【収納】奥行きの深い収納を使いやすくするには

マンションにありがちな奥の深い収納。奥の物を取り出すのに手前の荷物をいちいち取り出すのは鬱陶しい!と言うことで、できるだけ使いやすく見直してみました。

  • 156099
  • 890
  • 0
  • いいね
  • クリップ

奥行きが深い収納は使いづらい

ウチのマンションのリビング収納は、めっちゃ奥行きが深くて使いにくい。
その奥行き72cm


押入れの役割でお布団の収納用なのかも?ですが、一番奥は身を乗り出して手を伸ばさないと届かない。布団以外は収納しずらいのが悩みでした。


ウチのマンション全戸同じ間取りだし。きっとマンションにはウチと同じ様に奥行きが深くて使いづらい収納があるに違いないと思います。

皆さんはどの様に活用されてますかー?

ウチは奥が深いうえ、天井までの高さがあって手が届かない場所も…。

色々考えて最終的にこんな感じに落ち着きました。では詳細を説明していきます!

目線から下は引き出し収納にする

結論から言うと、奥の物を取り出しやすくするには引き出しがベストでした。

下の段には奥行きの長い衣装ケースを丸っと収納。

奥の荷物を取り出すのに手前の物をいちいちどかす煩わしさから解放されました!

衣装ケースなら重ねて使うことも可能なので、棚板の枚数が足りないと言う問題も解決できますね。

ここには普段使いのトートバッグや旅行用ポーチなどを収納してます。

ちなみに、目隠しはセリアで買った「板目表紙」を入れました。

重い物は下段へ。キャスター付きラックで取り出しやすく

写真は収納を見直す前の状態。
大変悪い例です。
LIMIAの読者さんならこんな収納はしてないと思いますが…。

72cmの奥行きに4重にも詰め込まれた本たち。

これでは読みたい本を探すのもひと苦労。一番奥に詰め込まれた本は存在すら忘れ、きっと一生読まないですよね。

そこで、本も引き出し収納にするべく、ニトリでをキャスター付きのラックを買いました。

引き出せば奥の本まで一目瞭然!

ちなみに、単行本やコミックのサイズに丁度いい奥行き16.5cmのスリムタイプ。
これなら引き出した時に全部の背表紙が見渡せます。

他メーカーでは奥行き26cmで本が2列入るタイプもありますが、本は重いので、動かせるかどうかも検討してみてください。

仕舞ってしまえば本の背表紙が見えないので見た目もスッキリ。
スキマがあるので風通しも悪くないです。

もちろん本に限らず、何でも収納可能です。

ニトリのラックは廃盤になってしまった様ですが、YAMAZEN(山善)さんに似たようなラックがありましたのでご参考までに。

上段は取手付きの軽い収納ボックスを

上段に入れる収納ボックスは取手付きが取り出しやすいです。

ボックスはできるだけ軽い素材で、収納するものも軽いものを入れた方が安全かなと。

残念ながら目線から上は引き出し収納が使えないので、奥は使用頻度の少ないものを収納するしか無いのですが、手前は取手付きボックスを利用することで、使用頻度の高いものを入れても大丈夫。



最上段は棚位置を調整して取手に手が届く高さにしておけば、脚立をだす手間が省けてさらに使いやすさがアップ。

取手付きで軽い収納ボックスといえば、イケアのSKUBB(スクッブ)が人気ですが、ウチはサイズが合わず残念。

ニトリの収納ボックスを買いました。

いかがでしたでしょうか?
もし奥が深い収納でお困りでしたら参考にしていただけると嬉しいです。

ウチブログのTSUNがお送りしました!

  • 156099
  • 890
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。中古マンション購入&リノベーションをキッカケに、快適なおうちの在り方を考える様になりました。シンプルでスッキリした開放…

おすすめのアイデア

話題のキーワード