収納強化にぴったりな男前なミニカウンターテーブル・イン・シェルフ!

こんにちは!

今回の記事は題して…テーブル・イン・シェルフ

ちょっとメモしたい時、ちょっと仮置きしたい時に便利なテイストを基準に設計してみました♬

年内には、作業台をリメイクしたいので収納強化にも使えるように一石二鳥なミニカウンターテーブル風なシェルフをDIY!

その模様を記事にまとめましたので、ご紹介します!

  • 58007
  • 527
  • 0
  • いいね
  • クリップ

出来上がりをお披露目♬

今回のこのDIYの目的は『収納強化』

作業台をリメイクしようと思っているんですが、、、そうすると収納に使っていた作業台の下部分がなくなってしまいます。

新たに収納スペースを確保するために、それにプラス端材も処理出来る!

いろいろな想いが詰まったDIY作品に仕上がっていますので、参考にしていただけると有難いです。

材料

○材料
・端材(ランバー材)幅39cmにカット
・杉板 長さ97cmにカット
・杉の角材 39cmを4本カット
・パイン材(天板になる板)45cm×30cm×1.8cm
(杉板と角材のみ、ホームセンターでカットしてもらいました。)
・45mm スリムビス
・38mm ミニビス

塗装について。
(杉木材とパイン材はビンテージワックスを塗装し、端材は水性塗料のマットブラックを塗装しています。)

○道具
・インパクトドライバーまたは電動ドライバー
・ゴムハンマー

作り方

杉板が柱になるようにして、端材と一緒に組み上げていきます。

全て、ボンドで接着してからビスで固定していきます。

※組み上げる前に、内側に棚の高さの線を引き角材で90度を取りながらビズで固定していくと綺麗に仕上がると思います。

iPhoneお持ちの方は、水平器活用しましょう!

先ほどと同じように、組み立てていくと杉板が4本の柱になって棚のようなものが出来上がります。

背面には、強度を増すために…カットしてもらったら杉の角材を1番下と棚板に沿わせるように計4カ所、固定します。
(この時だけはボンド接着が難しいのでビス固定だけで大丈夫です!)

押し込みづらい時は、ゴムハンマーで押し込むと綺麗に収まると思います。
(あまり力をかけすぎると歪みが出るので軽くゆっくり押し込んでいきましょう。)

そして、iPhoneをお持ちの方はコンパスのアプリを起動してスワイプすると水平器が出てきます。

板が傾いていないか調べるには、iPhoneも活用するのもありですよ!

天板はビスの頭が目立ちにくいビスで固定!

続いては、天板の固定をしていきます。

天板では、文字を書いたり物を置いたり、ディスプレイしたりするのでなかなかビスの頭(プラス部分)が目立つと見栄えが損なわれます。

なので、ホームセンターで探して見つけたのがこのビス!

内装用のビスですが、非常に頭が小さいので目立ちにくい。天板の厚さは18mmで、倍以上ある長さなのでしっかり固定も出来ました!

ビスで固定した後の写真です。

小さい点々があるのわかりますか?

色もブロンズなので、天板と色もさほど変わらず目立ちにくい感じです!

完成!

これで完成です!

カウンターテーブルぐらいの高さがあるので、ちょっとした場合に重宝してます。

収納には、ゆぴのこさんのコンテナボックスや自作のコンテナまたは飾り棚にも使えるようにしています。

色合いもブラックは棚板だけにしてるので、暑苦しくなくスタイリッシュな男前カラーしてます。

いつも観覧ありがとうございます!

いかがでしたか?
今後のDIYライフの参考にしてくれると嬉しいです!いいね♡やフォローよろしくお願いします。

Instagram▶︎@maaco.uw

Roomclip▶︎MAACO

Blog▶︎THE UNIVERSTWORKS

毎日更新していますのでリンクから遊びに来てくださいね◡̈。

by UNIVERSTWORKS/MAACO

  • 58007
  • 527
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

【100均リメイクや本格DIY】【収納】が大好きな生き物です。【雑貨】もオススメ品として紹介中!いつもいいねやコメント、フォローに感謝🙏🏻✨

おすすめのアイデア

話題のキーワード