子供部屋をDIYでおしゃれに!収納・ベッド・インテリアなどのアイデアを大公開

子供部屋をDIYするアイデアを大公開します!この記事では女の子のお部屋のDIY事例やロフトベッドのDIY事例をご紹介していきます。子供部屋といえば悩みの種になるのは収納ですよね。そこで、クローゼットやベンチとしても使える収納BOXをDIYする方法や、100均アイテムで作るインテリアグッズのアイデアや作り方まで幅広くご紹介していきます。是非参考にしてみて下さい!

DIYで作られたとっても可愛い女の子のお部屋を見学してみよう!

まずは、子供部屋をDIYされている事例をご紹介します!

icchiさんは娘さんのお部屋をDIYで作られています。

子供部屋となるリビング横の部屋は、元々は引き戸で仕切られていたそうですが
引き戸を外し、そこに仕切り用の壁と窓枠をDIYされたそうです。

さらに、icchiさんは子供部屋用の新たなドアをDIYされています。
写真から見てもわかる通り、とても本格的に作られていますね。
完成まで2週間かかったそうです…

ドアにはおしゃれなアンティーク加工も施されています。

子供部屋の中から見たリビングの様子がこちら。
窓枠にブラインドを取り付ければお子さんが寝る時にはプライベートな空間が出来上がりますね!


▼icchiさんの子供部屋DIYのアイデアはこちら▼

子供部屋(女の子)

我が家の娘の部屋を紹介します。 娘に部屋を作ったのは1年前。5年生の時です。それまでは特に子供部屋を作っていませんでした。小さなうちから子供部屋を作ってもそれほど利用しないと思うし、好みも変わってしまうだろうと思っていたからです。 娘が部屋を欲しがるようになり、どうせ作るならちょっとおしゃれなお部屋がいいなと思い、思いきってdiyしました。

icchi

さらに、icchiさんは子供部屋だけでなく娘さん用の収納家具もDIYされています。

まずはこちらの収納家具、上段はクローゼットとしても使える作りになっており、
下段には収納ケースをいっぱい入れることができるため
高い収納力が期待できそうですね!

また、扉の代わりにカーテンを使うことにより
スペースを有効に活用することができるそうです。

上の画像右側にあるクローゼットは、元からあったクローゼットの扉をベニヤ板でリメイクし
おしゃれな雰囲気に仕上げられています。

さらに、ベッドの下には引き出し型の収納をDIYされています。
細かいものも収納でき、スペースを無駄なく使うことができますね!

ベッドの横にはこちらのIKEAのテーブルを土台とした小さめのクローゼットを作られています。

子供部屋をDIYすることによってお好きな雰囲気の部屋を作れるだけでなく、収納を思い通りに作ることができるので
お子さんの持ち物も片付けやすくなりそうですね!


▼icchiさんの子供部屋収納アイデアはこちら▼

立派な子供用ロフトベッドもDIYできます

子供部屋に欠かせないアイテムの1つとして、ベッドが挙げられます。

そこで、ここではcaplico71さんが5歳の娘さんのためにDIYされた子供用ロフトベッドをご紹介します。
手作りとは思えないほど本格的で立派な作品となっているので必見です!

今回製作するロフトベッドは全て木材を使って作られています。

木材をベッドの高さに合わせて接着し、組み立てています。

寝床の部分も板で作られています。

ベッドの下にはおしゃれな板壁風の小窓を設置されています。
また、窓枠部分がはしごも兼ねているそうです。

補強加工や柵の取り付けを行い、最後に塗装すれば
おしゃれな子供用ロフトベッドの完成です!

このように、まるでお店に売っているようなしっかりしたベッドもDIYすることができるのですね。


▼caplico71さんのアイデアはこちら▼

LABRICOクローゼットもDIYで収納付きキッズクローゼットに

子供部屋があるご家庭では、お子さんの衣類も子供部屋にまとめて収納できたら便利ですよね。

ここでは、LABRICO(ラブリコ)という女性や家庭向けに作られたDIYパーツブランドのキッズクローゼットを使った、子供用クローゼットのDIY事例をご紹介します。

ChiakiさんはLABRICOのクローゼットをさらにリメイクして洋服の収納スペースを作られています。

こちらがLABRICOのキッズクローゼットです。

クローゼットには欠かせないハンガーラック、
ここではガス管のパイプを使ってDIYされています。

ガス管で作ったハンガーラックはとても丈夫なため、
上の画像のように洋服をたくさんかけてもビクともしないそうです。

さらに、ハンガーラックだけでは足元に空きスペースができてしまうので、
クローゼットの足元にも洋服を収納できる棚をDIYされています。

材料には土台用の板、棚板用支柱、ダイソーのスクエアボックスを使用されているそうです。

土台用の板は棚板用支柱とLABRICOのクローゼットで支えるため、
棚板用支柱の溝の高さに合わせてクローゼットにブラケットを取り付けます。

このように支柱4本文の高さを揃えることで、棚板を水平に取り付けることができます。

板の前方はビスで固定し、補強しているそうです。

収納棚にスクエアボックスを置き、その中に洋服を収納すれば完成です!

元々は支柱部分のみだったLABRICOのキッズクローゼットがDIYによって
収納棚付きの大容量クローゼットへと大変身しました!


▼Chiakiさんのアイデアはこちら▼

子供部屋収納BOX付きベンチの作り方

言うまでもないですが、物を片付けるためには収納場所が必要になってきます。
しかし、子供部屋においてもスペースの都合などで収納場所を確保できない場合も考えられます。

そこで、椅子としても使用することができ、
中には収納スペースを兼ね備えたボックスチェアーの事例と作り方をご紹介します!

ここでは、先ほどもご紹介したChiakiさんが、お子さん用にDIYされたボックスチェアーを参考にさせて頂きました。

用意するもの

【材料】
・端材
 30cm×80cm ×4枚
 30cm×30cm ×2枚
・フェイクレザー生地
・ストッパー付きキャスター ×4個
・クッション用ウレタン
・蝶番 ×2個

【工具】
・ドライバー
・ビス
・カッター
・タッカー

など

作り方

端材の厚みを考慮してビス留めする場所に適宜下穴を開けていきます。

端材を箱型に組み立てていきます。
ビス留めをする際はそれぞれの辺に対して上下の角と真ん中の計3箇所をビス留めしていきましょう。

箱の底部分のよすに身はそれぞれビスでキャスターを取り付けていきます。

なお、この収納BOXは椅子としても活用するため、
ストッパー付きのキャスターを選びましょう。

次に、クッション部分を作っていきます。

クッションとして使用するウレタンを端材の大きさに合わせてカッターでカットします。
フェイクレザー生地は端材を覆うように取り付けるため、
端材よりも大きめに余裕を持った大きさにカットしておきましょう。

それぞれの材料をカットし終えたら
裏表にしたフェイクレザー生地、ウレタン、端材の順番に乗せ、タッカー留めしていきます。

このとき、タッカーでフェイクレザー生地の片面を止めていき、生地を引っ張りながら反対側の面をタッカー留めしていくといいそうです。

クッションの四隅の部分は少しづつ生地のひだをとって何度かに分けてタッカー留めしていくといいそうです。

生地を全てタッカー留めした様子がこちらです。

この面は収納BOXのフタの部分にあたるため、開閉時に目に入る場所となるので
スッキリ見せるようにさらに上からフェイクレザー生地をタッカー留めするといいそうです。

フタが完成したら蝶番で本体の箱に固定します。

これで収納つきボックスベンチの完成です!

フタを閉じた様子がこちら。
外見は2人用のベンチと相違ないですね!

Chiakiさんはこの収納BOXの中にお子さんのおもちゃなどを収納されているそうです。
箱の中の空間を全て収納に使えるのでかなりの大容量収納スペースができあがりました!

また、フタを閉じれば椅子としても使えるので
来客があった時なども臨機応変に対応することができそうですね。


▼Chiakiさんのアイデアはこちら▼

お店屋さんごっこ⁈100均アイテムで作るおしゃれなショーケース

最後に、お子さんののおままごとグッズにも使える、
全て100均の材料で作ることができるショーケースの事例と作り方をご紹介します。

おしゃれなショーケースが子供部屋にあれば、
収納グッズとしても、おもちゃとしても使えて一石二鳥ですね!

ここでは、我が家さんのアイデアを参考にさせて頂きました。

用意するもの

【材料】
・セリアのネット付きフレーム ×3
・セリアのW45の木板 ×3
・セリアのすのこ ×1
・蝶番 ×3

【工具】
・ビス
・ドライバー

など

作り方

組み立てる前に、材料にアンティーク風のペイントを施していきます。
我が家さんは枠をアンティークブラウンの色に塗装し、網は黒色に塗装されています。
アンティーク加工には水性塗料、黒の靴墨を使用されているそうです。

さらに、端をやすりがけすることでダメージ感を与えることができるそうです。

塗装が終わったら木材を組み立てていきます。

3枚の板のうち、2枚を上下に使います。さらに、残りの1枚は半分にカットし、
1つの角を少し斜めにカットして側面に使用します。

また、すのこのうち1本を手前側の下に当てておきます。

フレーム3枚を使って扉を作ります。
フレームを横に並べて接着し、お好みで取っ手用の金具を取り付けていきましょう。

蝶番を使って扉を取り付けていきます。

お好みで細かい加工などを加えて完成です!

こちらのショーケースは子供用のおままごとグッズとして使えるだけでなく、
実際にキッチンなどに置いても使えるとても実用的な作品になっています。


▼我が家さんのアイデアはこちら▼

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、子供部屋で使える収納や家具、インテリアグッズのDIYアイデアをご紹介してきました。

DIYで作った作品は既製品を購入するのとは違い、手作りならではの温もりが感じられるので
お子さんも喜ぶこと間違いなしですね!

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー