【DIY】お手軽に安くカーテンボックスを作ろう!

只今友人宅をリノベーション中です。
カーテンボックスはなければなくても良い物なのですが、カーテンボックスでカーテンレールを隠すとお部屋の雰囲気が変わります。
せっかくなのでカーテンボックスをDIYしてお部屋の雰囲気を変えてしまいましょう!

  • 3712
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まずは材料です!

写真左のベニヤ板の端材と182㎝にカットした木材を使います。
右側は同じ木材で窓枠をDIYしているのでスルーして下さい。

182㎝にカットしてもらった木材はホームセンターで3m65㎝で188円の激安木材を使います。

木材をL字に組み塗装します。

L字に組み釘打ちをしてミルクペイントforウォールのストロベリーシェイクで塗装しました。
L字に組んだ木材には1個50円相当のL字の金具を4つ付けます。
L字の金具で壁とカーテンボックスを連結します。

カーテンボックスを付けます。

カーテンボックスを付ける壁には下地が入っているところと入っていないところがあるそうです。
下地の入っていない場所にカーテンボックスをそのままネジ留めすると穴があいてネジがスポスポ抜けてしまいます。
下地が入っていない場所には上記の写真のアンカーボルトを使います。

アンカーボルトを壁につけます。

下地が入っていないのでネジ留めするところに印をつけてアンカーボルトを入れていきます。

間違えて下地が入っているところにアンカーボルトを入れてしまうと……

アンカーボルトが入らずに壁に穴があいてしまい失敗してしまいました。
下地が入っているのを確認してからアンカーボルトを入れましょう。
下地が入っているのを調べるには壁を叩くかホームセンターで販売されている下地センサーを使います。

カーテンボックスを壁につけます。

カーテンボックスは杉材とベニヤ板でできています。
見た目よりも軽いので、L字の金具にはネジ留めする場所が2箇所あるのですが、1箇所のみネジ留めします。
左から2番目の間違えて穴の空いてしまった場所はL字金具の下の穴のみネジ留めしました。
ネジ留めして上から壁と同じ色の塗料を塗ると目立たなくなりました。

これで完成です!

ビフォーからの

アフターです!

昔からあるカーテンレールが隠れるとスッキリしてインテリアも今っぽくなったような気がします。
カーテンを買い替えたのにカーテンレールの雰囲気が合わないと思っている方。
アンカーボルト、木材、L字金具で800円弱でできます。
簡単ですので良かったら作ってみてください。

  • 3712
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアが大好きです。 100均や端材リメイクも好きですが、DIYで自分好みのお家に変えていきたいと思っています。収納もDIYで整えて心地よい暮らしをしていき…

おすすめのアイデア

話題のキーワード