子供部屋

子供部屋作りはお子様の好みも考える必要があり、お子様の成長に合わせて子供部屋の家具はどういうものにすれば良いのか変わってくるため、子供部屋のインテリアも悩みどころですよね。ここではベッドや秘密基地などといった子供部屋のインテリアのDIYや、お子様のおもちゃの収納グッズなど多岐に渡ってアイデアを紹介しています。お子様の喜ぶ顔がみたい... お子様が自分の部屋が欲しがる年頃になってきた...という方にもオススメです。あなたもこれらのアイデアを見て、子供部屋のアレンジに挑戦してみてください。

  1. 家の中に小さな家が!独立心重視の子ども部屋

    成長した子どものために個室を作るという、2回目のリノベーションの事例。今回もそんな「家の中に小さな家を作った」大胆で楽しい子ども部屋です。 前回のリノベーションは、14年ほど前でお子さんはまだ2歳でした。辻さんは「子育てには生活リズムが大切」と考え、昭和的な暮らしを再現。畳の小上がりに、布団を敷いて寝て、ちゃぶ台を出してご飯を食べるというように、家族で規則正しく暮らしていました。 広めの土間には、キッチン、トイレ、浴室、クローゼット、ワークスペースがあり、小上がりと土間を同時に作った、今のリノベーションの礎(いしずえ)になるような画期的なリノベーションでした。 それから時が経ち、お子さんが成長して高校生になったタイミングで、土間のワークスペースを子ども部屋にすることに決定。それは、家の中に小さな家を作るアイデアです。 ベッドとデスクがある4畳半ほどのスペース。ベッドは、収納つきの2段ベッドにしたので、まるで2階建てのような雰囲気です。壁の傾斜部分に天窓をつけたら、本当の屋根のように見えます。元はワークスペースだったので、そのときのデスクを生かして、子ども部屋にもデスクを設置。子どもの成長が楽しみな「家の中の小さな家」の子ども部屋ができあがりました。

    ブルースタジオ
    • 3836
    • 3
  2. 【簡単DIY】付けて良かった♡ドアの指挟み事故防止アイテム

    子どもが遊んでいるとき、ドアの蝶番の隙間に指が挟まれそうになって「危ない!」と思ったことはありませんか? 子どもの手は大人と違い、狭い隙間に入ってしまうほど小さいもの。そんな事故防止には『セイキ販売』の『指はさまんぞう』が取り付けも簡単で扱いやすくオススメです♪ いざという時に頼りになる『指はさまんぞう』をチェックしてみましょう!

    セイキ販売株式会社
    • 29457
    • 46
  3. もう床に放置させない♫ランドセル収納

    皆さん、お子さんのランドセルはどのように収納されていますか? 学校から帰ってきて、床にランドセルを放置したまま遊びに行ってしまうお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか?^^ 我が家は二階に子ども部屋があります。 学校から帰宅後、なかなか部屋までランドセルを置きに行くことはないので、 そのまま遊びに行ってもいいよう、玄関に一つ、そして子ども部屋に一つの計二箇所にランドセル置き場を設けています。

    mami
    • 40301
    • 139
  4. マステを貼るだけ♪混ざったパズルのピースを劇的に片付けやすくする方法

    お子さんがいるママさん・パパさん必見! 幅広い年齢の子どもに人気のパズル遊びですが 兄弟や友だち同士で遊んでいるうちに いつのまにかピースが混ざって 片付けるのに一苦労した経験はありませんか? そんな時はマステを活用すれば 複数のパズルが劇的に片付けやすくなりますよ♪

    ____pir.y.o
    • 41471
    • 404
  5. 【子供部屋】小学一年生の収納づくり。専業主婦と共働きで比べてみました

    4月になり、新学期が始まりますね! 幼稚園までは親だけが管理していたプリントも少しずつ子供自身が管理できる仕組みに変えていきたいところです。 今回は、毎日持って帰るプリントをどう処理していけば良いのか?そんなアイデアをご紹介します

    おうちデトックス 大橋わか
    • 94493
    • 1013
  6. 【専門家監修】おしゃれなリフォームの秘訣を写真付きで4点解説

    リフォームは家の原状回復だけでなく、自分の理想のデザインを実現することもできます。予算内でおしゃれなデザインのリフォームがですよね。「リフォームはお金がかかるからこそ、しっかりと細部までこだわりたい」という方は必見です。今回は競合住宅会社もそのデザインを参考にすることで知られる、北九州市の〔(株)なかやしき〕さんにご協力を願い、おしゃれに仕上げるデザインリフォームのコツを徹底的に教えていただきました。

    LIMIA 住まい部
    • 8912
    • 14
  7. 【専門家監修】子ども部屋のリフォームに悩んでいる方は必見!さまざまな種類をまとめ

    子どもが2歳の時に購入したマイホーム。大人も年齢を重ねることにより住宅に不都合や不便さが出てきますが、子どもの成長は大人の比ではありません。2歳だった子どもも10年経てば12歳。小学校6年生に成長するのです。異性同士の“きょうだい”で使っていた部屋を2つにわける、足りなくなった収納を増やすなど、子ども部屋のリフォームをすることはある意味当然なことといえます。今回は、そんな子ども部屋のリフォームの種類や費用についてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 7861
    • 10

おすすめのアイデア

83件中 1 - 20 件を表示