サイズで失敗したゲーム関連グッズを意外な方法で収納してみました

  • 8420
  • 22
  • 0
  • クリップ

必要なモノを買う時に、検討する視点が広いほど失敗の確率は下がります。

価格、色、形、素材、質感、サイズ、好みかどうか、空間・雰囲気にマッチしているか、使い勝手、多機能、利便性、購入場所、購入方法、納期・・

ですが、単に視点が広いだけでは決め切れません。

優先順位をしっかりつけることも大事です。

今回は、金額しか優先しなかったがために購入してから失敗した〜というアイテムと、失敗理由、そのリカバリーした意外な収納法についてご紹介したいと思います。

失敗したアイテム

それは、子どもへのプログラミング教育の一環として導入してみた、「ラズベリーパイ」用に準備が必要だった、キーボード。


夫が金額の安さ重視でネットで購入したために、届いてみたら今時びっくりの長さ50センチ超の代物が届きました!

我が家では、テレビをモニター代りに使用しての利用想定でしたので、プログラミンググッズ一式もWiiなどのゲーム機器と同様の認識で、テレビ周りに収納したいのです。

でもそれが大きすぎるせいできない!

結果、ソファでくつろぐたびに目に入る光景は、数ヶ月こんな感じで、モヤモヤ・・・

プログラミングに必要な一式

長さゆえに一般的なボックス収納には収まらないけれど

これら一式を、どうにかスッキリ収めたいということで考えたのが・・・

A4 ファイルスタンド

テレビ台隣に姉妹の勉強カウンターがあり、1人一つずつあてがっていたファイルスタンドに目が留まりました。

これなら、バサっと入れて、横に倒して、ファイルスタンドの底面を前向きにすることで50センチの奥行きを気にせず収納できるのでは?!

ということで、やってみました!

まずはバサっと入れて・・・

寝かせて収納!

こちらがアフター。

おお、いい感じ!

ファイルスタンドの浅くなっている部分が手をかけやすく、出し入れもスムーズです。

ファイル”スタンド”なのに、スタンドせずに寝かせて使うという裏技!

収納、というよりは隠すに近い感はありますが、全く不便さは感じません。

また、ゲーム機と同じ白さなのも、スッキリ感がキープできます。

下のビフォーと比べても、スッキリ感雲泥の差・・・ですよね?

まとめ

買い物の失敗を教訓とし、収納方法を検討する際にも

事前に家に合ったもので「仮置き」してみて、

使いやすさと収納のサイズ感を検証しました。

冒頭に、”必要なモノを買う時に、検討する視点”としてたくさんの視点を洗い出してみましたが、その中でもサイズは大事!

サイズが合っていないことで、見た目が悪くなる、想定のスペースに収納できない、使い勝手が悪いなど、デメリットが出てきてしまいます。

スッキリ生活を送るためにも、お買い物前にはぜひ収納したい場所のサイズと、アイテムのサイズは測りましょうね!

以上、我が家の失敗談からのレポでした!

  • 8420
  • 22
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー