100均アイテム2つで作る「乱れない!スカーフ収納」

寒くなってきたこの季節、スカーフやストールの出番が多くなりますよね。
数えてみると案外枚数の多いスカーフ、どのように収納されていますか?
特にシルク素材のスカーフは、きれいにたたんで引き出しに入れていても、ツルツルと滑って乱れがちではないでしょうか。
今回は、100均で手に入るアイテム2つで作る「乱れない」「選びやすい」スカーフ収納のアイデアをご紹介します。

  • 198862
  • 213
  • 2
  • いいね
  • クリップ

たたんでも、たたんでも・・・乱れてしまうスカーフの収納

シルクのスカーフはツルツルとした素材ゆえに、たたんで引き出しに入れていても乱れがちではないですか?
1枚出すと他のスカーフも一緒に出てしまったり、戻すときも間に入れにくい・・・など、収納にお悩みが多いアイテムです。

出し入れ簡単で乱れないスカーフ収納とは?

わが家でスカーフを収納しているのは、クローゼットの下段に置いた引き出し収納の中。
引き出しの奥に立てて収納しています。

一度に全てのスカーフを見渡せ、何といっても省スペース。
28枚あるスカーフの収納スペースは、わずか20cm弱です。

出し入れする際もサッと取り出せ、指を入れて少し倒せば柄を確認することも出来ます。

こんな収納方法でも乱れないのは、入れているケースと台紙に秘密(笑)があるのです。

準備するのは100均で手に入る2つのアイテム

このスカーフ収納の仕組みを作るには、100円ショップでも手に入る2つのアイテムを使います。

■ジッパー付バッグ 縦28cm×横27cm
■クリアホルダー B5サイズ

この2つのアイテム、ジッパー付バッグの横幅とクリアホルダーの縦の長さが同じサイズです。
でも、ピッタリ同じサイズだと出し入れが難しいので、クリアホルダーの短い辺を5mmほどカットしておきます。

スカーフを傷つけないように角は丸くカットしておきます。
これで準備完了です。

台紙に挟んで巻きつけるだけで完成!

クリアホルダーをカットしたら、スカーフをホルダーに収まる幅にたたみ、挟み込んでおきます。

スカーフを挟み込んだら、クリアホルダーを台紙にしてパタンパタンと倒す要領で巻きつけます。

巻き終わりの「わ」の部分が底にくるように袋に入れ、ジッパー付バッグの空気を抜いて完成です。
(反対向きに入れると、巻きつけたスカーフが外れてしまうことがあるためです。)

このように1枚ずつ台紙付きの袋に入れて収納することで、様々なメリットがあります。

■立てて収納できるので省スペース
■出し入れしても乱れにくい
■シワになりにくい
■旅行などにそのまま持ち出せる

など、一度収納の仕組みを作ってしまえば「乱れない」「選びやすい」スカーフ収納の完成です。

はじめに全てのスカーフを入れる作業は大変かもしれませんが、巻きつけて袋に入れるまでは1枚当たり1分弱です。

これからの季節出し入れの頻度が多くなるスカーフ、ストレスフリーの収納にしてみませんか?


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 198862
  • 213
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

私は「片づけられない女」から「ライフオーガナイザー」になりました。 子どもの頃からお片づけがとっっても苦手で、 そのまま「片づけられない女」へと成長し、 部屋の…

マスターライフオーガナイザー井手本亜希さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード