ぜんざい(善哉)とおしるこ(お汁粉)の違いって何?知っているようで実は知らない<ぜんざいとおしるこの違い>とは

寒い時期になると食べたくなる、おしるこ(お汁粉)やぜんざい(善哉)。甘くて温かくて、食べるとほっこりしますね。そんな2つ、何が違うのかご存知ですか?今回は、ぜんざい(善哉)とおしるこ(お汁粉)の違い、名前の由来をご紹介します。

  • 12787
  • 9
  • 1
  • クリップ

関東における「ぜんざい」と「おしるこ」の違い

関東と関西で善哉とお汁粉の分け方は違うようです。まずは関東から見てみましょう。

おしるこ:汁気があるもの
ぜんざい:汁気がなく、餅や白玉が添えられているもの

おしるこの中でも、粒あんを使っているものを田舎汁粉、こしあんを使っているものは御膳汁粉と分けられているそうです。ちなみに関東では、角餅を使うことが多いと言われています。

関西における「ぜんざい」と「おしるこ」の違い

次は関西での分け方を見てみましょう。

ぜんざい:汁気があり、粒あんを使ったもの
おしるこ:汁気があり、こしあんを使ったもの

他にも、汁気がなく、粒あんを使い、餅を添えたものを亀山や金時と呼ぶそうです。関西では、丸餅を使うことが多いとか。関東と関西では、認識の違いがあることが分かりますね。

ぜんざいとおしるこ、それぞれの名前の由来

名前の由来については、いくつかの説があるようです。

善哉は、仏教語で「すばらしい」という意味だそう。
ある僧がぜんざいを「善哉(ずばらしい)」と称したことが由来と言われていたり、一休禅師がぜんざいを食べた際、「善哉此汁」と言ったことが由来とも言われているとか。

他の説としては、出雲地方の神事でふるまわれた「神在餅(じんざいもち)」が変化して、ぜんざいとなったという説も。餅と小豆を一緒に煮たものを、神前に出していたそうですよ。

どの説も古く、ぜんざいやおしるこは昔から食べられていたことが伺えますね。

おわりに

ぜんざい(善哉)とおしるこ(お汁粉)の違い、名前の由来をご紹介しました。ぜんざいやおしるこを食べる際には、違いを意識してみるのもいいですね。

【レシピ】ダッチオーブンで煮るから手間なし&あずきふっくら「ぜんざい」

ダッチオーブンでアズキを煮て、ぜんざいを作ってみませんか。コンロでアズキを煮る場合は火加減を気にしながらコトコトと煮ますが、ダッチオーブンなら入れっぱなし&お任せで手間なしです。

【あわせて読みたい】

  • 12787
  • 9
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー