【原状回復】キッチンカウンターに♪ディアウォール棚をDIY☆

ご覧下さりありがとうございます♪今回は、以前我が家のキッチンカウンターに作った棚を紹介させていただきます(^-^)/

  • 156581
  • 2470
  • 12
  • クリップ

まずは完成した棚です♪

こちらが我が家のキッチンカウンターです♪

とっても狭いキッチンなので、ちょっとした棚があると、とっても便利で、この棚はもう何年も前に作った物ですが、ずっと使っています♪

キッチンカウンターの上に作る物なので、原状回復が出来るように、ディアウォールを使って作りました♪

原状回復が可能なディアウォール♪
まずはこのディアウォールについて説明させていただきます。

※以前、ディアウォールを使って物干しを作った記事を紹介させていただいたので、同じ内容のところがありますが、ディアウォールの事を分かりやすいように、もう一度簡単に説明させていただきます(^-^)/

【原状回復】洗濯物がたくさん干せちゃう🎵カーテンBOX風な物干しをDIY🔨✴

大きなシーツやタオルなど干す場所どうしていますか?シーツを干すと他の洗濯物が干せなくなってしまったり💦またこの時期は花粉も気になるので部屋干しで場所をとる👕🌀そんな悩みありませんか?そこで考えたのが原状回復可能なディアウォールを使って洗濯物干しを作ってみました~☺✴

rumi

ディアウォールとは!

木材を床と天井に突っ張らせることで柱を作ることができるアイテムです。
私はホームセンターで購入しました。

※木材というのが2×4(ツーバイフォー)材
断面サイズ約38㎜×89㎜


木材はヤスリをかけお好みの色で塗ります。

突っ張らせて固定させるため、床や天井を傷つけることなく柱を作ることが出来ます。
(引用元:ディアウォールの商品説明欄)


↑↑↑↑↑
上パッドにバネが内臓されています。

上と下のパッドを2×4材にかぶせて使用。

付属のスペーサー

スペーサーと言う物が2枚付いています。

ディアウォールを設置後、軽く揺さぶりかけ、ぐらつきが大きい時は、天井等を損傷しない範囲で、付属のスペーサーを下パット内に挿入してばねの力を調節してください。
(引用元:ディアウォールの商品説明欄)


2×4材の長さ

キッチンカウンターから取り外して説明させていただきます(*^^*)

ディアウォールに使う2×4材ですが、こちらは取り付けたい場所の床から天井までの長さから45㎜引いた物を準備します。

今回私は、キッチンカウンターの上に取り付けるので、キッチンカウンターから天井までの長さから45㎜引いた長さの物を準備。

木材はホームセンターで購入後、ホームセンターでカットしてもらいました。

棚受けを取り付ける

ディアウォールの専用の棚受けなどが販売されていますが、今回私は端材を棚受け代りとして2×4材に留め、棚受けにしました。

ディアウォールの取り付け

2×4材にディアウォールを付け、取り付けます♪
棚を作るので2×4材を2本使うため、ディアウォール上下パッドセットも2個使います。

棚を付ける

作りたい幅に木材で棚を作り、棚受けに取り付ければ完成です♪

完成(^-^)/

木材はホームセンターでカットしてもらってるので、木材に色を塗ったり、棚受けを付けるだけで、簡単に作れましたよ♪

棚の木材の大きさを変えれば、もっと幅のある棚も作ることが出来ます。

私は米びつ入れとして使っているガラスジャーの幅に合わせて棚を作りました♪

自分の思った幅に出来るのがDIYの良いところですね(^o^)v

キッチンが狭いので、置き場に困っていたキッチンペーパーを突っ張り棒に通して使うことなども出来ます(^o^)v

棚を作ったことで、こうしてキッチンペーパーも置けたり、調味料なども置け、とっても便利になりました。

雰囲気も随分変わりましたよ(^-^)/♪

棚を作る前のカウンター


こちらが棚を取り付ける前!

棚を作ったカウンター

狭いキッチンなので、棚を作ることで便利になり、雰囲気が変わりました♪

取り外しも簡単なので、外したくなったら直ぐに外せます♪
また棚も直ぐに外せるので、お掃除する時も簡単です♪キッチン回りは油汚れも気になるので、掃除が楽なところも良いところです(^^)

いかがでしたか?
原状回復が出来るディアウォール棚、簡単に作れるので良かったら試してみて下さい(^_^)

少しでも皆様の参考になれたら嬉しいです♪

最後まで見て下さりありがとうございました(^-^)/

インスタグラムもやっていますので良かったら遊びに来てください(*^^*)

  • 156581
  • 2470
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード