20・08

独身男性1名が暮らす築40年近い集合住宅の1室の全面リフォーム。 角地に建つ建物の4階コーナー部の不整形な外形の住戸であり、 窓は西と北面に向いているため日照条件はあまり良くない。既存の間取りは 和室2室にオープンなLDKが面する昔ながらの2LDKであったが、主に夜間~ 朝までしか使用しない一人住まいであることを考えてその時間帯を快適に過ごせる ように普段のライフスタイルをそのまま反映した新しい間取りとした。 従前の3室を仕切っていた壁は撤去され、新しく設けられた独立壁によって リビングルーム、ワークルーム、ベッドルームとに最適な面積配分でゆるく仕切り、かつて LDと一体化していたキッチン、水廻りは逆にLDとは距離をおいた空間として再構成し、 生活感をコントロールしやすくしている。 使用できる面積は当然限られているため、キッチンやトイレなども用途を限定せず 室内の各所で様々な用途がクロスオーバーした、住人の生活作法をそのまま空間化した 無駄のない空間としている。

  • 795
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 795
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

神奈川県葉山町の設計事務所です。横浜市や湘南方面、東京都内でも住宅を中心に数多くの設計を行ってきました。無料設計相談などもお受付しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード