欲しいテレビボードが見つからなかったら!2個のボックスと2枚の板だけで収納抜群のテレビボードを作ろう!

テレビボードってなかなか気に入ったデザインのものが見つからなかったりしませんか?
今回は2個のボックスを作り、2枚の板を取り付けするだけで作れるテレビボード作り方をご紹介します。
意外と簡単にDIYで作れてしまうので、ご自宅のスペースやテレビの大きさに合わせて、
カスタマイズして作ってみてくださいね!

我家のテレビボードはパイン集成材をスピーカーの上に置いてあるだけの仕様でした。
スピーカーのフォルムが好きなのでお気に入りでしたが、土台にしていたスピーカーの
劣化が激しいのと、乗せてあるだけなので耐震性がなかったので、
今回はこの元のパイン材を再利用して、テレビボードを作りました。

全体の仕上がりのサイズは
W1900×H488×D390(㎜)

パイン集成材
上W1900×D390×t30 1枚
下W1430×D390×t30 1枚

同じサイズのボックスを2つ作ります。

木材はランバーコア合板を使用しました。
カットはホームセンターでカットしてもらいました。


箱状に組立ます。

中に棚板をつけると塗りにくくなるので、この状態で塗装します。
グラフィテーペイントのブラックを薄めて刷毛でさっと塗っていきます。

乾くと塗っているときよりも明るくなります。
収納ボックスの中を黒くしずぎると、中に収納したのもが見えにくいので、
なるべく明るめにしました。

外側はグラフィテーペイントのブラックをそのまま塗装。

均等のピッチで中の棚板を取り付けました。
塗装してから取り付けるつもりで、忘れて取付してしまったので、
このあと、塗りました。

扉を取り付けますが、その前にステンシル!

グラフィテーペイントのフロア用のホワイトでステンシルしました。

ステンシルの塗料が乾いたら、上からワトコオイルのダークウォルナットを
塗装しました。
ステインの部分には塗料が入らないので、布で拭くとステンシルのロゴが
しっかり見えてきます。

蝶番を扉の板に取り付けします。

扉のサイズはBOXの内側に取り付けする場合は
各面に対して、2㎜引きます。
蝶番を内側に取付する場合は取付側を更に4㎜引きます。

ボックス側にビスで固定します。
蝶番を内側に収める場合は、
一度に全部とめてしまわないで、蝶番1個にビスを一か所とめて、一度閉めてみて、
しっかりと閉まれば、そのまま全部ビスでとめていきます。

1回では閉まらないこともあり、少しずらしてまた閉めてと、調整しながら取付します。
間違えたビス穴がいくつも開いてしまうと、微調整しようと思ってずらしても、
穴にビスが誘導されてしまうので、仮止めで調整していきます。

蝶番を隠すタイプの内側取付は少し難しいので、外側取付(蝶番が見えてきます)でもよいです。

ロールキャッチも取り付けます。
久しぶりに取付るので、あれ?どうだっけ?となり、
自分の本を見ながら取付ました。(笑)

著書に蝶番やロールキャッチの取付方を詳しく載せています。

『let's diy! カフェみたいなお家を作ろう』宝島社から発売中

ロールキャッチをつけるとしっかりと閉まって、
あいてくることがないです。
安価なものなので、一度挑戦してみてくださいね。

扉が完成しました。

横からみると、こんな感じにステンシルしています。

パイン集成材とボックスを固定していきます。

下の短い板の位置は、前に使っていたキャスター付きのボックスが入る高さに設定して、
扉付きのボックスの内側からビスでとめました。
長い天板はBOXの端と位置を合わせてボックス内側から上にビスでとめて固定しました。
そのあと、ボックスの裏側を薄い合板をビスで固定します。(背板です)

完成です。
オーディオやキャスター付きのボックスも収納して、テレビも置いてみました。

扉をオープン!
ダイソーのㇷ゚ラボックスにwagon worksオリジナルラベルをぺたり!
CDやDVDがピッタリ収まる高さにしてあります。

Wiiリモコンが増えすぎて、
ここに収納することにしました。

二つのボックスを作り、あとは2枚の板を取り付けするだけの簡単なテレビボードです。
ぜひ、ご自宅のスペースやテレビの大きさに合わせてカスタマイズして作ってみてくださいね!

chiko ライブドア公式ブロガー
DIYクリエイター・スタイリスト
ブログ 『STUDIO IN THE AFTERNOON ☆毎日がDIY☆』
たくさんのアイディアやリメイクや作り方を紹介しています。
ぜひ、遊びに来てくださいね!

『let's diy! カフェみたいなお家を作ろう』宝島社から発売中

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー