洗濯機掃除は重曹で!簡単な掃除方法と注意点を紹介

洗濯機は意外と汚れているのを知っていますか? 実は、重曹を使えば、洗濯槽の汚れを簡単に落とすことができます。今回は洗濯槽が汚れるそもそもの原因や、掃除のやり方を解説していきます。重曹とほかのアイテムを組み合わせたやり方や、おすすめなアイテムも紹介!洗濯機をすっきりきれいにしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 10241
  • 152
  • 0
  • いいね
  • クリップ

洗濯機汚れの原因はカビや雑菌

毎日使う洗濯機。実は雑菌などの汚れが溜りやすい場所であることを知っていますか?

洗濯機を使用していると、洗濯物から出た皮脂汚れや、洗剤の溶け残りが洗濯槽に溜まっていきます。せっかく洗った洗濯物にその汚れが付着してしまうのです。

また洗濯槽の汚れが付着した洗濯物を部屋干しすると、カビの胞子や雑菌が浮遊してしまうことも。お部屋の中の物にまで菌を蔓延させてしまうおそれがあるので、注意が必要です。

そんな洗濯機の汚れは「重曹」を使って掃除するのがおすすめ! 今回は、そのメリットや実際のやり方を紹介していきます。重曹以外のおすすめアイテムも紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね♪ 

洗濯機の掃除に重曹を使うメリット

洗濯槽の掃除に重曹を使うメリットは、消臭効果があることと、汚れを分解してくれることの2つ。その理由を詳しく見ていきましょう。

消臭効果がある

洗濯槽の汚れを放置していると発生する臭いの原因は、皮脂やカビです。皮脂やカビは酸性汚れなので、アルカリ性の重曹を使うことで中和され、臭いを抑えてくれます。

汚れを分解する

洗濯槽には衣類についている食べカスや皮脂汚れなどの酸性の汚れが蓄積します。弱アルカリ性の重曹は、洗濯槽に溜まるこういった汚れを中和し、除去することが期待できます。

重曹を使う洗濯機の掃除のやり方

ここからは、実際に重曹を使った洗濯槽の掃除方法を解説。洗濯槽掃除には、最低でも半日かかります。家事に支障が出ないように、計画的に行いましょう。

1. ごみ取りネットを外してぬるま湯を溜める

まず、ごみ取りネットを外しましょう。次に、ぬるま湯を洗濯槽に満タンまで溜めてください。重曹は約45℃でもっとも効果を発揮してくれます。洗濯機によって対応温度が異なるので、事前に確認をしてくださいね。

2. 重曹を入れてスイッチを入れる

重曹を入れて洗濯機を回しましょう。重曹の目安は1カップですが、汚れがひどい場合には少し多めにすると◎。

普通の汚れであれば、標準の洗いコースで問題ありません。より丁寧に洗える念入りコースがある場合には、そちらを選ぶのがおすすめ。5分ほどしたら、排水せずに洗濯機を止めます。

3. 放置する

洗濯機が止まったら、5〜6時間ほど放置しましょう。重曹の力で、洗濯槽にこびりついた汚れが剥がれていきます。浮いてきた汚れは、ごみ取りネットなどで根気よくすくい取りましょう。

4. 洗濯機を回して汚れを取り除く

汚れをきれいに取り除いたらもう一度、5分ほど洗濯機を回しましょう。残っていた汚れが剥がれ落ちてくるので、すくい取りましょう。残った水は排水します。

5. すすぎと排水をする

空っぽになった洗濯機内にぬるま湯または水を溜めます。そして水が入った状態ですすぎをして、汚れが出たら取り除きましょう。この作業を何度か繰り返して、汚れを出し切ります。

6. 洗濯槽を乾かす

最後に、洗濯槽を完全に乾かします。洗浄後すぐにフタをしめると湿気がこもり、カビの原因になるので、しばらく開けっ放しにして乾燥させましょう。

重曹で掃除をするときに注意すること

重曹は入れすぎない

重曹は水に溶けにくい洗剤です。そのため重曹を入れすぎると、溶けきらずに残ってしまうことがあります。溶け残った重曹は、傷みや変色の原因になることも。重曹は適量を入れましょう。

また、重曹では十分に洗浄できなかったと感じる人は、市販の洗濯槽クリーナーを使用するのがおすすめ。量を増やしても洗浄力が高くなるわけではありません。軽い汚れの掃除や定期的なメンテナンスとして重曹を使うといいでしょう。

浮いた汚れをしっかり取り除く

洗濯槽に浮いてきた汚れは、めんどくさがらずにしっかり取り除きましょう。汚れを取り残してしまうと、排水時のつまりの原因になります。浮いてきた汚れはゴミすくいネットで最後まで汚れを取り除いてくださいね。

ぬるま湯を使う

重曹を使うときには、40〜50℃のぬるま湯を使いましょう。重曹は水に溶けにくい洗剤ですが、ぬるま湯を使うことで溶けやすくなります。重曹の溶け残りを防ぐためにも、ぬるま湯を使ってくださいね。

ドラム式の洗濯機には使わない

ドラム式の洗濯機は重曹を使って掃除するのは避けましょう。ドラム式の洗濯機は水を溜める部分が浅いため、水漏れの心配があります。ドラム式の洗濯機を掃除する場合は、専用の洗浄アイテムを使ってくださいね。

重曹のほかにはこんなアイテムでもお掃除できる!

実は、重曹のほかにも、洗濯槽の掃除ができるアイテムがあることを知っていましたか? 重曹と合わせると、さらに洗浄力アップが期待できるものもあります! 洗濯槽のしつこい汚れをきれいにしたい方は、参考にしてくださいね。

1. お酢

料理に使うお酢も、実は掃除に大活躍。先ほど紹介した重曹を使った洗濯槽の掃除方法と同様のやり方できれいにできます。酢はカップ一杯が適量ですよ。

2. クエン酸

クエン酸と重曹と混ぜ合わせることで、よりしっかり汚れを落としてくれます。クエン酸の量は、重曹1カップに対し、3分の1程度の量が目安です。重曹だけでは物足りないという方は、クエン酸も混ぜ合わせてみてくださいね。

シャボン玉 クエン酸 300g
商品情報をAmazonで見る

忙しい方は家事代行業者に頼むのがおすすめ♪

日頃のこまめな掃除が大切だとわかっていても、忙しい毎日の中で掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。そんなときは、家事代行サービスを使って自分の代わりにお掃除してもらうのもひとつの手ですよ!

家事代行サービス『CaSy(カジー)』では、洗濯機の掃除はもちろん、水回り全般、お部屋のお掃除・お片づけまで依頼ができます。重点的に掃除してほしいところを伝えればリクエストに応えてお掃除してくれるので、「家事代行サービスを使ったことがないから不安……」という方も一度チェックしてみてくださいね。

便利な洗濯槽クリーナーをさらにチェック!

重曹を使うと、エコに洗濯槽をきれいにできます。一方でガンコな汚れには市販の洗濯槽クリーナーの方が効果的な場合があります。LIMIAではおすすめの洗濯槽クリーナーを紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

洗濯槽には汚れが意外と溜まっているものです。定期的に掃除するように心がけることで、清潔に洗濯をしたいですね。また、クエン酸などのほかの成分と合わせることで洗浄力アップも期待できます。紹介したやり方を参考に、ぜひ実践してみてくださいね♪

※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2020年03月)に基づいたものです。

※画像は全てイメージです。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

  • 10241
  • 152
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード