切手の収納はカードケースを使うと便利

  • 22090
  • 43
  • 2
  • クリップ

最近は手紙を送ったりすることも少なくなったかもしれません。
でも書類を送ったりするときには必要な切手。
ご紹介する方法は、あまり切手を使わない人向けの収納方法です。
たくさん切手をお持ちの方向きではありませんので、あしからず。

私が切手を使う機会といったら、所属している協会へ書類を送る時ぐらいです。
その他の機会は年に数回ぐらい。
なので、ほとんど切手を持つ必要がありません。

郵便局も近くにあるので、たくさん持っておく必要もないのです。

ですが、まったく持っていないのも心もとない、ということで少しだけ家においてあります。

まず切手を買うと、こんな状態でもらうことが多いです。
切手のまわりの白い余白の部分がついたまま。
1枚だけ買うとこんなことはほとんどありませんが、数枚まとめて買うと余白がついたままの時ってありませんか?

私はまずこの下の写真のように、余白を切り取ってしまいます。

見た目にもスッキリしますし、いざ使う時にいちいち切り取らなくていいです。

でも切手1枚1枚を別々にすることはしません。

理由は
①複数枚まとめて使う時がある(貼る時に一気に貼れるということです。)
②収納するときにバラバラになりすぎていて、探すのが面倒
③在庫管理がしやすい
この3つです。

そして切手は上の写真のような、カードケースに収納します。

これはだいぶん前に購入したものですが、たしか100円ショップで買いました。
シンプルで見た目も気に入っています。

開けるとこんなかんじ。
上記の写真の切手だけではなく、シール状の切手やその他の切手もあります。

シール状になっている切手は折り曲げて。
すでに封筒に切手を貼りつけていたのに、送る必要がなくなった切手もその部分だけを切り取って使いまわします。

この状態をご覧いただくとわかると思うのですが、切手が古い(笑)
郵便料金も変わっているのに。

それほど送る機会が少ないということです。
だから必要以上の切手は持ちません。

郵便局の窓口へ行くと、期間限定の素敵な10枚セットの切手がいつもありませんか?
私も自分好みのものに出会うと、つい「いつか使う機会もあるかもしれないし、買っとく?」と思ってしまうのですが、そこはグッと我慢しています。
次にそういう素敵な切手を買うのは、このカードケースの切手が全部なくなった時、と決めています。

もちろんコレクターのように素敵な切手を集めるのも素敵だと思いますよ。
それは人それぞれということで。

あまり切手を使う機会がなく、持っている分が少ない人はぜひカードケースでの収納を試してみてくださいね。

  • 22090
  • 43
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー