米油おすすめ人気7選|選び方・サラダ油やオリーブオイルとの違いも紹介

米油とは、玄米から精米するときに出る米ぬかの油分を抽出して作られる植物性の食用油のこと。米油は、食用油特有のニオイやクセが少なく、栄養価の高さから、健康に気をつかう人にも人気です。そこで、人気米油のおすすめを7つ紹介します。あわせて、米油の特徴やどんな米油がいいのか製法の違いなどの選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 64658
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

米油とは?お米を原料にした植物性の食用油

玄米から白米へ精米するときに生成された米ぬかの油分を抽出して作られるのが米油です。食用油特有のクセやニオイが少ないため、炒め物から揚げ物やドレッシングまで幅広く使えます。

また、米油には不飽和脂肪酸のリノール酸とオレイン酸が豊富に含まれているのが特徴的です。リノール酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を低減させる働きがあると言われています。

一方のオレイン酸は、酸化しにくく、熱に強いので加熱調理ができるのが特徴です。

米油の選び方3ポイント

三和油脂 amazon.co.jp
  1. 1.製造方法から選ぶ
  2. 2.こだわりがあるなら原料もチェック
  3. 3.パッケージは紙か瓶がおすすめ

【1】製造方法から選ぶ

ホクレン農業協同組合連合会 amazon.co.jp
  • 圧搾抽出:米ぬかに圧をかけて抽出する。栄養価が高い
  • 溶剤抽出:溶剤を使用し、米油を抽出する。商品価格が安い

米油には主に2つの抽出製法があります。

まずは、昔ながらの製法である圧搾抽出は、米ぬかに専用の機械などで圧をかけて抽出する方法です。圧搾抽出は、スチームリファイニング法とも呼ばれており、含まれている栄養素が壊れにくく、栄養価が高いのが特徴的。

そして、溶剤抽出は溶剤を使用して、米油を抽出する方法なので、値段が安いのが特徴です。

【2】こだわりがあるなら原料もチェック

三和油脂 amazon.co.jp

米油には、国産のお米を使った商品と、外国産のお米を使った商品があります。

気になる人は原料となる、お米の産地をチェックしてみましょう。また、国産のお米を使用していても地域が異なるので、地域をチェックするのもおすすめです。

【3】パッケージは紙か瓶がおすすめ

メリリマ(meririma) amazon.co.jp

米油だけに限ったことではありませんが、食用油は酸化しやすく繊細な食品です。そのため、光や空気を通しにくい、ガラス瓶または紙のパッケージがおすすめ

プラスチックボトルの米油を購入するときは、短期間で使い切れる量の商品を選ぶようにしましょう。

米油のおすすめ7選

ボーソー油脂
国産米ぬか使用 米油 1350g
1,080円(税込)
4.3
4.3 Stars
56件)
創業75年以上の歴史ある食用油メーカーのコスパ◎な米油
創業75年以上の歴史を持つ『ボーソー油脂』の米油です。原料となるお米は国産のものを使用しています。また、食用油特有の油のニオイが抑えられており、クセのない米油です。内容量は、1350gと大容量なのでコスパも◎。
内容量
1350g
抽出方法
溶剤抽出
容器
プラスチック
原産国
国産
三和油脂
まいにちのこめ油
1,030円(税込)
4.1
4.1 Stars
100件)
普段使いしやすい紙パックで品質劣化を防ぐ植物油
『三和油脂』の『まいにちのこめ油』は、酸化によって品質が劣化しやすい点に注目し、バリア性の高いフィルム加工を施した紙パック容器を使用した植物油です。国内生産の米ぬかを使用。さっぱりとした揚がり具合で、香りもないため料理本来の味を損ねません。生食・炒め物など幅広く活躍する1品です。
内容量
1500g
抽出方法
容器
紙パック
原産国
国内産(山形県)
ホクレン農業協同組合連合会
北海道こめ油 600g
755円(税込)
4.8
4.8 Stars
6件)
北海道産のお米を原料に使用して専用工場で作られた米油
「北海道こめ油」は、北海道で採れたお米の米ぬかを原料として使用しています。また、原料であるお米は、遺伝子組み換えではないものです。そして、米油が作られる工場は、北海道にあるお米専用工場で製造されています。
内容量
600g
抽出方法
容器
プラスチック
原産国
国産(北海道)
築野食品工業
圧搾一番搾り 国産こめ油 600g
1,200円(税込)
4.1
4.1 Stars
43件)
歴史ある圧搾製法で製造!リーズナブルに楽しめる米油
『築野食品工業』の「圧搾一番搾り 国産こめ油」は、江戸時代からある圧搾製法で作れられた米油です。圧搾製法は、栄養が壊れにくく、高い栄養価があります。圧搾製法の米油のなかでは、比較的リーズナブルな商品なので、米油を初めて試す人にもおすすめです。
内容量
600g
抽出方法
圧搾製法
容器
プラスチック
原産国
国産
メリリマ(meririma)
米ぬか油660g
1,600円(税込)
4.2
4.2 Stars
91件)
低温抽出製法で作られた米油はクセやニオイが少ない!
『メリリマ』の米油は、従来の米油の製法である圧搾製法や溶剤抽出でもない低温抽出製法で作られています。また、トランス脂肪酸の精製を抑えた製法でもあります。そして、クセやニオイが少ないので、ドレッシングなどにも使用しやすいです。ボトルのデザインもおしゃれなのがポイント。
内容量
660g
抽出方法
低温抽出法
容器
原産国
国産
三和油脂
コメーユ 450g
1,550円(税込)
4.1
4.1 Stars
89件)
初めて使う人にも!一人暮らしさんにもおすすめの米油
国産の新鮮なお米を原料とした米油。圧搾製法で作られているので、クセが少なく、栄養価も高いです。また、料理にコクを加えてくれます。少量なので、まずは米油を試してみたい人や一人暮らしをしている人にもおすすめです。
内容量
450g
抽出方法
圧搾製法
容器
原産国
国産
築野食品工業
こめ油
1,000円(税込)
4
4 Stars
1548件)
天然栄養成分を含んだ国産の植物油
『TSUNO(築野食品工業)』の『こめ油』は、お米(米ぬか・米胚芽)が100%原料の植物油です。高温に強く、天ぷらや揚げ物はカラッと仕上がります。油の痛みも少ないため、繰り返し使用できるのが嬉しいポイント。無味無臭に近く、生の野菜にかけるドレッシングにもおすすめです。
内容量
1500g
抽出方法
容器
プラスチック
原産国
国産

米油おすすめ商品比較一覧

商品画像
ボーソー油脂
三和油脂
ホクレン農業協同組合連合会
築野食品工業
メリリマ(meririma)
三和油脂
築野食品工業
商品名
国産米ぬか使用 米油 1350g
まいにちのこめ油
北海道こめ油 600g
圧搾一番搾り 国産こめ油 600g
米ぬか油660g
コメーユ 450g
こめ油
特徴
創業75年以上の歴史ある食用油メーカーのコスパ◎な米油
普段使いしやすい紙パックで品質劣化を防ぐ植物油
北海道産のお米を原料に使用して専用工場で作られた米油
歴史ある圧搾製法で製造!リーズナブルに楽しめる米油
低温抽出製法で作られた米油はクセやニオイが少ない!
初めて使う人にも!一人暮らしさんにもおすすめの米油
天然栄養成分を含んだ国産の植物油
最安値
906
送料要確認
詳細を見る
1030
送料要確認
詳細を見る
755
送料要確認
詳細を見る
1200
送料無料
詳細を見る
1600
送料無料
詳細を見る
1550
送料無料
詳細を見る
980
送料要確認
詳細を見る
内容量
1350g
1500g
600g
600g
660g
450g
1500g
抽出方法
溶剤抽出
圧搾製法
低温抽出法
圧搾製法
容器
プラスチック
紙パック
プラスチック
プラスチック
プラスチック
原産国
国産
国内産(山形県)
国産(北海道)
国産
国産
国産
国産
商品リンク 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る

米油とその他の油の違い

メリリマ amazon.co.jp

米油以外にも植物性の食用油があります。そのなかでも馴染みがあるのが、サラダ油や菜種油、オリーブオイルです。

ここでは、米油とそれらの食用油の違いについて解説します。

種類

原料

テイスト

加熱調理

生食

米油

お米(米ぬか)

さっぱり

サラダ油

アブラナなどの植物

ややクセがある

菜種油

アブラナ

淡白

オリーブオイル

オリーブ果実

コクがある

米油とサラダ油・菜種油の違い

メリリマ amazon.co.jp

植物性の食用油のなかでも馴染みがある、サラダ油と菜種油。米油との違いは、原材料はもちろん、含まれる栄養素や料理の仕上がりに出てきます。

サラダ油は、アブラナなどのさまざまな植物を原材料として使用しており、トランス脂肪酸とリノール酸を含んでいる食用油です。サラダ油で調理すると、料理がやや油っこく感じる傾向があります。

菜種油は、アブラナを原料としており、米油と同様にリノール酸とオレイン酸が含まれることに加えて、淡白な風味が特徴的です。

どれも揚げ物やドレッシングに使えますが、米油を使うとさっぱりしつつ、コクのある風味に仕上がります。

米油とオリーブオイルの違い

ボーソー油脂 amazon.co.jp

オリーブオイルは、オリーブの果実から抽出される植物性の食用油です。オリーブオイルには、ビタミンEとポリフェノール、オレイン酸が豊富に含まれています。

製法や純度によって異なりますが、オリーブオイルと米油の価格を比較してみると、米油の方が安い傾向にあります。

どちらも栄養価が高く、料理にコクが出るので、加熱調理にも生食にもおすすめです。

▼植物性食用油のおすすめ商品を10個紹介!

▼ココナッツを原料としたMCTオイルもチェック!

米油の通販サイト人気ランキング

※画像の一部はイメージです。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年5月)に基づいたものです。
※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2022年5月)に基づいたものです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

  • 64658
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

食品・レシピのデイリーランキング

おすすめのアイデア