コンセント周りは超本気の加工!?タイルの切り方を解説♪新築キッチンにサブウェイタイルをD.I.Y.!

先日、新築のキッチン後ろのスペースに
D.I.Y.TILEのサブウェイタイルを貼らせて頂く機会があり、
楽しく貼ってきました!

シールタイプなので、
とっても簡単に貼ることができ、
L.A.のブルックリンスタイルに早変わり♪

お問合わせを頂くコンセント周りや角など、
しっかりと加工を行って隅々まで貼りましたので、
サブウェイタイル貼りDIYをご検討されてみえる方は
是非参考にしてみてください!

  • 2303
  • 23
  • 0
  • クリップ

今回貼るサブウェイタイルはコチラ♪とっても人気なホワイトの黒目地♪

貼るタイルはコチラ☆サブウェイタイル「ベント」。
ホワイトの黒目地、D.I.Y.TILEでも人気商品です!

どこに貼るかというと…。新築のキッチン☆

もちろん、ミスは許されません!笑

↓ちなみに貼る場所はこちら↓

ホワイトとブラウンを基調とした
とってもオシャレなキッチン&ダイニング♪

ハリのむき出し感もイイ感じです!

そこで気づいてしまった…。
コンセントが…!?

あり…。ます…。ね。汗

これは沢山の切りものが出そうです。
腕の見せ所ですね…。

タイルを切るには、
タイルカッターというキズを付けて
パキっと割るタイプが
リーズナブルではありますが、
なかなか難しく…。

通常タイルのカットが
必要な難しい場所は、
レンジやオーブンで
隠してしまうのもアリですが…。

今回はD.I.Y.TILEとして、
ディスクグラインダーで
カットを行おうと思います!

そーれでは早速貼っていきましょう♪

コンセントカバーは先にはずしておき、
マスキングテープで
真っ直ぐのラインを出したら、
カットしなくても良い
1枚ものをせっせと貼っていくだけ!

ものの15分で…。

完了♪
やっぱり裏面がシールは早い!

そして一番下の段は、
通常サイズ(W150×H75)を
(W150×H50)に加工したタイルを貼ります。

ディスクグラインダーを使ってタイルをカットします!

早速グラインダーの登場です。

タイルの切り方を解説♪
カットしたい部分にラインを引いて
クランプでガッチリ固定!

上側の挟む木はグラインダーの刃より
薄いベニアを使い、ガイドにしました。

グラインダーはとっても楽で、
タイル1枚切るのに
そんな時間はかかりませんでした。

そして一番下の段を貼り終えたら、

遂にコンセント周り…。
さぁ、張り切っていきましょう♪

問題はキレイに「コの字」で切れるか?です。
カットしたい部分の寸法を測り、

ラインを書いたら…。

同じように固定してカットします。

しかし、グラインダーの形状で
「コの字」にはカットできませんので、
ある程度切れ目を入れて、

ハンマーでパチン…。

上手くいきました!

残った角の部分は、
グラインダーで簡単に削れます。



そんなこんなを繰り返して…。
全て貼ることができました!

コンセント部分はガタガタに見えますが、
カバーを付ければ
ガタガタ部分は見えなくなります!

コンセントを付け直す際、
タイル分の厚み約6mm程
長いビスが必要になる場合がありますが、
ホームセンターで調達できます!


そして完成した空間がコチラ!

やっぱり本物の焼物タイルは立体感やツヤが違います☆

しっかり完成して一安心♪
上手くいきました!

とにかく裏面がシールなので、
手軽に貼ることができ、
本物のタイルですので、
タイル柄のシールと比べ
立体感が違います☆

また、コンセント周りは
貼らずに隠すもよし、
今回のようにカットすることに
チャレンジするもよしです!

今回はカットしましたが、
一番下の段も雑貨などを置いて
見えないようにするのも手ですよね!

今回掛かった費用は
タイル代250円×80枚=20,000円(税別)で
L.A.ブルックリンスタイルキッチンに
様変わり!+自分たちでD.I.Y.したので
愛着もわきますよね!

これならD.I.Y.初心者の方でも気軽にタイルを貼れちゃう♪

いかがでしたでしょうか?
本物のタイルですが、
自分で簡単にしかもキレイに
貼れそうですよね?

ぜひチャレンジしてみては?

【送料無料!】半額サンプル請求

D.I.Y.TILEではタイル本購入の前に
タイルの色味や質感をお試し頂ける
「半額サンプル請求」をご用意しております。

お一人様6枚までお選び頂く事ができ、
しかも送料無料!

お気軽にご利用ください!

では楽しいD.I.Y.LIFEを!!!!!

  • 2303
  • 23
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード