セリアのティッシュケースを折り紙デコパージュ

ティッシュカバーが必要に、できれば可愛くとの娘リクエストを折り紙で実現!

  • 14449
  • 50
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ティッシュカバーが壊れました……

驚きました。ティッシュカバーって壊れるんですね。

以前ダイニングあたりに置いていたティッシュケースなのですが、ダイソーのプラスチック製カバーをデコパージュでなんちゃってアンティーク風に仕上げたものでした。

割と気に入っていたのですが、ある時ふと気がつくとバッキバキに割れているではないですか。

プラスチック製の、割とちゃんと硬さがあるように思っていたのでなにが起きたのか、とびっくり。

重いものをティッシュの上に置いた記憶もないしなーと思っていたら、その犯人を見つけてしまいました。

それは、総重量4キロほどの、身長のわりにちょっと重めの、もふもふの……猫でした。

なんの迷いもなく、すでに割れているティッシュカバーの上に座ろうとした姿を見て、真相を理解しました。

4キロかあ、と納得しました。割れている訳なので、さらに粉々にして怪我をしてもいけませんので、速やかにもふもふの犯人にはその場を退いてもらったんですが。

さて、カバーがない。

いつものようにセリアをウロウロしていた時、目に入ったのは桐でできたティッシュカバー。

このままでもいいんじゃない? と思うくらいにシンプルでいい!
しかしやはり娘のリクエストは、可愛くして! でしたので家にあるもので頑張ってみました。

材料はセリアでそろうものばかり(家にあるものでもOK)

材料:

ー ティッシュケースカバー(桐・セリア)
ー 折り紙
ー レースペーパー

道具:

ー 筆
ー 木工用ボンド、水を数滴
ー 紙コップ

必要なもの全部です!

作り方 (1)かわいい折り紙を小さく切ります

いろんな柄がある折り紙は、こういう細工の時にはとても良いアイテムですね。

これからデコパージュでカバーへ貼り付けていく訳ですが、私のオススメは小さめの形に切っておくことです。ちょうど、パッチワークのようにいろんな柄が隣り合わせになり、合わさることで面白い効果が生まれます。

今回は娘のリクエストでもあり、スイーツ柄にしてみましたよ。

(2)水溶きボンドで貼り付けていきます

パッチワークのように、と書きましたがその通りです。

少しであれば折り紙は重なっても(分厚くなりすぎなければ)大丈夫です。

できれば自然な柄になるように、ランダムに合わせていくのがいいかと思います。

折り紙のデコパージュが乾いたら、レースペーパーを上から重ねていきます。

これも折り紙と同じように水溶きボンドで十分ですが、とても薄いため気をつけないと、一枚と思っていたのが二枚重ねになっていたりします。少し、確認をした方がいいかもですよ。

私はよく貼り合わせた後で、二枚重なっていたことに気がついたりしています……。

100均の製菓コーナーには、このハート形以外にもいろんな色や形、サイズのレースペーパーがありますので、組み合わせを楽しんでもいいかなと思います。

(3)乾いたら、水溶きボンドで表面をコーティング

紙類が乾いたら、表面を水溶きボンドでコーティングしていきます。

この時、ちゃんと折り紙やレースペーパーなどが乾いていることを確認してからの方がいいかと思います。

というのも、生乾きだったりしますと上からコーティングした時にべりっと剥がれてしまったり……する可能性があるのです。

何度かやっている私が言いますので、確実です。

どうぞお気をつけくださいね。

できあがり! 木製だから4キロが乗っても大丈夫……かなあ……

完成でございます!

前回の事件の犯人が背後に見えていますが、きっと今度は耐久性もアップして少々のダメージには耐えられるようになったはずです。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 14449
  • 50
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

Hometalk(アメリカのDIYサイト)のTutorial Team(個別指導チーム)メンバー。レトロでガーリーなオリジナルねこ雑貨ショップ。その他、物書き・…

奏ちよこ/こまどりやさんの他のアイデア

ハンドメイドのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード