カラーボックスに壁紙を貼ってリメイク

10数年前に買った2段のカラーボックス。
リメイクにリメイクを重ね、扉をつけた跡のネジ穴があいていたり、塗装が剥げていたりボロボロでした。もう処分してもいいくらいなのですが、最近販売されている2段のカラーボックスのサイズよりも高さが低く、奥行きがないので狭い我が家には使い勝手がよいサイズ。
まだまだ使えるように、壁紙を貼ってリメイクをしてみました。

  • 353145
  • 2667
  • クリップ

before

リビングに使っていた2段のカラーボックスは、さらに収納をしやすく棚を2段増やして4段にリメイクしました。
中には、オムツやボックスティッシュの在庫収納をしていたので目隠し扉をつけたリメイク収納棚になっていました。 
このカラーボックスを寝室に移動し、DVD収納にする為、部屋の雰囲気に合うように、ヴィンテージウッド柄の木目の壁紙を全面に貼ってリメイクすることにしました。

まずは、カラーボックスにつけた扉を全てはずした状態に戻しました。
扉をつけていたネジ穴の跡が目立ち、塗装も剥げてしまっています。

材料

壁紙屋本舗で購入
壁紙 巾なり93cm×4m
 ヴィンテージパイン のりなしタイプ 防カビ

ダイソー 両面テープ 強力

このカラーボックスに両面テープを下地に貼ってから全面に壁紙を貼っていきます。
まずは、正面から穴が目立つ枠の部分から貼っていきました。

カラーボックスの枠の幅が2cm。両面テープの幅も2cmなので、カラーボックスの枠、内側と外側の3面に両面テープを貼っていきます。
壁紙は3面に貼るので、6cmにカットし長さを測って貼り合わせていきます。

両面テープ→カットした壁紙の順に全体の枠に貼り合わせたら横面も同じように間隔をあけて両面テープを貼り合わせたら、サイズに合わせた壁紙をカットし、手前に貼った両面テープを剥がしながら、奥にむかって貼っていきます。
壁紙は、空気が入らないように両面テープは一枚ずつ剥がしながら貼り合わせるようにします。

同じサイズの面の壁紙をカットしながら貼っていくとスムーズに仕上がります。
横面の上下段を貼ってから背面を貼っていきます。

最後に縦の外側2面を貼って完成です。
貼り合わせる時は、木目の柄合わせを間違えないように確認しながら壁紙をカットします。
1つのカラーボックスには2mほどの壁紙を使いました。
1m360円なので、4mの壁紙と両面テープ4本、材料費は2000円くらいでリメイクできました。

壁紙は、質感がマットで光沢がなく防カビ仕様なのでオススメです。たくさんの面に使うので、十分な巾のある壁紙は継ぎ目の貼り合わせがないのでスムーズに作業できます。

ここに、オイルステインのウォルナットで塗装した天板をのせて、2つのカラーボックスを固定して完成です。


天板を乗せたカラーボックスには、テレビとゲーム機を配置。中の収納には寝室用のDVDとゲームソフトを収納しました。サイズはぴったりです。
寝室に合わせて落ち着いた木目の雰囲気に統一できました。
壁紙もいろいろな種類があるので、簡単な家具のリメイクにオススメです。

  • 353145
  • 2667
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード