sakura荘

鎌倉に残された山の頂上近く、緩やかに湾曲する道路の内側の谷がこの3世帯住宅の敷地である。全面傾斜地である分、春には桜の花で埋め尽くされる鎌倉らしい緑の濃い山の風景を望むことができる。谷のまま残されていたこの敷地にも元の所有者が植えたサクラの大樹が2本鎮座していて、そのサクラの樹を伐らずに残すことを前提として建物は2本のサクラの樹に埋もれるようなかたちとなった。元の自然地形に余計な負荷を与えないように敷地には造成を施さずに独立基礎による高床形式の木造2階建てとしていて、ゆるやかな坂道である前面道路の高低差を活かしてそれぞれ別に玄関を設けた完全分離型の3世帯住宅となっている。各世帯ともに谷の風景やサクラの花を楽しめるテラスがそれぞれ設けられていて、その快適な半外部空間が各世帯のつながる共有のスペースとなっている。

  • 715
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 715
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

神奈川県葉山町の設計事務所です。横浜市や湘南方面、東京都内でも住宅を中心に数多くの設計を行ってきました。無料設計相談などもお受付しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード