【収納】パンツ類をスッキリ収納!ハンガー選びと少しのコツでこんなに違う

パンツ類の収納をスッキリ使いやすくしたい!とお思いの方も多いはず。

畳んで重ねたり丸めて引出しに入れたり。方法は色々ありますが、
今回は「ハンガーに掛ける場合」のハンガー選びのチェックポイントと、スッキリ見えるちょっとしたコツをご紹介します!

  • 207843
  • 1375
  • 8
  • いいね
  • クリップ

意外と重要なパンツハンガー選び

パンツ類をハンガーに掛けて収納する際のハンガーはどの様に選んでますか?

我が家は引越す前、クリーニング店のハンガーを使い回していました。新居で新たに買った無印良品のユニットシェルフに掛けてみたところ…


ハンガーラックの高さが足りず、
パンツがキレイに収まらない!


という問題発生。

キレイに収まるサイズを探し、
パンツ専用ハンガーを買いました。

その差を計ってみたところ、なんと10センチも違います。

たかが10センチ。
されど10センチ。
この差は大きい。


侮れません。
平らな物なら収納可能なスペース。


何も置かなければ空間ができ、
空気の流れも良くなるうえ、
余裕のあるクローゼットに見えます。



パンツハンガーの選び方


パンツを掛ける収納の場合、やはりパンツ専用ハンガーを選ぶべきだなーと痛感したワケですが、ひと言でパンツハンガーと言っても各社から様々なタイプが販売されています。


さて、どれを買ったら良いのか?


アタシがパンツハンガー探しをしてる中で気付いたチェックポイントをご紹介します。





●メーカーに依ってサイズは様々

パンツハンガー探しで色々なハンガーを調べてみたところ、ラックに掛ける部分とパンツを掛ける部分の長さはメーカーによって差がありました。

できるだけ距離が短い方が省スペースに収納できます。

ぜひハンガーを選ぶときに注目してみてください。あなたのお宅でもハンガーを見直すだけで余裕ができるかも知れませんー。




●向きは2通りある

ハンガーを手前から掛けるとした場合、
向きはアッチ向きとコッチ向きの2種類あります。

ウチにはアッチ向きしかないので試しに3本だけ逆に掛けてみました。おわかりになりますでしょうか?



今はコッチ向きが主流の様です。
コッチ向きはスルっと出し入れできるのがメリット。

ですが、パンツの重さによって角度が微妙にズレるのが難点。シェルフから飛び出してしまうのもイヤで、アタシはアッチ向きを探して購入しました。


これは好みに応じてどちらを選んでも。
アナタはどちら派?




●パンツを掛けるところは丸い方が良い

丸い形状なら、わりと細めでもシワがつきにくいもの。パンツ専用ハンガーの多くは丸い形状になっています。

以前使っていたクリーニング店のハンガーはヨコにクッキリとしたシワがついてしまってましたので…角ばったものや薄過ぎるハンガーは注意が必要かもしれません。


●滑らない素材がベター


ハンガーは統一した方がスッキリ見えますが
季節で生地も厚さも違うパンツ類。

春夏シーズンに多いツルツルした素材のパンツは、気がついたらズレてイライラ!というプチストレスにも…。できるだけ滑らない素材を選んだ方が快適です。

パンツをスッキリ収納するためのワンポイント

さらにスッキリ見せるひと工夫。
掛けるときのひと手間で、見た目もグンと変わります。



●ポイントその1/向きを揃える

センタープレスのパンツはここで少し丁寧に揃えて。ジーンズなどは真ん中で2つ折りに。「おしりの出っぱり部分」が見えなくなる様、向こう側に揃えて掛けると、見えてる部分がまっすぐ揃います。

●ポイントその2/色順に並べる


並べるときは季節毎ではなく色順に並べてみましょう。こちらは、わざと色をバラバラにして並べてみた写真。

これはこれで悪く無いですが見た目的にもう一歩。仕舞う時のほんのひと手間で印象はガラリと変わるもの。

色順に揃えて並べたのがこちら。

いかがでしょうか。


バラつき感が無くなって見た目もスッキリ。端に暗い色を掛けた方が視覚的にもバランスが良い様です。

色順に並べることで、つい似た色を買ってしまうクセも一目瞭然。毎日の服選びやワードローブの見直しもしやすくなりました。


手持ちのパンツを全部並べるスペースが確保できればベストですが、スペースが足りない…という場合は、季節毎に掛けるものと仕舞うものを入れ替えても。


いかがでしたか?ぜひ参考にしてみてください。
ウチブログのTSUNがお送りしました!

  • 207843
  • 1375
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。中古マンション購入&リノベーションをキッカケに、快適なおうちの在り方を考える様になりました。シンプルでスッキリした開放…

おすすめのアイデア

話題のキーワード