子供もペットも、家族みんなで楽しく暮らす。音楽室のある家

ご家族が暮らしやすく、趣味のスペースもつくり、W発電の快適な注文住宅の事例をご紹介します。

  • 1193
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

旗竿地に近く、高低差のある敷地の建築事例です。

敷地自体は広く、裏側の敷地は下がっていて明るいものの
隣家との距離が近く、暗くなりがちな条件でしたが
採光や通風を考えながら家族とペットが楽しく暮らせる空間が出来ました。

玄関を入ると、まずは広々とした廊下が目に入ります。

フローリングには、積層フローリングという建材を使っています。
無垢材のフローリングにはよいものがたくさんありますが、
季節ごとの気温や湿度の変化に隙間が出来てしまう、などというデメリットもあります。

この床材は、合板の上に天然無垢材を貼り付けた床材で
無垢としての質感と足当たりのよさに加え、寸法の安定性が加わって
施工後も不具合が起きにくいという、いいとこどりの床材です。

玄関はFIXの窓に加え、天窓をつけてさらに明るい空間になりました。

大容量のシューズクローゼットをつくり、そこに靴だけではなく
お子様の遊具や趣味の道具などを入れられるほどのスペースを設けました。

これだけ広い玄関なら、家族全員でお出かけするときも、スムーズに出入りできそうです。

廊下の先にはキッチンとリビング、お子様のワークスペースが設けられています。

シンプルでかわいいパステルカラーのオープンキッチンに立ちながら
お子様の宿題の様子を見たり、同じ空間で安心して過ごすことができます。

ワークスペース前の壁には、以前照会したコルクの壁紙が使われています。
お子様の作品やプリント類を貼っておくのに便利です。

右手にちらっと見えているドアは、収納スペースです。

キッチン上の吊戸棚をつけず、天井がつながっているとより空間を広く感じられます。

キッチン上部の収納が減る分、背面に大きな収納を付けました。

こちらは大工さんがスペースに合わせて作った収納に、既製品の目隠しドアを付けています。

洗面所にもありましたが、壁面上部に採光用の窓を設けました。

リビング側から見たキッチン

キッチンに立つご家族を様子をリビングからも見えるので、お子様も安心できますね。

左手にあるドアも収納用の小部屋です。

リビングには大きな窓を付け、明るくてシンプルな気持ちのよい空間になっています。
この後外側にデッキスペースが付き、リビング天井には、スピーカーが埋め込まれます。

右手のドアの奥のほうにあるのが、音楽室です。

音楽室は防音になっています。
壁面の内部に防音材を入れ、音が漏れにくく、楽器の演奏も問題なくできます。

洗面所にも採光の窓を付けました。

IKEAのパーツを購入して、洗濯物スペースとしても活用できるよう

また、オープンな収納で出し入れしやすく、圧迫感がありません。

アクセントクロスもいい感じに効いています。

上から下がっているのは物干し掛けです。
洗濯機からそのまま衣類を掛けて、ここで部屋干しできるようになっています。

トイレも広々と、男性用の便器も付けることが出来ました。

2階の寝室兼書斎です

仕切り壁で区切ることで、眠るご家族と空間で繋がりながらも
程よい距離で集中して作業できそうです。

こちらもアクセントクロスが効いています

2階にも洗面台があると、手や顔を洗ったり、掃除に使ったり
加湿器の水を補充できたりと、なにかと便利ですね

インテリアのチョイスに、お施主さまのセンスが光ります

注文住宅の良さは、自分の生活の中で「ああしたい」「こうしたい」という希望に合わせて家を建てられることです。

かなえたい希望はたくさんあると思いますが、まずは最大の希望を絞ってみてください。

「自然素材の家に住みたい」

「家事導線の短い家がいい」

「日々のお手入れがしやすい設備がいい」

「おしゃれな設備を付けたい」

「セカンドリビングが欲しい」

「集える部屋とプライベートな個室が欲しい」

「家族の安心のために、耐震性のある家がいい」

「趣味を楽しめるスペースが欲しい」

などなど、そこから日々の生活のしやすさなどを考えつつ、ご予算に合わせた第二第三希望を付け足して、
または、いま住んでいるお家の不便なところを考えて、そこを解消するような希望を挙げてみてください。

間取り、建材や設備は選びきれないほどたくさん種類があります。

設備関係は、お手入れしやすく、アフターメンテナンスもしっかりとしたメーカー品でも
今はデザインと機能性のよいものがたくさんありますし、
こだわりたい方は、オーダーキッチンや、施主指定でお好きな設備を探してご相談してくだされば
ご希望に添えるような住まいを一緒に創りあげることができます。

また「こんな風にしたいけど、どうすればいいのかわからない」というご相談も
ご希望や、お好きなテイストの写真などを見ながら一緒に考えてプランをつくることもできます。

ちなみに、ご希望を伝えてくださって「できるだけお任せします」という風にしていただくことも可能です。

ただ、住まいづくりのコツに一番大事なのは「ご家族としっかり話し合う」ことです
ご家族みなさんで納得のいくお家でないと、のちのち不満が募ってしまいます。


一からの家づくりは、大変な作業です。

けれど、それだけやりがいのある作業です。

竣工して住み始めると、その大変だった作業も、笑顔でご家族と話せるような思い出になっているかも知れません。


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中

  • 1193
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

心地よい空間は住む人の生活を豊かにすると私たちは考えています。多様化する社会、人それぞれ求めるものは違ってきています。基本的な性能に、お施主さまだけの仕様をプラ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード