池上の家

低層住宅地であるが,少々交通量の多い道路に面する敷地。近接する住居や道路からのプライバシーを確保しつつ、近くに望める公園の緑の風景を取り込めるように3階建として計画している。厳しい高さ制限、建ぺい率、容積率制限の中で、動線を最も効率よく配置することで、家族構成、部屋数の増減にも柔軟に対応できるような、あいまいな間取りとしている(最大で5ベッドルーム可能)。外観的には閉鎖的な表情の2つの箱の入れ子構成としていて、その空隙がプライベートな半外部空間となって床面積以上の居住空間の広さを生み出している。敷地の目一杯を利用した建物ではあるが、アプローチを深く引き込み、街と住宅との距離感を生むことで、隠れ家的な空間演出を行なっている。

  • 954
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 954
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

神奈川県葉山町の設計事務所です。横浜市や湘南方面、東京都内でも住宅を中心に数多くの設計を行ってきました。無料設計相談などもお受付しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード