役割から考えたニトリ・カインズホーム・無印良品のファイルボックス使い分け実例

我が家にある、ニトリ(縦型)・無印良品(横型)・カインズホーム(縦型・横型ワイド・横型スリム)の3社5種類のファイルボックスを、どこでどんな風に活用しているか、ご紹介します。

  • 25713
  • 224
  • 2
  • いいね
  • クリップ

書類や紙ものから、キッチングッズや日用品、さらにケーブル類などごちゃつきを隠したい時など、幅広く色々なものを収納するのに便利なファイルボックス。

部屋の見た目をスッキリとした印象にする際に重宝します。

暮らし上手さんは、どこの、どんなファイルボックスがオススメなの?
なんてググったことはありませんか?

検索をしてみると、ニトリと無印良品の比較は多いようです。

我が家の場合、ニトリと無印良品とカインズホームのものを使用しています。
(研究含め場所別に使い分け)

その中で、一番重宝しているのはカインズホームのもの。

我が家にある、ニトリ(縦型)・無印良品(横型)・カインズホーム(縦型・横型ワイド・横型スリム)の3社5種類を、どこでどんな風に活用しているか、ご紹介してみようと思います。

ファイルボックスの役割ーカテゴリーごとに分ける

仕事の書類をカテゴリーごとに分けています。

カタログ、お客様情報、開催した講座、受けた講座、その他

そして、このファイルボックスが溢れてくる頃に、中身を見直して不要な書類を処分したり、別の保管場所に移動をさせて、情報を取り出しやすい・しまいやすいを心がけています。

下段で並べているのは、カインズホームの縦型、上段に2つほど、無印良品の横型ファイルボックスを設置。

ここに、ニトリの縦型ではなく、カインズホームの縦型のファイルボックスがこのスペースにぴったりなのは、書類の取り出し方に特徴があるから。

書類を取り出すときにボックスを引き出すのではなく、トップをつまんで、手前に倒して書類を取り出すのです。

その際に、ニトリの形だと、書類の出し入れが奥の溝に引っかかりさっとできません。

という訳で、奥側がフラットになっているカインズホームのファイルボックスがしっくりきています。

上段の無印良品のファイルボックスには使用頻度の低いコピー用紙やクリアケースのストックなどを収納しています。

写真の比較はわかりやすいですが、3社の中で唯一無印良品だけ、「ホワイトグレー」という色みです。

色からも素材からもシャープさを感じるので私は実はあまり得意ではありません。

ニトリのホワイトや、カインズのアイボリーの方が、自宅の壁紙にしっくりくるというのもあって・・・

色みが違うファイルボックスは、隣同士など、近くに置かないのが無難です。
そして、1つだけだと、違和感になるので、2つ以上並べるのが違和感を消すコツと言えるでしょう。

ファイルボックスの役割ースッキリ感・統一感をだす

モノをカテゴリー別に分けるだけでなく、同じものが並んでいることでスッキリ感・色を周り(壁)と合わせることで統一感を出せます。

ちょうど指2本分の隙間があることで取り出しもスムーズに可能(シンデレラフィット!)

この中には、子どもの絵本や雑誌が入っていますが、本って形も色もバラバラなのでそのまま置くと雑然としてしまうのですよね。(下のチェストのすりガラスがいい例)

そして、空間をファイルボックスで埋めることで・・・
実は裏を隠しているのは、以前にこちらの記事でご紹介しました。

ファイルボックスの役割ーごちゃつきを隠す

このサイズで失敗したキーボードを、テレビの近くに収納するのには、逆にニトリのファイルボックス(縦)が大活躍しています。

カインズホームのファイルボックスは、低い方に溝がないので、書類や本類などの収納には向きますが、ばらつく小物類の収納には向きませんね。

紙やダンボール素材のファイルボックスは使用しません

耐久性を考えると、私は使いません。

使わないときに折りたためたりするものもあるので便利ですが、長く使うのに向かないため。

また見た目の素材感も比較的重視しています。

なので、100均などのものもほぼチェックしていませんね。

いかがでしたか?

できれば購入前にメーカー別の比較と、活用法をリサーチした上で、種類を絞って揃えると、失敗が少ないと思います。

その際にこの記事が参考になれば嬉しいです!


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中

  • 25713
  • 224
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

安心して羽ばたき人生を愉しんで戻る居場所作りをモットーに、ズボラでも快適に暮らせる工夫と、ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みを発信します。LIVE…

おすすめのアイデア

話題のキーワード