【トミカ収納】トミカ収納にお困りの方必見!子供も自主的に片付けられるように☆

トミカが大好きな息子。貰い物も合わせると現在286台!!

キレイに並べられて子供も喜ぶディスプレイ棚を自作しています。

材料や作り方をまとめましたのでご参考になれば嬉しいです!!

作り方を聞かれる事が多く記事にしたものですので完成した状態での説明になります、、ご了承下さいm(_ _)m

  • 47274
  • 632
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ディアウォールとは

2×4材

DIY好きな方はご存知の方も多いかと思いますがこの収納はディアウォールを使っています!

ディアウォールとは2×4材(木材)の上下に挟むとつっぱり棒の様な役割を果たす素晴らしい商品です♡

ディアウォールに棚板などをまっすぐつけて使うのが一般的ですが、ディスプレイ&落下防止もかね少し手を加えた我が家にある収納棚の作り方をご紹介させて頂きます!!

材料

○ディアウォール(ホワイト)→2個

○2×4材→2本
(天井から床の高さから4.5cm引いた長さにカットしてもらいました)

○ペンキ、ペンキを塗る道具類
(我が家はホワイトにしたかったのでペンキを塗っています、そのままでも良ければそのままの木目でOK)

◯電動ドライバー

◯木ネジ

◯木工用ボンド

○設置する幅の棚板1×4材→棚の数
(我が家は幅90cmにしています)

○ストッパーになるカット木材→棚の数
(棚板に合わせたサイズ)

◯棚受けになるカット木材→棚の数×2

カット材はこんな形で販売されています

棚板の木材

我が家の棚板幅は90cm。

ホームセンターなどで
市販されているのは
通常1m80cmか3m60cmです。

我が家は1m80cmを購入し、
半分の90cmにカットして無駄がないよう使っています。

6枚の木材を購入して、
それを半分にカットして12枚にしています。

カラーを揃えたい場合

木材のまま使用するならこの工程はいらないのですが、我が家は白で統一した棚を作りたかったのでディアウォール本体はホワイトを購入。

ペンキは組み立てる前の前日に全て塗り、乾いてから作業しました。

ペンキはこちらを使用しています。

ミルクペイント スノーホワイト

組み立て方

我が家で実践した作業順です。

①ディアウォールに2×4材をセットして床に並べた状態で作業開始。

②棚板にストッパーになる木材をボンドで固定。
→全部で12枚

③2×4材の柱に棚受け用のカット材をビスで固定。
→平行になるように均等のサイズで固定、鉛筆なので印をつけて作業していきました。

④②で固定したストッパー付きの棚板を棚受けにボンドで固定。

⑤これで全て固定されたので2名で棚を持ち垂直に立てて完成!


完成品からの説明なので途中工程の写真がなくて申し訳ありません。

組み立て完了

細部の部分の写真をアップしています。

全体写真

すぐ遊べるように下には組み立てたレールをセットしています

剥がし後の残らないフックなどを付けて飾りながら収納できる部分を☆

フックをつけて掛けられるように

突っ張り棒をつけて息子の作品などをかけられるスペースも!

1番上には突っ張り棒を
トミカで遊ぶためのレールはすぐ近くに

写真用にキレイに並べていますが(//∀//)
普段は息子が好きなものを息子が届く範囲に並べています。
あまり遊んでいないものは上の方に。

小さい脚立を側に置き息子本人でいつも好きなように並べています。

まとめ

instagramでのお問い合わせも多く記事にさせて頂きました。

この棚を作る前までは散乱していたトミカも、就寝前には駐車場(トミカ棚)に戻す習慣がついてきて今では自主的に片付けるようになりました☺︎。

ディスプレイにもなりお片付けもしやすいトミカ棚。困っている方がいたら参考になれば嬉しいです。


※注意点
ディアウォールはパッケージに何キロまで、という強度が書かれている場合が多いので必ずチェックしておくと良いです。

取り付けるときの注意として取り付けが甘いと地震が起きた際に柱が倒れきてしまうこともあるのでしっかりと取り付けをして下さい。

柱の長さはしっかりと採寸して適切な長さで取り付けましょう。基本は天井と床の高さから4.5cm引いたサイズが良いとされています。

設置場所や高さはご家庭で配慮されて下さい。

  • 47274
  • 632
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード