【DIY】ベランダをオシャレに!賃貸でもOKなリメイク術も実例で詳しく紹介

ベランダの簡単リフォーム術を実例4例紹介! ベランダをウッドデッキにする本格的なものや、床に人工芝やタイルを敷くだけの簡単DIY、100均アイテムを使ったものや、賃貸でもできる方法まで紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 356825
  • 611
  • 0
  • いいね
  • クリップ

すのこと人工芝でベランダをDIY!

ベランダというと、多くの人にとっては洗濯物を干すだけの場所だと思われてしまいがちです。

しかし、ちょっとリフォームすることで、くつろげる空間にすることができるんです!

まずはannさんのアイデアをご紹介します。annさんは、人工芝とすのこを活用してベランダをおしゃれにDIYしています。

塗装したすのこを柵に設置することで、温かみのある印象になりました。固定には結束バンドが使用されているので、取り外しも簡単です。

飾り付けにはステンシルとフェイクグリーンが使用されています。

室外機のカバーもすのこでDIY。無機質な室外機を隠せるだけでなく、上に物を置くことができるようになるので一石二鳥ですね!

ベランダに人工芝を敷くことで、爽やかな印象を与えることができます。

水をやったりする必要がないので、「緑が欲しいけどガーデニングは面倒」という方におすすめです。ウッドパネルを一緒に並べれば、見た目が良くなるだけでなくベランダに出る際にも便利ですね!

ホームセンターや100均で購入できる材料だけでDIYしたのですが、無機質だったベランダが一気におしゃれに生まれ変わりました!

現在annさんは、キャンピングチェアを持ち込んだり、休日にビールを飲んだりするほどベランダがお気に入りになっているそうです。

▼annさんのアイデアはこちら▼

ウッドデッキにリフォームして外国風に!

海外の家にあるようなウッドデッキに憧れたことのある方は多いでしょう。しかし、マンションやアパートに住んでいたりして、広々とした庭がない場合、ウッドデッキを設置するのは難しそうに思えます。

そんな時は、すのこを使ってウッドデッキをDIYしてみましょう。身近な材料を使うことで、外国風のおしゃれなベランダにリフォームすることができるんです! 菊菜さんのアイデアをご紹介します。

菊菜さんは、ベランダがただ洗濯物を干すだけの場所になっているのをもったいないと考え、ウッドデッキの設置を決めたそうです。

室内との段差をなくすことで外に出やすくなるように工夫がされています。

ウッドデッキとして使用されているのは木製品のモクモクさんの『バリューすのこ』。菊菜さんのベランダの奥行きにちょうど良いサイズだったとのことです。

幅は3〜8枚まで好きなサイズから選ぶことができるので、無駄なく購入することができますね!

すのこをベランダに敷くだけでは室内とベランダの間に段差があるままなので、ホームセンター等で販売されている2×4のSPF材を使ってウッドデッキの土台を作ります。

屋外用ステインのステインをSPF材に塗り、ベランダの形に合わせて組み立てます。
この上にすのこを置くことで、段差をなくすことができます。

細かい高さの調整やガタつき防止にはゴムが使用されています。

本来、脚として使うものではないそうなので、使用の際にはご注意ください。

土台が完成したら、上に塗装したすのこを乗せます。

写真ではネジで留められていますが、すのこを置くと重みで押さえられて動かなくなるので、必ず固定しなければならないというわけではないようです。

ウッドデッキを設置して段差がなくなったことで、気軽にベランダに出られるようになったそうです。

ベランダで植物を育てている方にも良さそうですね。海外風のベランダに憧れている方はぜひリフォームに挑戦してみてはいかがでしょうか?

▼菊菜さんのアイデアはこちら▼

賃貸でもできるDIYは?

ここまでベランダのDIYのアイデアをご紹介してきましたが、賃貸マンションと理由でDIYを諦めてしまっている方もいるかもしれません。

しかし、賃貸でベランダを傷つけられない場合でもベランダDIYは実現できるのです!

それでは、あーつんさんによる賃貸マンションでのベランダDIYアイデアをご紹介します。

こちらはDIY前の写真。コンクリートに染み付いた汚れが気になります。

しかし、賃貸なので修復など手を加えることはできない場合も多いです。そこで、賃貸向けの、とっておきのDIYをしてみました。

そしてこちらがDIY後の写真。壁に木材で作った柵を立てただけのシンプルなDIYですが、汚れが隠れ、木の温かみが感じられる素敵なベランダに大変身しています!

柵の作り方は、まずベランダの壁の高さと幅に合わせて木材をカットし、ワトコオイルで塗装します。

そして、壁の高さに切った木材を、幅に合わせて切った木材に対して垂直に釘で打ち付けていきます。打ち付ける際には板を挟んでおくときれいな等間隔になります。

木材を組み立てたら、あとはそれを壁に立てるだけです。こちらが設置後の写真。部屋からの眺めも非常に良くなっていますね!

賃貸にお住まいの方も、諦めずあーつんさんのようにベランダDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼あーつんさんのアイデアはこちら▼

白いタイルを敷き詰めて爽やかさをアップ

ベランダをアレンジしたいけれど、工具を使った大規模なDIYはしたくないという方は、市販のタイルを使用してみましょう。smileyさんのアイデアをご紹介します。

コンクリートの上に敷き詰めるだけで、大きく雰囲気を変えることができます。

築30年ほどのUR分譲マンションにお住まいのsmileyさんは、過ごしたくなるベランダを目指してDIYを勉強されているとのこと。築30年とは思えないほど清潔感のあるベランダですね!

ウッドタイルと白のタイルを交互に並べて市松模様に。タイルが入らない隙間に敷き詰めた白石が爽やかな印象を与えてくれています。

こちらはラティスとグリーンを置いた写真です。白のおかげでグリーンの映えるきれいなベランダになっています。

タイルは固定されていないので、掃除をしたいときや、元の状態に戻したいときでも簡単に片付けることができます。DIY・リフォームもしやすいですね!

▼smileyさんのアイデアはこちら▼

まとめ

ベランダのDIYアイデアをご紹介してきました。ベランダのDIYというと手間もお金も掛かりそうと思われがちですが、アイデア次第で簡単にできるものも多いです。

住居形態やベランダの広さを考えながら、DIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。ベランダから、自分の理想の居住空間にリフォームすることができますよ!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 356825
  • 611
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード