セリアで発見!野菜収納に最適なガーデニンググッズ

形や大きさが揃わない、玉葱やじゃがいもなどの根菜類。
固い素材の収納用品だと、入らないこともありますよね。
そんな根菜類の収納に最適な、ガーデニンググッズをセリアで見つけましたのでご紹介いたします。

  • 20330
  • 272
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オススメはセリアのジュート鉢カバー

ジャガイモや玉ねぎなど形が不ぞろいの野菜は、どれくらいの大きさの収納用品がよいのか?迷いますね。
形によっては隙間はあるのに収納用品に入りきらない・・・なんてこともあります。

そんな時は、固い素材の収納用品より柔らかい素材の収納用品が便利。

オススメは、セリアのジュート鉢カバー。
元々は鉢カバーですが、野菜の収納にピッタリのおすすめ商品です。
(トップの写真は2枚ですが、1枚108円の商品です。)

見た目のオシャレ感もさることながら、機能的にもとても優れものです。
そのポイントをいくつかご紹介しますね。

中はビニールコーティング

このジュート鉢カバー、中はビニールコーティングされています。
全てがジュート素材だと土や玉葱の皮などが引っかかり、細かい汚れが気になりますね。
でもこの鉢カバーは、中がコーティングしてあるのでお手入れも簡単です。

まず、ツルッとした素材のため汚れがつきにくいです。
そして、お手入れする時は固く絞った布で水拭き、または軽く水洗いして乾かしておくだけ。
最後に除菌用のアルコールスプレーなどを吹きかけておくと、安心ですね。


変形するのでザックリした仕切りに便利

このように中身の形や大きさに合わせて変形するので、固い収納用品や仕切りのように「隙間は空しゅいているのに入らない」ということもありません。
そして、野菜室の中を種類別にザックリと分けたい場合にも便利です。

冷蔵庫の野菜室は色々な種類の食品を入れるため、奥や隅に入っているものは忘れがちです。
こういった収納用品を使ってある程度のカテゴリー分けをしておくと、隅の方で見えなくなってしまった野菜が傷んでしまうことも防げるでしょう。

中身がなくても自立します

この商品は底の部分がしっかりとした作りになっているので、中身が入っていない時でも写真のように自立します。
柔らかい袋状の収納用品(例えばフリーザーバッグなど)を使う場合、中身が少なくなると倒れてしまい野菜室の底に埋もれてしまいます。
しかし、このように自立する収納用品を使うことにより、量が少なくなっても埋もれて忘れてしまうことがありません。

また、定番でよく購入する野菜については、中身が無くなっても収納用品を置いておくことで定位置を決めることが出来ます。
そのメリットは、空いた空間に他の食品を入れてしまい、定番の食品を購入した時に入れる場所が無くなるということを防げます。
定番にもかかわらず場所があちこち移動すると、在庫がないと思って二重に購入してしまうこともあるかもしれません。
出来れば常に購入する定番の食品は、定位置を決めておくとよいですね。

冷蔵庫管理の最低ラインは「忘れないこと」

根菜収納に「セリアのジュート鉢カバー」、いかがでしたでしょうか。

冷蔵庫や冷凍庫の食品管理で最低限必要なことは、「忘れないこと」です。
忘れずに食品を管理し使い切ること、そして二重買いを防ぐことで経済的な良い効果もあります。

そのためには、どこに何を入れているのか?という大まかなカテゴリー分けと定位置管理が必要です。

冷蔵用品にはトレーやケース、根菜類にはジュート鉢カバー、是非お試しくださいね。

  • 20330
  • 272
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私は「片づけられない女」から「ライフオーガナイザー」になりました。 子どもの頃からお片づけがとっっても苦手で、 そのまま「片づけられない女」へと成長し、 部屋の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード