタップに水位調節リングがある場合→リングを引き上げ右方向に回す
  4. 4.水位調節リングがない場合→ペンチで浮き球のアーム中央を少し上に曲げる
  5. 5.止水栓を開けて水位を確認する
  6. 6.止水栓を調節する
  7. 7.タンクのフタを閉める

タンク内の部品に不具合がある

トイレタンクの内部には、さまざまな部品があり、部品の経年劣化や故障などでも水圧が弱くなってしまうことがあります。

特にボールタップや浮き球フロートバルブ(フロート弁)に不具合が生じている可能性があるため、劣化が見られる場合はホームセンターで新品を購入し、トイレの取り扱い説明書を確認しつつ交換しましょう。

カクダイ
万能ロータンクボールタップ
5,980円(税込)

ボールタップや浮き球は、タンクの給水・止水を操作する役割の部品。

トイレメーカーの公式サイトやネットでも購入でき、ボールタップと浮き球がセットになっている商品もあります。さまざまな機種に対応した商品もあるのでチェックしてみてください。

TOTO
フロートバルブ(隅付タンク用)THD13
600円(税込)
4
4 Stars
48件)

フロートバルブ(フロート弁)は、タンク内の水栓の役割がある部品。ゴムの部分が劣化している場合は交換してください。

また、タンク内部で鎖の部分が絡まっていることで水圧が弱くなっているケースもあるので確認してみましょう。絡まりを取り、少したるみがあるくらいに長さを調節することで解消できる場合があります。

LIMIA編集部
スタッフA
部品の交換は無理のない範囲で行う
ボールタップを交換する際は、トイレの給水管と手洗い管の位置を確認し、合うものを選んでください。取り外した部品をホームセンターに持って行って、同じようなものを選ぶと間違いにくいです。

また、タンク内の構造は複雑なので、自力での修理が不安な場合はメーカーや業者に相談するのがおすすめです。

つまりが起きている

タンク内に異常がなさそうなときは、便器のつまりが原因で水圧が弱くなっている可能性があります。

トイレットペーパーやティッシュなど、水に溶けやすいものが原因でつまっている場合はラバーカップ(スッポン)で取り除ける場合があります。

トイレの排水口を塞ぐようにラバーカップをかぶせて、押し引きをゆっくり繰り返してつまりを解消させましょう。

トイレの水圧が改善しないときは業者に相談しよう

  • 故障によるもの
  • 水に溶けない異物がつまった
  • つまりの原因がわからない
  • 水漏れも発生している

トイレの水圧が弱くなった原因が上記によるもの、または修理してみても改善されない場合は、業者に相談しましょう。

特に、水に溶けないものが便器の奥に入り込んでしまった場合は自力での対処が難しく、放置することで症状が悪化してしまう場合もあるため、なるべく早めに依頼することをおすすめします。

水の流れが悪いときは水110番にお任せ!

「水110番」は、トイレのトラブルを始め、水まわりのお悩みを解決してくれる修理業者です。

「つまりの原因がわからない」「便器の破損や水漏れも起きている」など、自力での対処が難しいときは、電話、メールでの相談を24時間受け付けているので、公式サイトを確認してみてください。

トイレの水圧に関するQ&A

Q1. トイレの水圧が弱い原因は?

A. トイレタンク内の不具合や、つまりの可能性などが考えられます。

トイレタンク内の水量や部品に不具合がないか、トイレがつまっていないかチェックしてみてください。

自力での対処が難しいと感じた場合は修理業者に相談してみることをおすすめします。

Q2. トイレの水がうまく流れないのを放置するとどうなる?

A. つまりの悪化や異臭が発生する場合があります。

水圧が弱いことでしっかり流れず、排水管に汚物が溜まってしまい、つまりが発生することも。

また、異臭の発生や水漏れが起きることもあるため、早めに修理をすることが大切です。

Q3. タンクレストイレの水圧が弱い原因は?

A. つまりや、止水栓が開いていないこと、給水ホースなどの不具合が考えられます。

トイレットペーパーや汚物がつまっている場合や、止水栓がしっかり開いてない場合などは水の流れが悪くなることがあります。

また、タンクレストイレの場合は、マンションや2階以上は水道圧力が弱くなるため、水圧不足になるケースがあります。水道圧力を補うためのブースター付きの機種も登場していますが、念のため「TOTO」「LIXIL」など各トイレメーカーの窓口や販売店などに相談してみることをおすすめします。

トイレの水圧やつまりに関する記事はこちら

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年2月)に基づいたものです。
※画像はイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけてしっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なるため、必ず製品の取り扱い説明書に従って作業を行ってください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

  • 13201
  • 43
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア